Woodnoteな日常

京都発 小さな小さなCD制作スタジオの日々雑感です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奈良の休日

2019年10月30日 | 日々是好日
昨日(10月29日)は終日休みにして、毎年恒例の正倉院展を見に奈良へ。
毎年の秋の楽しみです。
あいにくの小雨模様ですが、かえって客足が遠のいたようで、
混雑のときには入るのに1時間以上待つこともありますが、このときはすぐに入れました。
正倉院展をじっくりと拝観し、さらに併設のなら仏像館も鑑賞、
この日はさらに奈良県立美術館にも足を伸ばして、たっぷりと目の保養をしてきました。

全部見終わるともう薄暗くなる時間。
いつもは近鉄奈良駅の南側、東向やもちいどの商店街あたりの店で食事する店を探すのですが、
今回はあまり行かない駅北側、奈良女子大方面に足を向け、おいしそうなスペイン料理屋さんへ。
まずは生しらすのアヒージョ!


ひよこ豆のトマト煮込み!


しめはバスク風あさりの土鍋ごはん!


白ワインとともにおいしくいただきました。
駅北あたりも穴場の店が多そうで、今後の探索が楽しみです。

目と舌で大いに楽しんだ奈良の一日でした。
コメント

台湾旅行(3日目)

2019年06月07日 | 日々是好日
台湾3日目、
朝のうちに、ホテルから歩いていける「行天宮」へ。
関帝が祀られているお寺です。

見よう見まねで地元の人と同じ様にお参り。
平日朝ですが大勢の地元の方がお参りされてました。

ホテルをチェックアウトして、MRTで一旦台北駅へ。
MRT空港線の台北駅には、航空会社のチェックインカウンターがあり、
空港まで重い荷物を運ばなくても、ここでチェックインと手荷物預けができます。
身軽になってMRT空港線で桃園空港へ。
13時過ぎのフライトなので、少し早めの軽めの昼食。揚げワンタンの麺があっさり味でおいしい。
つまみに買ったメンマもおいしくてビールが進みます。


空港でお土産買って、帰りもエバー航空。
来るときもそうでしたが、機内食がなかなかおいしい。
キティちゃんコラボなのが少々気恥ずかしいですが…。


2泊3日の日程なのであまりあちこち欲張らず、故宮博物院をメインにした旅行でしたが、
それでもグルメやプチ観光も楽しめた、中身の濃い旅でした。
比較的近くて安いので、これならまた行きたくなります。
再見!台湾。
コメント

台湾旅行(2日目)

2019年06月07日 | 日々是好日
2日目はこの旅のメイン、故宮博物院へ。
ツアーにせずフリープランにしたのも、ここでの時間をたっぷり取るため。
ツアーだと「たっぷり3時間」などとしているのもありますが、それくらいでは全然足りない。
一通り見るだけでも1日仕事です。

ホテルからMRTで士林駅へ。コナン君は台湾でも人気です。


バスを乗り継いで故宮博物院へ。

入場券を買うのに列ができてましたが、カード精算の自動券売機もあり、
そちらを使えば(日本語表記あり)すぐに入場できました。

3階建ての1室1室が、それぞれ並の博物館1館分くらいの規模があるので、
見ても見てもキリがないくらい。
館内はフラッシュ禁止、三脚禁止ですが、撮影はOKなので、みなさんスマホでガンガン撮ってました。
私もiPadでパチパチ。

まずは故宮博物院の代名詞の白菜(翠玉白菜)と肉(肉形石)!


そして汝窯の水仙盆!

このあたりが見られただけでも来た甲斐があります。
他にも教科書で見たような名作があちこちに。

ツアー客も多く、名品の前は混雑しますが、少し待てば人が少なくなる瞬間があります。
そういうときにはほとんど独り占め状態で名品を見ることができます。

昼食で一旦外に出るときは、出口で手の甲にスタンプ(普通は見えない、ブラックライトを当てると光る)を押してもらい、
再入場のときにチケットと手の甲のスタンプの確認してもらえばOK、当日限りは何度でも再入場できます。
敷地内のレストランで「牛肉麺」を。器が鼎の形なのは故宮博物院ならでは。


故宮博物院で出会ったキモかわいい動物たちです。








結局、休憩をはさみながら、朝の9時半に入場、夕方5時過ぎまで、およそ8時間、
目一杯満喫しました。


一旦ホテルに戻って少し休んでから夜市へ。
台北市内では何箇所か夜市があって、地元の人の夕食の場となっています(もちろん観光客も多数)。
ホテルから歩いて行ける「寧夏夜市」へ。賑わってます。

ここでは排骨飯と中華ちまきを食べてみました。

安くてうまいB級グルメです。排骨飯も75元(約300円)なり。

さすがにこの日はよく歩いて疲れたので、ホテルで早めに就寝。
明日はもう帰国です。
コメント

台湾旅行(1日目)

2019年06月06日 | 日々是好日
ホントに久しぶりに海外旅行です。
何年も前から「久しぶりに旅行行きたいねぇ」とカミサンと言ってましたがなかなか機会がなく、
この度ようやく都合をつけて海外旅行できました。
2泊3日の台湾旅行、短いながらしっかり楽しもうと計画しておりました。

台湾は治安も良く、交通網も地下鉄を中心に発達しているので、
ガイドなしのフリープランで申し込んだので、けっこう安く行けました。

まずは初日、関西国際空港へ。
便は初めて乗るエバー航空。

約3時間の快適フライトで台北の桃園国際空港へ。
現在は空港と台北市内を結ぶ地下鉄(MRT)が開通しているので、移動も便利です。
あらかじめ調べておいた交通系カード(EASY CARD)を100元でデポジット、500元をチャージしておきます。
これがあれば市内のMRTでの移動も、カードでピッ、で通れるのでラクラクです。
(しかも空港線を除くMRTは20%引きになるというオトクなカードです。)

台北駅からさらにMRTを乗り継いでホテルへ。
荷物を片付けて一息ついたら、いざ食事へ。小籠包で有名な名店、鼎泰豊へ行きます。
さすがに店の前は人だかりができてますが、整理番号をもらってちょっと待ってたらわりとすぐに入れました。
なにはともあれ、名物の小籠包を。

うーん、さすがにうまい! 中のスープが絶品です。

食後は有名な高層ビル「台北101」へ。
下から見上げるとすごい迫力です。

腹ごなしにショッピングフロアをすこし散策。

その後ホテル近くに戻ってもうちょっと食べようとしたら、ほとんどの店が閉まってる(意外と夜が早い)。
なんとか開いてたうどん屋さんに入って涼麺を。

名店ではないけど、B級グルメもまたうまい! しかも安い!(これで60元、240円ほど)

この日はこれでホテルに戻っておやすみ。
明日はメインの故宮博物院へ。
コメント

京都国立近代美術館「河井寛次郎展」

2019年05月18日 | 日々是好日
昨日は夕方から京都・岡崎公園の京都国立近代美術館へ。
金曜日は開館時間延長で夜8時までやっているので、夕方からでも余裕で見られます。

このごろめっきりこのあたりに来ることが減ったので、なんだか新鮮です。
公園に懐かしい京都市電があったのでパチリ。


さて、京都国立近代美術館では「河井寛次郎展」が開催中です。

だいぶ昔に倉敷の大原美術館内、民芸周辺の展示場で感銘を受けて以来、
「民芸」の作品は好きなんです。
今回の河井寛次郎展、かなりの作品数が展示されていて、
特に初期の大正期の作品が多彩で、自分の道を模索して切磋琢磨している姿が印象的でした。
もちろん後期のぽってりとした釉薬で描かれた抽象的な線と面も魅力的です。
展覧会内ではほかに富本憲吉、濱田庄司、リーチの作品も展示され、
さらに4階ギャラリーでは関連展示として棟方や芹沢の作品も見られ、
どっぷりと「民芸」の世界に浸ることができました。
コメント

奈良国立博物館「藤田美術館展」

2019年05月16日 | 日々是好日
昨日の京都は葵祭で賑わっていましたが、
それを横目で見ながら奈良へ。
前から行きたかった奈良国立博物館の「藤田美術館展」に行ってきました。
目当てはもちろん国宝「曜変天目茶碗」!


入場は待ち時間なくスムーズに入れました(ここでも学生料金でいけるのがうれしい)が、
中に入ってから、茶碗を見るのが行列で、約30分並んでようやく茶碗へ。
宇宙的な輝きに魅せられます。

他の茶碗や「紫式部日記絵詞」などの絵画作品、
仏像や仏典、尾形乾山や野々村仁清の陶芸作品などなど、
見どころ満載でかなり時間をかけてゆっくりと満喫してました。

写真はあまり撮りませんでしたが、
博物館に行く前に食べた、奈良の地場産野菜満載のピザ

の写真だけ撮ってます。
ヘルシーで美味しいピザでした。
コメント

もろもろバージョンアップ!

2019年04月30日 | ウッドノート・スタジオ
今日で平成が終わり、明日からは令和。
だからというわけではないのですが、このところパソコンまわりを大幅にリニューアル、
ソフトもいろいろバージョンアップしてみました。

きっかけはMac miniの不調から。
これまで音楽編集やDTP作業はMac miniを使っていたのですが、
だんだん起動も遅くなり、作業でもたびたびレインボーくるくるが回る状態、
でもなかなかMac miniの後継モデルが出ずにいたのでズルズルと引き伸ばして使ってましたが、
昨年末についにMac miniの新モデルが発表され、
充分検討してから、この4月についに購入!
前のシルバーから新モデルはグレーになり、精悍な顔つきになりました。


OSもこれまでの10.10.5からMojave(10.14.4)へ、
それに併せて、音楽編集ソフトのStudio Oneも3.5から4へ、
DTP関係もAdobe CS4から、Adobe CreativeCloud(2019)へ大幅バージョンアップ。
一気に最新版となりました。

続いてWindowsマシン、これはハードのほうは問題ないのですが、
Windows7のサポート終了問題が出てきたので、
これもOSをWindows10にバージョンアップ。
ソフトの大半は引き続き問題なく使えましたが、
データベースのファイルメーカーだけ10では動かず、やむなく9から17へとこれも一気にバージョンアップ。

いろいろ大幅にバージョンアップしたのですが、
いかんせん画面の見た目はほとんど変わらず、あまり新しくなった気がしない。
せめてディスプレイの背景を変えて、気分を変えてます。

これだけハードやソフトを入れ替えると、けっこうな出費になるのですが、
昨年秋から放送大学の学生となって3回目の大学生生活にはいっており、
大手を振って学生価格で買えるので、だいぶ助かってます。

いろいろ新しくなった新生ウッドノート・スタジオ、
令和に向けて発進です。
コメント

札幌出張!

2019年03月01日 | ウッドノート・スタジオ
札幌のマンドリン・オーケストラから本番のライブ録音を依頼され、
2月22日から26日まで、札幌に出張しておりました。
これまでのウッドノート・スタジオの仕事では一番遠距離です。

一路飛行機で札幌へ、中島公園近くのホテルに宿泊です。
だいぶ暖かくなってきたとはいえ、やはり雪が積もってます


会場は札幌市宮の沢にある「ちえりあ」というホール。
地下鉄駅から地下で直通なのが助かります。
お客様を入れた状態で録音するので大掛かりなマイクは立てられないので、
ホール設備の三点吊りマイクを使います。
↓こういうのです。


慎重に位置を設定して、23日のゲネリハ、24日のリハと本番をそれぞれ録音します。
ゲネプロ終了後の会場の様子です。皆さんまだ個別練習中。




23日ゲネ終了後は少し時間があったので、札幌といえばこれでしょうと、ジンギスカンを食べに。


食後は少し市内を歩いてプチ観光です。




24日は朝からリハ、そして本番と緊張の中進んでいきます。
本番も無事終了、やはり本番の演奏が皆さんの熱気があっていい演奏です。

本番後はみなさんと打ち上げで大いに飲んで遅くまで盛り上がっていました。
翌日はせっかく北海道まで来たので1日休みにして観光です。
小樽まで足を伸ばして、まずは小樽運河です。


小樽の地ビール「小樽ビール」でちょっと一杯。
醸造所がそのままビアレストランになっていて、なかなかいい雰囲気です。




また札幌に戻ってサッポロビール園へ。煉瓦造りの建物が美しい。
建物を見ながら限定醸造のビールでまた一杯。




夜は札幌テレビ塔から夜景を見る。遠くに大倉山のジャンプ台も見えます。


たっぷり北のグルメを楽しんで、26日朝にはリムジンバスで帰途に。
さらば札幌!

コメント

新譜「そよ風の中、自転車に乗って」2月発売

2019年01月29日 | ウッドノート・スタジオ

ウッドノート・スタジオ2月22日発売新譜のご案内です。
「角 圭司、松岡 滋/そよ風の中、自転車に乗って~佐藤弘和ギター二重奏作品集」
2016年に惜しくも早逝された佐藤弘和氏、その作品は今も多くの人に愛され奏でられています。
角、松岡による二重奏は、〈二重奏の楽しみ〉全12曲を中心に、その詩的、絵画的な世界を描きます。
詳細はこちらにて。


また発売日である2月22日に東京・GGサロンにおいてCD発売記念コンサートが開催されます。
詳しくは現代ギター社ホームページにて。
コメント

よいお年を

2018年12月31日 | ウッドノート・スタジオ
思えば2009年、49歳の時に前職を退社、約1年弱の準備期間を経て、
同年末、50歳のときに「ウッドノート・スタジオ」を立ち上げました。
ということで来年はウッドノート・スタジオも10周年、私も還暦を迎えます。
当初はほとんど仕事もなく、有り余る時間であれこれ録音や浄書の勉強を続ける毎日でしたが、
おかげさまで現在は仕事に追われて、ヒイヒイ言いながら仕事をこなす毎日です。
ここまでご支援いただきました皆様に厚く感謝いたしますとともに、
来る年の皆様のご多幸をお祈りしております。皆様、よいお年をお迎えください。

2018年大晦日

ウッドノート・スタジオ
笹井慎二
コメント