写進化・ヲアニーの徒然日記

秀峰大山を中心に山陰地方の風景等を掲載。
ときどきは親父ギャグを交えた米子弁のコメントもあるよ(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【連載2】鯉が窪池とその周辺

2006年06月30日 | 自然
鯉が窪池の名のとおり、鯉がたくさん棲んでいます。
この池は、三百年以上前の元禄8年(1694年)に灌漑用水池として築造されたそうです。
池に到着したときは、年配の方々の団体客が、餌をそれぞれ与えておられました。鯉もなれたもので、人が来ると餌をもらえると思って、遠くの方から続々と近づいてきました。



池の周辺を散策してみました。
今回は、周辺の様子を以下紹介します。












パンフを見ていたら、「鯉が窪湿原保護保存要旨」として、以下の4項目が書いてありました。
参考までに掲載します。
1.湿原並びに池辺の湿性植物及び水生植物(池中も含む)の採取・刈取りの禁止。
2.湿原並びに池の周囲に設けた歩道は通行してもよいが、オートバイ・自転車等での通行は禁止。
3 この地域内でのたばこは休憩所のみとし、それ以外は禁煙とする。また、たき火は禁止。
4.湿原内は専ら木橋を通行し、湿原内への立ち入りは禁止。(一度踏みつけられた植物は復元するのに、長い年月がかかる。)

このところ山陰地方も暑い日が続いています。
ここへ行った日も天気がよかったのですが、池を見ていると涼感が伝わってきました。

明日は、湿原や池周辺で出会った植物などを掲載します。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 【連載1】鯉が窪湿原 | トップ | 【連載3】鯉が窪湿原の植物... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東京には (SDTM)
2006-06-30 07:43:25
★ 恋ヶ窪という地名があります。

  え、名の由来はわかりません。
ぜひ、自転車を (ゆるポタ)
2006-06-30 19:47:53
買いましょう(^^)

絶対今までと違う物が見えてくるはずです。



なんか話を聞くと、ほった兄貴も自転車で写真を撮ってる

そうじゃないですか。

少しでも自転車に乗り続けてると、知らないうちに20km

ぐらいは走ってしまいますよ。



記事と関係無いコメントですいません(^^;
こんばんは~~ (kiyomik)
2006-06-30 21:26:50
きょうも、暑かったですね^^  今、ようやく、雨が・・・



ここは、かなり、大きな池なんですね~

緑の木陰のなかやら、周辺を歩きながらの散策も楽しそう♪

写真を拝見してると、あ~~、行ってみたいですね(笑hehe!

SDTMさんへ (ヲアニー)
2006-06-30 21:36:02
こんばんは(^^)

確かにそういう地名がありますね。東京に住んでたころ聞いた記憶がありますが、勉学に励んでいて?、ロマンのある地名だとまで考えたことなかったなぁ。。。(^^;)
ゆるポタさんへ (ヲアニー)
2006-06-30 21:40:24
こんばんは(^^)

ウ~~ム、煽られるなぁ^^;

実は、バイクか自転車か迷ってもいるのですよ。バイク通勤してたこともあったのですが、十数年前、冬場に橋の上でスリップしてスッテンコロリンしちゃいました。

あれ以来バイクは処分したのですが、手放さないのがよかったのにと、ちょっと後悔しています。

コメントが財産ですよ。書き込みありがとうございます。
kiyomikさんへ (ヲアニー)
2006-06-30 21:51:49
こんばんは(^^)

そうですね、今日も暑かったですねぇ。

えっ、雨が?今夜は9時前に帰って、先ほど夕食を終えたのですが・・・ちょっと失礼。

・・・今、外を見てきたら、そうですね、お湿りがあったようですね。地面も濡れてます。

帰るときは降ってなかったのですが。kiyomikさんのお家とそんなに離れてませんが、ほんのちょっとkiyomikさんのところが高台だから、天候も少しは違うかなぁ(^^)



植物の植生がいまいちと思いましたが、恐らく7月以降がよろしいかと思います。ぜひご主人におねだりして、連れていってもらってくださいね(^^)

私は、ヲアネーにレンズをおねだりします~~^^;

コメントを投稿