F1  アジサイ

2018-07-05 21:48:23 | 

 

 

 

 

 

 

 


額縁のように花が咲くことから。集(あづ)と真藍(さあい)が変化した。紫陽花の名の由来。

これは、葉に斑が入っている。


突然、帰って来て、又、慌ただしく旅立ちますが、又、帰って来ますので、よろしく~。


F1.




コメント (1)

434   バラ  p・Ⅲ

2018-06-19 00:05:03 | 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バージョンアップしたら、パソコン固まった。それに、追い打ちをかけるように、様々な

トラブル大発生。取り敢えず投稿しましたが、暫し休暇に、入ります。

またの機会に、お目にかかれる事を、楽しみに。

それまで、お元気でお過ごしくださいね。


1.

 

2・

 

3・




 

 

 

コメント (1)

433   アルストロメリア

2018-06-14 07:00:21 | 

 

 

 

 

 

 

 

 


原産地はペルー、チリからブラジルにかけての広大な地域に60種類くらいの分布があります。

日本への渡来は明治初期~大正期に何種類かが入っています。別名「インカの百合」。

和名はユリズイセン(百合水仙)・夢百合草

花言葉は、未来への憧れ・エキゾチック・持続・気配り。との事。


1.


2・


3・


4・







コメント

432   ハイビスカス

2018-06-13 08:44:13 | 

 

 

 

 

 

 

 


中国のバラの Hibiscus は、 エジプトの神「Hibis」と ギリシャ語の「isko(似る)」

が語源らしい。

原種は、ハワイ諸島、モーリシャス島に数種が分布しますが、ハイビスカスの基本種とされ、

沖縄でブッソウゲ、アカバナなどと呼ばれて親しまれている

ヒビスクス・ロサ・シネンシス(Hibiscus rosa-sinensis)は、

原種なのか人工的につくられた交配種なのか定かではありません。

花言葉は、「繊細な美」「新しい恋」「微妙な美しさ」

「勇気ある行動」「私はあなたを信じます」との事。


1.

 

2・

 

3・




 

コメント (2)

431    ニゲラ

2018-06-12 07:47:04 | 

 

 

 

 

 

 

 



ラテン語の 「Niger(黒い)」が語源。古代エジプトでは3300年も前から愛され

スパイスとしても大切にされてきた植物。

英語で「Love-in-a-mist(霧のなかの恋)」とも呼ばれ、

花言葉の「当惑」はこれにちなむといわれます。

和名: 黒種草(クロタネソウ)との事。


1.グラディスの様に歌えたら…。


2・


3・





 

 

 

 

コメント