写進化・ヲアニーの徒然日記

秀峰大山を中心に山陰地方の風景等を掲載。
ときどきは親父ギャグを交えた米子弁のコメントもあるよ(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[コケま会and写狂会合同臨時総会]八重垣神社にて

2008年10月20日 | 山陰の名所旧跡・観光地・風物
山陰コケまくろう会と山陰写進化狂会合同臨時総会は、松江市の風土記の丘公園に集合して開催しました。
いよいよtakesan情無理事の新しい自転車の試乗を兼ねて、まず向かったのは八重垣神社です。
私は老留守露椅子で先乗りして、ひとまず八重垣神社で待つことに。待ち時間を利用して、その周辺で写進化活動をしました^^
駐車場で見つけたトンボです。


2か月ほど前にUPしたので、そう変わり映えしませんが。。


下から2番目は、狛犬評論家のtakesanさん曰く、来待(きまち)石でできています。
今回は、”出て~~ル”写真でUPです^^;
(これは山陰の写進化狂会怪員とSDTMさんしかわからないギャグですが・・

写真を撮っていたら、takesan情無理事から元気な声で携帯に電話が
ここまでは平坦な道だから順調に来ているようで^^;
続く・・

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« コケまくろう会and写進化... | トップ | [takesanさんの荒行随行記]... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マシンガン)
2008-10-20 22:43:06
一番最後の写真の出て~~ルをもうちょっと大きめに・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ(by takesanさん)

あの間に結構撮られてたんですね^^
って、結構お待ちになられたのでしょうか?(^^;)

来待石で造られた狛犬は、このような状態のものが多いですね。
人間の寿命と同じくらいしか耐久性がないって、どこかで見たことがあります。
Unknown (takean)
2008-10-21 17:59:10
来待石は柔らかいので細かい表情(ディテールが出て~るので(爆))
が出て好きなんですがいかせん長い月日の風雪には耐えませんね。

神社の奥を散策してみれば古い何世代前の狛犬が置いてあるところもあります。

ここではないのですが荒島石で作った狛犬はそれこそコケ生して良い表情のもありますよ。(笑

揖屋の揖屋神社(えびすさんが夜な々通った別嬪の姫さんのところ(爆))は来待石の狛犬ですがお勧めです。(笑
マシンガンさんへ (ヲアニー)
2008-10-22 20:08:58
ここでも、こんばんは(^^)
私がここへ着いてから、15分ほど後に4人は来られたでしょうか。
まあ、ベテラン写進化ともなると、この短い時間でも感動あふれる写真が撮れるものなのですよ

>一番最後の写真の出て~~ルをもうちょっと大きめに・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ(by takesanさん)
ありゃ、本当に情無理事のリクエストですか
じ・じ・実は、最後の写真は出て~~ルっぽく撮ろうとマクロレンズに交換しようと思ったのだが、この日は持ってきてなかったのですよ^^;
もっとも、私の奥ゆかしさから出て~~ル写真は無理だったでしょうが(爆)

来待石は、この後takesanさんの蘊蓄が語られていますので、篤とご一読を。
耐久性がないだけに、柔らかく細工もしやすいでしょうし、見た目にも優しさを感じさせるのが来待石ですね。
takesanさんへ (ヲアニー)
2008-10-22 20:13:52
こんばんは(^^)
レスが遅くなり、申しわけありません。
荒行を進んでされる意思の堅いtakesanさんに、柔らかい来待石の蘊蓄をありがとうございます。

荒島石というのもあるのですね。
揖屋神社の狛犬をここで公開されたし、しかもべっぴんのお姫様、荒島石でつくった狛犬は苔むしてよい表情・・と読むと、だれかさんは早速その神社に行って狛犬を荒ラシマクルかもしれませんよ(笑)
私が、写進化活動と称して警備することにしましょう(爆)
Unknown (まっちゃん)
2008-10-22 22:36:13
きっちり写進化活動されてますね。
我々のスピードに合わせられるのも大変だったことでしょう。

実は私、この狛犬というものに全く興味もなかったのですが、あまりに皆さんが撮られるものですから
今度から撮ってみようかという気になってしまいました(笑)
怪長は自転車に乗るお姿も結構さまになってましたから、次回からはママチャリで参加でしょうか?(爆)
まっちゃんさんへ (ヲアニー)
2008-10-23 20:39:19
こんばんは(^^)
短時間でこれだけの写進化活動ができるとは、さすが怪長ならではの仕業なのだ(爆)
>我々のスピードに合わせられるのも大変だったことでしょう。
いやいや、荒行に取り組むtakesan情無理事の後ろ姿を見て、感涙にむせびながら伴走してましたから。あっという間に目的地に到着した感じでしたよ(爆)

私も、皆さんの写真を見ながら、いいところは貪欲に盗もうと思っています。
どうも、あのコースをママチャリではねぇ・・(笑)
珈琲タイムの間にゆるポタさんの自転車に試乗させてもらいましたが、どうもペダルを漕ぎながら足が窮屈に感じたのですよ。やはり、足の長さが歴然としてわかりましたよ(爆)

コメントを投稿