明日をひらく

吉田 俊明
株式会社EARCH-YOU(アーチ・ユウ)
代表取締役 / Co-Founder

ギネス 未公認記録

2015-08-06 | プライベート
先日とんでもない歴史的瞬間を目撃することができました。

コーチでお手伝いさせていただいている三男の野球チームのことです。地区大会の決勝戦でそれは起きました。初回後攻で先制したものの2回表にすぐに逆転された後のことです。二回裏ツーアウトランナーなしからランナーがたまり満塁。そこで、主将主砲の逆転満塁ホームラン!

歓喜に沸きましたが攻撃はそれで終わらず、ヒットや四球などで打者が一巡し再度満塁で打席には主将。そして再度満塁ホームラン!!一挙に13点をあげる爆発イニングになりました。緊迫した決勝戦でしたが試合を決定づけるイニングとなりました。

ところが・・・まだ続きがあります。次の三回裏にまたまた満塁で主将に打席が。。。そしてそれは起きました。三打席連続の満塁ホームラン!!!相手チームも苦笑というか驚きというか脱帽といった感じでしたが、三度の真っ向勝負には大感謝でした。

   @   @   @   @   @

インターネットでざっと検索すると、1試合での最多満塁打はどうやら2回までのようです。日本のプロでは2人、メジャーでも13人しかいないようです。ということで、ギネスに登録しよう!!となりました。

1試合3満塁本塁打
1イニング2満塁本塁打
3打席連続満塁本塁打

という3つで申請しました。どれもそれだけですごいことです。学童野球とはいえ、公式戦でかつ決勝戦でしっかりした審判団らに運営された試合です。

ところが、、、最終的にはギネスでは認定されないことになりました。

「夢のある記録なのですが、ギネスワールドレコーズとしては国際大会もしくはプロの記録である必要がございます。そのため、今回はご連絡を頂いた上で恐縮ですが、記録認定としては難しいということになります。申請頂きました内容の価値がこの判断によって損なわれるわけではございません。」(ギネスワールドレコーズからの回答)

FBにもあげましたが、この歴史的大記録はやっぱり書き残しておきたいと思いブログにもアップすることにしました。その瞬間の感動は私にとっても忘れられない思い出です。
コメント (3)

未来をひらく子供たち

2015-05-13 | プライベート
先日、半年ぶりくらいに少年野球チームの監督をやらせてもらいました。今年は三男が5年生ということもあり監督では無くコーチとして参加させていただいているため、本来の監督の代行です。チームには6・5年の上級生チーム/4年中心のチーム/3年以下の養成チームの3つのサブチームがあり、今回監督代行したのは養成チームでした。

通常、他チームはこの養成チームを設定せず、3年以下も含めて4年中心のチームとして大会に参加しています。一方、当チームでは全体の総監督の意向で、3年以下にも試合を経験させたい、ということで設けています。この養成チームは3年生以下ということから、野球の技術はもちろん、基本的なルールもままなりません。その結果、この養成チームはその歴史において公式戦での勝利がありません。毎試合、20対5とか38対2とか、破滅的な敗退を喫するのです。以前、私が監督させていただいた年の試合の一つでは、相手先行で開始し、試合時間1時間30分のところ1時間25分間もぶっ続けで守備をし、攻撃はわずか5分で3アウトでゲームセット(点数は忘れましたが破滅的でした^^)といったこともありました。

養成チームのメンバは、いつの年も毎々大敗を喫しつつ、そしてその悔しさすら今ひとつ理解せずにベンチに引き上げてきます。大敗とは関係なく、元気に野球ができて楽しかった、という感じの子が少なくありません。4年と混じることで出場機会無くベンチにいるよりはよっぽど楽しんでくれるのです。そうだからこそ、少しでも試合の雰囲気を味わって楽しく野球をしてもらいたいという総監督の意向なのです。(親たちは、ずーん、と重い空気に包まれて次の週末まで陰鬱な時を過ごすのですが・・笑)

ところがなんと、今回私が代行した試合(公式戦)で見事に勝利をつかんだのです!!!しかも、17対9という大差をつけて。もちろん、とても嬉しかったのですが、単に勝ったことが嬉しかったのではありませんでした。ゲームセットで整列し勝利を宣告されてベンチを振り返った子供たちが、突き抜けた笑顔で喜びを爆発させながらこちらに駆け寄ってきてくれたからです。もちろん、これまでも勝利を喜ぶ子供たちを何度も迎えました。すべて4年生以上です。3年生以下の今回は突き抜け方が違いました。なんの含みも無く、ただただ純粋に、自分たちの勝利を喜んでいました。

私がこの少年野球にコーチ等で関わってきた理由の一つは、息子たちの面倒を見ていただいている総監督はじめチームの関係者や、地域のリーグ運営関係者へのご恩返しという気持ちです。もう一つは、子供たちと接することで元気がもらえることです。子供たちがどんな未来をひらいていくのだろうかと想像すると、こちらもなんだか活力がでてきます。今回は、これまた格別の元気をもらってしまいました。大感謝!
コメント

摩天楼

2014-11-06 | プライベート
2008年に撮った写真です。



そしてこちらが先日撮ってきた写真です。(ちょっと向きが違うけど。)



ひとつは建築中で完成間近。。


さてどこでしょうか?
コメント

喪失感と希望と。

2013-11-11 | プライベート
昨日、次男所属チームの上部大会2戦目がありました。試合前の早朝練習から試合中の指示や励ましで叫び続け、今も声がしゃがれています。

相手: 0 3 0 0 1 2 0 3 3 : 12
当方: 0 1 1 0 3 0 1 3 3 : 12

5回に逆転するも6回に再逆転され、最終回の7回に再度同点。8回と9回はそれぞれ特別延長ルールでノーアウト満塁から。さらに投球制限で両チームともにエースが8回以降投げてはいけないという、文字通り死闘でした。規定の試合時間制限が1時間30分のところ、2イニングにわたる特別延長でも決着のつかなかったこの試合時間は2時間40分にもなり、決着は抽選へ。


結果、相手チームが次戦へ進出となりました。。。


同時に、次男の学童野球に幕が下りました。まだ養成リーグが数試合残っていますが、メインの公式戦は終了です。ピンチになりながらもチャンスも何度もあった試合に勝ちきれなかった悔しさに加えて、次男の入部がきっかけで始めた少年野球に対する5年間の想いに対する喪失感が心を覆い、今日は仕事をしていないと心が折れそうでした。

いつかはどこかで終わる、そうわかっていても受け止めるのにはもう少し時間がかかりそうです。


もう一人(三男)がいるのでまた頑張ろう、という希望と、その三男が学童野球を終えるときにはもっと大きな喪失感が待っているという恐怖感が交錯しています。
コメント (2)

シーズンの締めくくり

2013-11-05 | プライベート
日本シリーズ最終戦・最終回は、我が家でも大いに盛り上がりました。星野監督が語っていたように、東北に元気をもたらすものだったと思います。


一方、我が家自身も、今週末は息子たちの野球でてんやわんやでした。そちらも今シーズンを締めくくる上部大会の開幕があったからです。


三人息子が三つのチームに分かれて中学、学童高学年、学童低学年の各クラスで野球をさせてもらっているところ、なんと三人とも別チームながら同じ上部大会に参加できるという幸運に恵まれました。三人揃った晴れの開会式、私自身は監督をさせてもらっているちびっ子チームの練習があり参加できなかったのですが、三人には良い思い出になったのではないかと思います。各チームの指導陣はじめ、関係各所に感謝しています。


試合そのものについては、まず三男チーム。今回は地区大会を勝ち抜いた上級生チームにおまけで連れて行ってもらったため、試合には控えで参加させてもらいました。強豪相手に善戦するも4-5で初戦を惜敗。三男の今シーズンはこれにて終了です。

次男チームは雨の影響で遅延したものの開戦!途中も雨で15分中断しましたが、よく鍛えられている印象のある敵チームを5-2で制して見事二回戦突破!!(一回戦はシードでナシ。)6年生という学童最終の楽しみが、さらに延びました^^。今シーズン4度目の上部大会挑戦。最後も悔いなく締めくくりたいです。

長男チームは、次男チームと試合時間がかぶって別会場での試合予定のため応援にいけるかどうか・・・というところ、雨のため中止。今週末土曜日に初戦予定です。ぜひとも勝利をつかんでもらいたいと祈っています。普段私は次男・三男のチームにつきっきりのため、長男チームにはほとんど顔すらも出せていないのですが、今週末は応援に行けそうです^^!
コメント (2)

三連球

2013-02-11 | プライベート
三連休もまもなく終了です。


天気にも恵まれ、みなさん、いろいろと充実した三日間を過ごされたことと思います。お仕事をされていた方はお疲れ様でした!


私は例によって少年野球にどっぷりでした。(バッティングピッチャーで投げすぎて肩から腕が、どーん、と重いです・・・。決して上手いピッチングではないので。。。)


三連休ならぬ三連球というわけです。


まだまだ寒いオフシーズンと思っていたら、あと一月半で開幕です。


わが子達はもとより、チームメンバのそれぞれとそのご家族が子供達の成長を感じることができるよう、さらに練習を積み重ねていきたいと思います。
コメント

長男の誕生日に。

2013-02-01 | プライベート
最近、毎日長男に帰宅時間を聞かれます。「とうさん、何時くらいに帰ってくるの?」


かわいいところもあるじゃないかと思いきや、彼の目当ては私自身ではなく私の持っているモバイル端末。とあるゲームアプリが友達の間で流行っているらしく、先日何かのご褒美でそれ(無料)をインストールしたのです。完全にゲーム中毒になっているというわけであります。


そんな彼の誕生日にパソコン(もしくはタブレット)をあげようかどうか思案中です。


もちろん火に油というか、さらに中毒が進行することは火を見るよりも明らかです。でもそれを通じてデジタル機器に慣れ親しんでくれればいいかなぁと。ネットネイティブな彼らの世代には、そうしたデバイスを遊び倒すくらい使ってもいいではないかと。


そんなことを連れ合いに話してみたところ、「そんなのダメに決まってるじゃん」と一喝。稟議は一蹴され廃案となりました。


まあ、そりゃそうなんだけどね・・・。でも、自分も中学の時にパソコン(たしかシャープのX1)を買ってもらったことがデジタル機器に触れる第一歩だったし・・・。それが今の仕事にもつながっているような、つながっていないような・・・。


タブレットじゃなくてDOS/Vマシンとかだったら稟議決裁おりるかな・・?
コメント

お赤飯?

2013-01-30 | プライベート
ここ数日、朝、顔を洗う時に鼻血が出る。


もともと鼻血が出やすい鼻ではあったが、ここ数年は落ち着いていたように思う。


いろんなシーンで鼻血を出したことがある。自分でもあきれてしまったのは中学の時だっただろうか。


こともあろうに定期試験中に寝てしまい、そのまま寝鼻血を出し、気がついたら解答用紙の3分の1くらいが赤黒く、そして乾いてガビガビになった血で覆われていた。そのまま提出し、そのまま採点されて返却された。鼻血のことには触れられていなかった。


自分の鼻血の特徴はすぐに止まることだ。鼻の上から指で押さえると5秒もしないうちに止まる。


以前、耳鼻科の先生に見てもらったら、鼻腔入り口付近の毛細血管が切れやすいとのこと。決して興奮しやすいからではない(たぶん)。


久々の出血ラッシュだ。今日は赤飯でも炊こうか。


   @   @   @   @   @


なんだか航空会社の機内誌に載るような、とりとめもないエッセイの投稿になってしまった。


しかも、機内誌には申し訳ないくらいに、メッセージもなければ品もなく^^!


コメント

激突!

2012-05-11 | プライベート
昨日、三男をママチャリの後ろの荷台に乗せて移動していた時のことです。


三男を乗せる時におでこを見ると、昔のBCG予防接種のように点々とした、全体では百円玉くらいの大きさのカサブタ群が二つできていました。


「どうしたの?」と聞くと、「朝、登校する時にギャロップ走り(スキップの横向きみたいなの)していて電柱にぶつかった」とのことでした。


なぜ点々なのかといえば、よく電柱に巻いてある、ポツポツというかザラザラしたカバーみたいなものにぶつかったためでした。


「何であんなカバーをつけてるんだろうね?」と聞かれたので、「そうやってぶつかる人が直接コンクリートにぶつからないようにしてるんだよ」と応えました。


少し振り返って三男のおでこを見ると、青いアザもあって、若干痛々しい感じでした。


「おっちょこちょいだなぁ。ちゃんと前を向いて走らなきゃね。」と三男に話しながら前を向いた瞬間・・・ゴン!


後ろを向いているうちに道を斜めに走っていて、脇の民家の壁にチャリごと激突!


たいしたスピードではなかったため私はサドルから降りる程度でしたが、荷台の三男は1メートルくらい横にとばされてしまいました・・・。


二人でゲラゲラ笑うしかありませんでした。

コメント

本当に大切なこと

2012-04-06 | プライベート
4月に入り、わが子達がお世話になっている少年野球チームもシーズン開幕です。


今年の私の受け持ちは小学校3年生以下のちびっ子達で構成されるサブチームですが、今週末の公式戦、あわや不戦負けになるところでした。なぜかというと(既存メンバーの休みが重なり)メンバーが9人揃わないかもしれない!!という恐れがあったからです。(結局、何とかメンバーをそろえることができました!)


毎年、新年度が開幕すると、当たり前のことですが一年ずつ進級するため、チームとしてはあらたなメンバーに入会してもらう必要があります。しかしどうやら我がチームは、一般的に「入部検討時の保護者の受け」がよくないみたいなのです。。。(悩)


それは、、、平日の朝練(6時~)と土日の早朝(5時半集合)からの練習(冬季を除く)が原因のようなのです。小学生なのでまだまだ保護者の方々のサポートが必要です。子供以前に、保護者が早朝体制に難色を示しており、どうやら「あのチームは(早朝が)キツいよ・・」というネガティブな評判がたっているようなのです。


そんなウワサも何のその!


子供達に毎日ボールに触れてもらうことや、土日はなるべく午前中で野球の時間を終えて、午後は遊ぶなり塾に通うなり自由に時間を使ってもらいたいという総監督の方針で我がチームは早朝型のシフトを組んでいます。とくに、今週は上級生の開幕もあり月曜から朝練全開!明日も明後日も5時半集合で開幕戦必勝態勢です。


もちろん、小学生のことですし、野球というスポーツのことでもありますから勝ち負けはその時々でいろいろあります。しかし、少々眠くたって、毎日ボールに向き合うこと。元気よく挨拶をすること。そして何よりも真剣に取り組むこと。それが、少々のツラさではへこたれない、正面から物事に向き合えるような人に育つことにつながるとチーム指導陣は信じています。


なんだかんだいっても毎年総勢60名前後の小学生が参加しています。どうせやるなら強いチームで・・とか、子供のうちから早寝早起きの習慣を、と賛同していただく方々が入部してくれています。今シーズンも山あり谷ありでしょうが、大切にすべき事を大切にし、関係者にも感謝しながら今シーズンも楽しんでいきたいと思っています。



注)平日朝練は3・4年生くらいからです。(我が家の三男坊は1年生から参加させてますけど・・。)また、朝練に来られないからといって退部しなくてはならないわけではありません。
コメント