■GYMニュース:難度はA

夏の終わりも、世界の体操ニュースを

米国男子が選考会実施へ ベイリーが故障離脱

2018-09-19 16:17:14 | 各国ニュース

米国男子は、代表選考会(20日、22日・コロラドスプリングス)を実施します

USA Gymnastics

この結果をもとに、(たぶん種目のバランスなども考慮して)世界選手権(10月25日~11月3日・ドーハ)代表を決定するようです。
ドノサン・ベイリーが故障のため離脱し、代わってトレバー・ハワードが参加します
なおネットライブがあるそうです

<代表候補8人>
バウワー、キンブル、ミクラック、
モディ、モルダウアー、

バンウィクレン、ヨーダー、
ベイリー 
=> ハワード

コメント

宮川が、高須クリニックとスポンサー契約

2018-09-19 16:03:45 | 各国ニュース

宮川紗江選手(18)が、高須クリニックとスポンサー契約をむすびました

時事通信

日本体操協会の承認をへて、正式に契約にいたったもの。高須克弥院長はさっそく自身のツイッターで報告し、
「彼女が必要としていることはみんなやってあげたい」
としています。練習場所、コーチの確保などで協力するものと思われます。個人での契約であり、速見佑斗コーチは含まれません。

----------
色々な意見があるでしょうが、スポンサーや所属先は必要なものですし、一歩前進かなと・・・
海外で、所属先の見つからない選手に個人スポンサー(裕福な実業家が多い)がついた例をいくつか見たことがあります(そのうちひとつはオランダのバンゲルダーです)ので、何も驚くようなこととは思えません。

コメント

カタール、「中東初」世界選手権に自信

2018-09-18 20:22:29 | 各国ニュース

カタール体操連盟のヒトゥミ会長が、「中東初」となる世界選手権(10月25日~11月3日・ドーハ)開催に自信をみせています

大会サイト

85か国からかつてない人数を迎える準備はできているとし、自慢のインフラがあれば難しくはないと話しました。
中国、ブラジルなど数か国は、時差調整のため早めに現地入りしての「事前合宿」を希望しており、そうした要望にも対応するそうです。

<世界選手権の日程>
25(木) 男子予選(1~5組)
26(金) 男子予選(6~10組) *日本9:00~
27(土) 女子予選(1~6組) *日本11:00~
28(日) 女子予選(7~11組)
29(月) 男子団体決勝
30(火) 女子団体決勝
31(水) 男子個人総合決勝
1(木) 女子個人総合決勝
2(金) 種目別決勝
3(土) 種目別決勝

コメント

田中佑典が、全日本シニアを欠場

2018-09-18 19:55:49 | ケガ人・病人情報

全日本シニア選手権(15日・北九州)の正式な結果は、どこにあるのか・・・
ようやくコナミが(自分たちのぶんだけですが)情報を

コナミアスリート

男子団体で優勝。個人総合で加藤凌平が3位でした
別記事によりますと、田中佑典肩の故障のため欠場したそうです。世界選手権(10月25日~11月3日・ドーハ)への影響は・・・

コメント

スタイングルーバーが、スイス選手権欠場へ

2018-09-18 13:39:16 | ケガ人・病人情報

スイス選手権がおこなわれます

スイス体操連盟

9月22日~23日・フラウエンフェルト

ブラッガー、ヘギユソフ、ギシャールケースリン、ディアッチらが出場。
ケガで離脱していたユソフ、バウマンもエントリーしていますが、スタイングルーバーの名前は見当たりません
世界選手権(10月25日~11月3日・ドーハ)前のテストになるとしているだけで、代表選考などについてはふれていないようです。

コメント

英国男子代表に、ウィットロックら

2018-09-17 22:12:53 | 各国ニュース

世界選手権(10月25日~11月3日・ドーハ)の英国男子代表が発表されました

英国体操連盟

写真左から、
ジョー・フレイザー
ナイル・ウイルソン
ドミニク・カニンガム
ジェームズ・ホール
マックス・ウィットロック
帯同する補欠 ブリン・ビーバン

女子は後日発表予定

コメント

オランダが、男女代表選考の予定を発表

2018-09-17 13:47:48 | 各国ニュース

オランダが、世界選手権(10月25日~11月3日・ドーハ)の代表選考会をおこないます

オランダ体操連盟

男女とも団体24位以内の確保が大前提(25位以下は2020年東京五輪団体出場の可能性が消滅するため

<男子>
9月14日、22日 国内選考会 => 代表候補6人を決定
10月6日 ベルギー、フランスと三か国対抗戦 => 代表5人と補欠を決定

代表候補 バンアッシュ、ブレッターマン、ドゥーロー、ルイジェ、シュミット、リケン、ベルホフスタッド、ゾンダーランド
世界選手権では団体12位以内をめざすとしています。

<女子>
9月21日 国内選考会
10月6日 ベルギー、ルーマニアと三か国対抗戦 => 8日までに代表決定

代表候補 バンゲルナー、グーツ、バンポル、ポルデルマン、トルスドティール、ベールマン、ビセール、ボレマン、ウィーバース
団体16位以内が目標。

----------
男女とも10月18日にドーハへ向け出発予定
なお今年の欧州選手権(8月・グラスゴー)の団体では、男子9位(予選落ち)、女子3位。なぜ男子12位という目標を立てるのか少し不思議ですが・・・

コメント

男女とも米国が団体V~パンアメリカン選手権~

2018-09-17 12:34:16 | 大会展望・結果など

パンアメリカン選手権(14日~16日・リマ)は16日、男女団体決勝をおこない閉幕しました

USA Gymnastics

<男子団体>
1. 米国 246.000
2. コロンビア 243.999
3. ブラジル 243.301

<女子団体>
1. 米国 169.467
2. ブラジル 163.966
3. メキシコ 155.299

男女とも米国が優勝。男子は予選とかなりちがう結果になりました・・・
米国女子は団体、個人総合、種目別すべて金メダルの完全優勝

----------
カナダ女子はもともと二軍だった上、予選で一人負傷し決勝は4人での演技で4位。結果には満足だとしています。
男子は5位。平行棒で14点台を3人がそろえるなどし、ここ数年力をつけている印象です。今回は一軍と二軍の中間のような顔ぶれ。

カナダ体操連盟



コメント

米国女子が圧倒的な強さ~パンアメリカン選手権~

2018-09-16 13:05:23 | 大会展望・結果など

パンアメリカン選手権(14日~16日・リマ)は15日、女子の競技をおこないました

USA Gymnastics

<女子個人総合(予選なし決勝)>
1. マッカラム(米) 56.366
2. トーマス(米)  54.433
3. サライバ(ブラジル) 53.334

<女子種目別(予選なし決勝)>各種目の優勝者と得点
跳馬  キャリー(米) 14.550
段ちがい平行棒 マッカラム(米) 14.533
平均台 イーカー(米) 14.300
ゆか  キャリー(米) 14.400

米国が圧倒的な強さ。団体予選も1位で通過しました。これでも二軍か三軍レベルです
ほぼ一軍のブラジルがやや健闘しましたが、カナダも二軍では歯が立たないようです

----------
<女子団体予選>
1. 米国
2. ブラジル
3. メキシコ
4. アルゼンチン
5. キューバ
6. カナダ
7. チリ
8. プエルトリコ

コメント

オーストリアが女子代表選考会 メーダー首位

2018-09-16 09:15:15 | 各国ニュース

オーストリアでは女子の代表選考会(8日~9日・リンツ)がおこなわれました

オーストリア体操連盟

2日間で、おそらくドイツとちがい非公開の「試技会」のようなものだと思われます。
得点の詳細は不明ですが、2日間ともメーダー(写真いちばん右)が全種目おこない、もっともよい成績だったようです。

アキレス腱断裂から復帰して初めて跳馬とゆかを演技したハンメルレ(写真右から2人目)は、今回肩を温存して(痛めているのでしょうか?)段ちがい平行棒を回避したということです

コメント