森にかこまれた高知の積み木 キュウブ君だより

木の積み木から生まれた、井筒屋キュウブの日記です。高知のいろんなくへ行ったり、高知のもんを紹介するきね。

亮太君

2008年01月08日 | 積み木と子どもたち
高知県の亮太君(9ヶ月)です。
まだ積み木を積んで遊ぶことができないので、
なめたり、両手で持ってカチカチ鳴らしてみたりして
感触を楽しんでいます。

「開けたら優しいヒノキのにおいがして自然を感じたよ。
あと、積み木の一つに名前が彫ってあるのはうれしかったよ。
名前があると、なんか大事にしてしまうよね!
それから積み木の高さが全部同じなので、
片付ける時のはめかたが何通りもあるのは
親にも子供にもいいんじゃないかなって思いました。」

~亮太君のお母さんより~
『ベビー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 鳥? | トップ | ありがとう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

積み木と子どもたち」カテゴリの最新記事