明日をひらく

吉田 俊明
株式会社EARCH-YOU(アーチ・ユウ)
代表取締役 / Co-Founder

国家と企業のあいだ ~超監視社会で感じたこと~

2018-10-25 | 中国
你好!久しぶりに上海にいってきました!

最後に訪れたのは4年前、2014年の9月でした。そのさらに7年前くらいには仕事で毎月のように上海には出張していました。
中国について様々な感情があるのはなんとなく認識しています。私についていえば、過去15年余りで私が個人的に面談したり、知り合いになった人は100%、全て皆さん良い方でした。なので、最初から今に至るまで、上海は私の大好きな街のうちの一つです^^。

一方で、他の全ての人が感じているように、私もこの間の上海の変化には驚くばかりです。雨後の筍のようにビルが立ち並び、東京でいうところの新宿副都心の高層ビル街が、もっと様々な形のビルになって見渡す限り続いている、そんな景色になっています。集団の力が社会のあり方を根底から変えてしまったかのようにも思えます。

変わってしまったのは物理的な景色だけではありません。サイバー空間でもその変化の凄まじさを「目の当たりに」しています。4年前使えたLINEは使えなくなっています。メッセンジャーは、iPhoneだと使えるのにMacのノートPC(ブラウザはSafari)では使えません。さらにはAndroidだとメッセンジャーでも通信が限定的になり、不便になるように調整されています。
(このブログも上海で書いたのですがアップできなかったため、今、日本でアップしています。)

ここでは物理的にも電子的にも、全てがネットワークレベルで監視されています。全てをクラウドに誘導して活動を捕捉する意図を持ったGoogleとの対立も透けて見えます。善悪の問題ではなく、集団が集団の利益を守ろうとするのは、ある意味とても正しいことだと思います。その中でその集団に属する人が安全安心に、そしてとても便利に生活できるからです。

問題があるとすれば、その中で人々は心も健やかに生きていけるのか、といったところでしょうか。
私は多少不便になっても自分のプライバシーをある程度は維持して生きていきたいと、今のところ考えています。

「ただより高いものは無い。」

無料は後で高くつくというすでに多くの人が気づいていることを、
私は新しいビジネスで形にしていきたいと考えています。

来年の春くらいには、新しい会社のサービスを正式にお披露目できそうになってきました。
賛同される方は、その時に、ぜひご協力をお願いいたします^^//

再見!
コメント

鼻毛地図

2013-01-31 | 中国
鼻つながりで目がいってしまいました(^^!


今日の日経記事からです。


大気汚染悩める中国、深刻度示す「鼻毛地図」


対岸の火事と傍観してられません。


黄砂同様に中国からの偏西風にのって日本にも汚染された大気が流れてくるかも・・・?と検索すると、いろいろブログに書かれています。


しかし、それらのソースを見てみると・・・こちら↓


超有害な黄砂が日本に降り注ぐ」(東スポWeb)


うーん。。。


ひとまず、中国にいる人々の大気汚染被害が、少しでも早く小さくなるようお祈りすることにします。


ちなみに日本を示した鼻毛地図はこんな状況みたいです。


空気の汚染度を鼻毛の長さで表した地図が話題に / 日本はほぼ全てで「短い」の結果! 但し埼玉のみやや長め
コメント

中国語の勉強を再開しました。

2011-11-11 | 中国
当社グループの中国子会社の立ち上げにともない、数年前に一年ほど学校に通った中国語の勉強を再開しました。


MBAと重なって少々キツイ状況ではありますが、週一で、今度は自社グループのオンラインレッスンを受けています。


幸い、前回習ったところまでは割と順調に進んでいます。


問題はこれから。新しく知識やスキルを身につけるのは楽しくもあり、時として、元気が必要でもあります。


何となく、山登りに似ているかもしれません。


我的中文的学习与登山相似。


(後半部分はまだ習っていないところだったので機械翻訳です。あしからず^^。)
コメント

北京にいます

2011-03-03 | 中国
仕事で北京に来ました。初北京です。

地下鉄の構内に入るのにも手荷物のX線検査があるほどのセキュリティ体制を敷いています。アフリカ・中東の動乱や全人代開催などもあり、大国の首都としての威信とプライドをかけているように見えます。電車通勤の人は大変そうですけど。

上海と比べた感想を一言挙げるとすれば、デカい、という印象です。

空港にも街の作りにも、そして人びとの雰囲気にも大陸独特のおおらかさのようなものを感じます。
そして上海同様に、日本との民度の差はもうあまり感じません。
コメント

チャイニーズ・ドリーム

2010-12-09 | 中国
中国に注目しているのはもちろん日本だけではありません。

世界各国が中国の経済的成長性に注目しています。

そうした流れを中国人もうまくくみ取り、外国資本を取り込んでいます。

直接的な投資から間接的な投資まで幅広く取り組みがあるようです。

アメリカで上場している中国企業も多数あります。

こちらのサイト「China Biz Focus」によれば、すでに200社近くの企業が中国で上場し、資金調達しています。

すでにバブルがはじけて株価が数ドルに低迷している銘柄もあります。

アメリカン・ドリームになぞらえて、成功を実現している経営者も少なくないようです。

コメント

1年ぶりの上海

2010-12-02 | 中国
1年ぶりに上海に来ました。
今朝は未明に雨が降り、今は曇天で高層ビルも近くしか見られません。

この1年の間に上海は万博という大きなイベントを実現しました。
そうしたことが先入観になっているかもしれませんが、民度というか近代文化水準といったような社会全体の雰囲気が高まっています。

電車などの公共施設や道路など、街はヨリ清潔になり、人々の表情にも豊かさや余裕のようなものを感じます。

もう日本とほとんど同じ感じで生活できるといった印象です。これからの世界でますます重要な役割を担う東アジアの隣国として、ますます頼もしい存在になってきていると思います。

そうした両国において、市場としてはもちろん、雇用という側面においてもネットラーニングが果たすべき使命はますます大きく、意義あるものになっていることをあらためて実感しています。
コメント