明日をひらく

吉田 俊明
株式会社EARCH-YOU(アーチ・ユウ)
代表取締役 / Co-Founder

花の金曜日

2011-07-29 | つぶやき
今朝、小学校一年生の三男が、起き抜けに「うぉー今日は金曜日だあ!」と喜んでいました。


別に今週末に特別な予定があるわけではありません。


・・・そして・・・、彼はすでに先週から夏休み・・・。


三男って、どうしてそんな感じなのでしょうか(^^。
コメント (2)

ネットとリアルの融合 ~ 5日間のスクーリングを終えて

2011-07-26 | OU MBA
脳みそがパンクしそうな5日間がようやく終わった。いや、今の感覚は、終わってしまった、という寂寥感の方がやや強いかもしれない。前職の時のように、英語にどっぷりと浸かって、自分の中に英語で考え英語で会話するもう一人の自分が出てきはじめたところでの集中講義(スクーリング)終了だった。

フルタイムのMBAであればもちろん5日間で終わらず、さらなる鍛錬を続けられる(続けさせられる?)ところだろう。しかし、今私が受講しているオープンユニバーシティのMBAは、もっと実践的な鍛錬を受講生に求めている。もっといえば、実践そのものを求めているといった方が正確かもしれない。

この5日間で最も重点がおかれていたのは、体系化されたマネジメントに関する各種の理論を、どうやって実践に適用するか、ただその一点にあった。

つまり、オープンユニバーシティにとっては、道具は渡してある、この5日間でそれらの道具の使い方を教えた、あとは現場で使ってみなさい、というわけなのである。

この5日間に至るまでの9ヶ月あまりの在宅学習の存在も非常に重要で、この理論や考え方をインプットする期間がなければ、スクーリングの内容が、表面的で薄っぺらいものになっていたと思う。

さらにいえば、オンライン上でやりとりしていたクラスメイトと実際にあって話をする、討議する、食事やビールを楽しむ、という経験も非常に貴重な経験であった。今また各国に散りじりとなったクラスメイトと、オンラインでタスクをこなし、共有し、また一年後のスクーリングで出会うことも、次の修練を乗り越えるための重要なモチベーションになることと思う。

さらに理論を蓄積し、あとは実践あるのみである。
コメント (1)

ベルギーに行ってきます!

2011-07-20 | OU MBA
夏ばてしているヒマもないほどバタバタしていますが、そうこうしているうちについにこの日がやってきてしまいました・・・。

MBAプログラムのスクーリング(集中講義)です。

プログラム初年度の科目では5日間の集中講義が設定されています。もちろん本国イギリスでの開催もありますが、日程や場所などいくつかの選択肢があります。どの日程も参加できないという人にはオンラインでの参加方法もあります。(いずれは日本事務局としても日本で開催したいと考えています。)

私は今回受講生として、行ったことのない国、ベルギーでのセッションを選択しました。

英語でびっちり授業に参加することや、たくさんの同級生と実際に会えることへの期待と不安が渦を巻いております。ぐるぐるグルグル。

よいご報告ができるようにがんばってまいります!
コメント

Global Leaders’ Cafe

2011-07-14 | NL Group News
当社グループのパーソネル総研では、皆様のスキルアップを応援するワークショップを開催いたします。

ワークショップはネイティブ講師の Jean Roy がファシリテートします。アフリカ、ニューヨーク、フランス、ハイチ…とさまざまなバックグラウンドを持つ講師なので、各国のビジネスマナーなどおもしろい話も飛び出します。ビジネス英語コミュニケーション力のアップ、業界を超えたネットワークを広げる機会としてもぜひご活用ください。

皆様のご参加を講師共々心よりお待ち申し上げます。

◆◇◆Global Leaders’Cafe---------------------------------------------
■第1回:「Step analysis on the mobile phones market in Africa」
(アフリカの携帯電話市場を外部環境分析する)
■日時:2011年7月20日(水)19:00-20:30
■参加費:1,000円(税込み)
■場所:(株)パーソネル総研 セミナールーム (新宿)
[詳細および8月以降の予定はこちら]
◆◇◆------------------------------------------------------------◆◇◆
毎月1回、90分間、ビジネストピックについて英語でディスカッションやプレゼンを行います。講師がチョイスした外国のスナックとお飲み物もご用意いたしますので、リラックスした雰囲気でディスカッションをお楽しみください。

====================================================================
参加を希望される方は下記をご記入の上、contactus_oumba[アットマーク]nl-hd.com([アットマーク]を@に変更してください。)宛にお送りください。よろしくお願い申し上げます。

▼=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
参加希望のセミナー(複数選択可):
 -第1回 Global Leaders’Cafe 7月20日(水)19:00-20:30

お名前:
ふりがな:
お勤め先
電話番号:
eメール:
ご同伴者様お名前(いらっしゃる場合):
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

▼お問い合わせはこちら↓からお願いします!
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 株式会社パーソネル総研
 英国国立オープン・ユニバーシティ 日本事務局
 佐藤歩美 contactus_oumba[アットマーク]nl-hd.com <<[アットマーク]を@に変更してください。
 http://www.openuniversity.jp/
 ブログ http://oumba.blog92.fc2.com/
 TEL:0120-91-6532/03-5962-3501
 FAX:03-5338-7422
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
#ネイティブ講師によるクスッと笑えるビジネス英語イディオム動画を無料配信中!Facebookにログインして、「Idioms4Business」を検索!
コメント

のべユーザ数 1,000万人突破!

2011-07-14 | NL Group News
昨日の当社グループイベントは、おかげさまで盛況の内に終えることができました。

ご参加いただきましたみなさまありがとうございました。

また、昨日発表させていただいたように、6月末現在でついに当社の累計ユーザ数が1,000万人の大台に到達しました!!

さらに進化していきます!引き続きご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
コメント

ロマンスカーの気遣い

2011-07-09 | 日本
ただ今、仕事で来た箱根から帰るロマンスカーに乗車中です。

同僚二人は終点の新宿までですが、私は途中下車します。

二人とは別に切符を買ったため、乗る車両が離れてしまいました。

二人は、終点新宿の改札が先頭方向にあるため、前の方の車両で切符が発券され、私は改札が真ん中辺りの駅のため、二人よりもずっと後ろの車両です。

新幹線の座席指定アルゴリズムも洗練されて来たなぁと感じますが、ロマンスカーの気遣いもなかなか素晴らしいと思いました。

(こうしたアルゴリズムの存在はあくまで個人的な推測です。違ってたすみません!)

一人になってしまったので、こうしてブログを書いたりして下車駅を乗り過ごしてしまわないようにしているわけです…。
コメント

仕事で使える英語をしっかりと学びたい方に!「グローバル・コミュニケーション・スキル」開講!!

2011-07-06 | NL Group News
グローバル・マネージャーのための
「グローバル・コミュニケーション・スキル」を開講

 法人向けに組織人事コンサルティングサービスを提供している株式会社パーソネル総研(東京都新宿区、社長執行役員 志方和美)は、eラーニングによる新しいグローバル人材育成プログラムとして、「グローバル・コミュニケーション・スキル」 の提供を7月1日から開始しました。

グローバル人材育成の必要性が急速に高まる中、当社では国内eラーニング業界最大手の株式会社ネットラーニングのグループ会社として、従来型の組織人事コンサルティングと併せてインターネットを駆使した人材育成に取り組み、海外の教育機関との連携も進めています。本プログラムは、その教育水準において世界的に高い評価を受けている英国国立オープン・ユニバーシティの語学プログラムを、日本国内市場向けにアレンジしたものです。

本プログラムは、実際のグローバルなビジネスシーンを題材に、英語コミュニケーション力だけでなく、国際的な実務に直結する問題分析やクリティカル・シンキングなどといったビジネススキルも身につけることができるよう設計されています。eラーニングによるセッションと豊富なアクティビティ、課題提出、オンラインライブセッションから構成され、経験豊富な担任チュータがスキルアップをサポートします。

すべてオンラインでの提供のため、通学の必要はありません。6ヵ月にわたり、毎日1時間以上の学習をとおして、ビジネス文書のリーディング、ライティングやビジネスシーンでのリスニング、スピーキングスキルを身につけます。

総合的なグローバルコミュニケーション力を、徹底した学習で短期間に身につける、かつてない学習プログラムです。


■──────────────────────────

『 グローバル・コミュニケーション・スキル 』コースの特長

──────────────────────────■

グローバルな感覚を養いながらビジネスに必要な英語力・ビジネス力を磨く

 さまざまな国の実際のビジネスシーンを題材とし、実務に直結させながらビジネス英語力を養うとともに、「STEP分析 (マクロ環境分析)」、「SWOT分析」、「問題解決」、「クリティカル・シンキング」などのビジネススキルも身につけます。

 300以上の練習課題や学習者同士のネット上でのディスカッションで、リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの総合的で豊富な演習を
 行います。3回にわたる1,500~2,500語のレポートとスピーキングなどを組み合わせた課題はチュータによりフィードバック、採点され、コース末の
 最終課題につなげます。


高品質な英国国立大学のプログラムを日本向けにアレンジ

 世界75ヵ国以上で、40年以上にわたってさまざまな学位取得コースや資格コースを提供し、社会人教育できわめて高い評価を得ている英国国立オープン・ユニバーシティが、グローバルに活躍するマネージャーのために開発したプログラムが、日本人向けにアレンジされています。


担任チュータによるきめ細やかなサポート

 講師経験・ビジネス経験ともに豊富な外国人チュータが、学習をトータルサポート。 個別の指導だけでなく、オンラインライブセッションやSNSなどで活発なコミュニケーションの場をリードします。


■──────────────────

  受講対象者、およびコース概要

──────────────────■

◆受講対象者

グローバルマネージャーを目指す幹部候補社員

現地赴任がきまっている幹部候補社員、幹部社員

海外赴任中で、系統的にビジネスコミュニケーションスキルの研修を受講させたい幹部候補社員、幹部社員

◆コース概要

[コース]   ステップ1、ステップ2
[受講料]  157,500円/各ステップ(税込)  
283,500円/セット(税込)
[開講期]  年4回(7月、10月、1月、4月)
[受講期間]  3ヵ月/各ステップ(+閲覧期間6ヵ月)
[学習時間]  合計180時間
[前提知識]  TOEIC 650点以上の英語力(目安)


■──────────────────

        学習の進め方

──────────────────■

Reading→Writing→Listening→Speaking→Communicationという流れで進みます。
自己学習から、掲示板やウェブ会議システムを使ったCollaborative Leaning
(共同学習)につなげます。
豊富なアクティビティにより、段階を踏んで実際のビジネスシーンで必要な
実践的なスキルを身につけます。

◆1コースの構成◆
テーマ毎に全6セッションから構成されます。
(1セッションの推奨学習時間:約10時間、1ステップ合計約60時間。
その他、各課題への取組み時間が12~20時間。)

◆1セッションの流れ◆
・Reading Activities ケーススタディを中心に、ビジネス文書の構成や読み方、語彙等のインプット
 ↓
・Writing Activities Reading Activitiesで得たインプットをWriting Activitiesでアウトプット
 ↓
・Tutor Group Forum オンライン掲示板にて受講生同士で課題に対する
 フィードバック
 ↓
・Listening Activities ニュースやインタビューなどを動画や音声で聞く
 ↓
・Speaking Activities Listening Activitiesで得た表現を自分のケースに当てはめ、練習・録音・確認
 ↓
・Tutor Group Forum オンライン掲示板にて受講生同士で課題に対する
 フィードバック
 ↓
・Online Tutorial チュータ主催のオンラインライブセッションで、受講生とディスカッション


>>プレスリリース全文はこちら



―――――――――――――――――――――――――――――――――

『 英国国立オープン・ユニバーシティ 』 概要

オープン・ユニバーシティは英国国立のトップクラスの大学。約40年前の1969年に設立され、世界で初めて遠隔教育を中心とした高等教育に成功。現在ではさまざまな学術分野において国際的に認知された学位を取得することができる。イギリス最大規模の大学として75ヵ国から集まった22万5千人以上の学生が在籍している。また、オープン・ユニバーシティより授与された学位は、ヨーロッパの認定機関のみならず世界の学術組織に認知されており、米国MSCHE(The Middle States Commission on Higher Education)からも認定を受けている。


『 株式会社パーソネル総研 』 概要

所在地 : 〒160‐0023  東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル3階

役員構成 : 代表取締役    岸田 徹
      社長執行役員   志方 和美

事業内容 : グローバル人材育成
      企業経営、組織人事に関するコンサルティング
インターネット教育に関する調査研究及びコンサルティング
集合型及びeラーニング型の人材教育/人材開発
エグゼクティブサーチ/エグゼクティブコーチング
キャリアコンサルティング/キャリアディベロップメント
民間有料職業紹介/再就職支援(厚生労働大臣許可番号13-ユ-303937)

グループ会社 : 株式会社ネットラーニングホールディングス
株式会社ネットラーニング (eラーニングトータルソリューションサービス)
株式会社 wiwiw (育児・介護・一般休業者向けサービス)
株式会社アジアネット教育研究所(株式会社によるネット大学の設置・運営)
コメント

リベリアから来たドクター

2011-07-02 | 学校教育
今日は授業参観日。と同時に、長男のクラスのPTAのお手伝いで国際交流授業での通訳を担当しました。

我が家の子供達が通う小学校のそばに国際交流施設があることから、留学生などを招待して交流授業を行っています。子供達は4人程度の小グループに分かれ、各グループに世界各国から来た招待客が割り当てられていました。

各グループで事前にどこの国の人が割り当てられるのかを知らされており、子供達は学校のPCのインターネットを使って、招待客の国について調べ、その成果を当人にプレゼンし、さらにいくつかの質疑応答をするというとても良くできたプログラムでした。

最近の学校教育についてはとかく批判的な意見が多く見られますが、こうした良い取組が行われていることはとても新鮮で嬉しく感じました。

私はちょうど長男のグループを担当することになり、リベリア共和国から国の健康管理を担当する医師であるトニーさんの通訳をしました。グループメンバーは近年リベリアで起こった2回の内戦のことをよく調べていて、どうして戦争になったのか、今はどうなっているのか、トニーさんはどんなことを日本で研究し、持ち帰ろうとしているのかなどの質問をし、トニーさんも子供達の将来の夢などを聞くなど、とても充実したセッションをすることができました。

我が長男の質問は、リベリアの国の人はどんなものを食べているのですか?でした。

食いしん坊の血はしっかりと受け継がれているようです(笑)
コメント