人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

労働契約更新上限・無期転換制見直し/厚労省検討会

2022-03-11 23:56:07 | 労働法



こんにちは。 社会保険労務士法人workupです。

厚生労働省は、労働契約法第18条の無期転換ルール適用を

回避するための雇止めが労使紛争に発展するケースが

少なくないとして、使用者に労働契約更新上限の有無など

労働条件明示の義務付けを検討しています。


とくに、契約更新時に更新上限を新たに設ける場合、

労使双方が納得の上で合意することを促しており、

無期転換申込権が発生した労働者に対して

申込機会の発生通知とともに権利行使の意向確認を

使用者の義務とすることも

課題としています。

無期転換ルールに関する使用者による通知の

義務付けは、労働契約にかかわる重要な

事項であることを踏まえ、

労働基準法体系の中で措置することが

適当と指摘されている。


通知の時期としては、使用者の負担軽減を考慮し、

無期転換申込権が発生する契約更新の

タイミングが最も適当としているようです。

<出典元:労働新聞社>

■労働契約更新上限 労使合意で設定を 無期転換制見直しへ 厚労省検討会

■多様化する労働契約のルールに関する検討会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
社会保険労務士法人workup

株式会社workup人事コンサルティング
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
«  令和4年4月以降小学校休業... | トップ | 雇用保険被保険者数お知らせ... »
最新の画像もっと見る

労働法」カテゴリの最新記事