ワーク衡業(わーくこうぎょう)のブログ

東京の下町江戸川区からトラックスケールトータルソリューションの株式会社ワーク衡業が発信する番外編ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第129回 榎本藻

2012年11月06日 | 情報

最近のニュースで知ったのですが、榎本藻(えのもとも) なる藻が注目されているようです。

藻の仲間には、細胞分裂して成長する際に油を発生する種類があるそうです。Σ(゜Д゜;エーッ!

よく、山の池や沼に魚釣りに行くと、水面に油が浮いていて、廃液とかが流れ込んでるのかな?と思っていましたが、これが実は藻から生成された油によるものだったらしいのです。(*_*;

その生成される油によっては、重油に近い良質なものが有るということ。スゴイですね!

ただ、分裂速度が遅いため、大量の油採取はこれまで難しいとされていました。

ところが数年前に、爆発的に増殖が速い【榎本藻】が発見され状況が変わったのです。

この榎本藻は、神戸大学の榎本平教授が発見したボツリオコッカスと呼ばれる藻の一種。

左:榎本藻の培養特性試験/右:種藻培養設備

左:榎本藻の培養特性試験/右:種藻培養設備

これはIHIの関連会社 IHI NeoG Algae(アイエイチアイ ネオジー アルジ)合同会社による藻の研究写真です。

 

 

光合成だけで増殖し、通常のボツリオコッカスと比べ1カ月後の総量は10万倍にもなるとの事。

作られる油の質は重油に相当するといい、光と水と二酸化炭素で燃料が作れることになる。

作れば二酸化炭素が減るし、資源のない日本にはもってこいの研究ですね!

もう一つオーランチオキトリウムなる微生物も脚光を浴びているようです

榎本藻についてはココ

オーランチオキトリウムについてはココに詳しい解説が有ります。

 

ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所長の山中教授や榎本藻の榎本教授 スゴイですね

同じ日本人として誇りに思います!

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第128回釧路出張その2 | トップ | 第130回北岳登山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事