日本共産党相模原市南区青年支部長☆羽生田がく

相模原市南区から市政に挑戦します☆
がんばります!( ´ ▽ ` )ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログお引っ越し

2015-02-06 01:04:42 | 日記
羽生田がくです。
私のブログがお引っ越ししました。
(* ̄∇ ̄)ノ
今度、新しく
http://haniuda-gaku.blogspot.jp/?m=1

今後、記事は新しい方に書いていくことになりますが、
私にとっても大切な過去の記事や、みなさんとのコメントの
やりとりの記録はきちんと残ります。

新しいブログでも、
今後ともよろしくお付き合い願います☆
コメント

『待機児』定義を大改悪

2015-02-03 23:18:29 | 日記

羽生田がくです。

赤旗記事
2/3

『 待機児定義を大改悪
「育休中」も除外
見せかけの《数減らし》

厚労省は、4月実施の子ども子育て支援新制度を機に、認可保育所にはいる資格があるのに入れない待機児童の定義を大改悪し、名ばかりの待機児童減らしを進めようとしています。』

相模原市も待機児童を見せかけの数減らしで、500人の待機児を93人にしているといわれています。

○相模原市は市の認定保育所に入っている、親が求職中の場合は待機児となりません。安心して預けられなけば、親も安心して働けません。
社会が、しっかりとした環境で子どもを育てるべきだと思います。
コメント

予算要望申し入れ

2015-02-03 17:48:01 | 日記
羽生田がくです☆

政府補正予算における地域住民生活など緊急支援のための交付金を活用した施策の実施要望について(申し入れ)


私はブラック企業・ブラックバイト対策に関する取り組みを要望しました。

神奈川県は『若者の使い捨て撲滅かながわ宣言』を発表しチラシやリーフレットを作成しブラック企業根絶に取り組んでいます。
相模原市でも、『若者使い捨て撲滅宣言』発表し県と同じように取り組んでもらうよう要望しました。
コメント

暴力の連鎖のぞまない

2015-02-02 19:13:38 | 日記
羽生田がくです。
赤旗記事、2/2

『哀しみと抗議 官邸前
過激組織イスラム国が、ジャーナリスト後藤健二さんを殺害したことを受け、哀しみと抗議の官邸前サイレントアクションが1日、首相官邸前でおこなわれました。許すな!憲法改悪・市民連絡会が呼びかけたもの。冷たい風が吹き付けるなか、200人がわたしたちは報復の連鎖はのぞみませんなど、後藤さんを悼み、平和を願う思いを込めたプラカードを握り締め、アピールしました。』

心からご冥福をお祈りいたします。

わたくしは、後藤さんのお母さんが言うように、その哀しみが憎悪の連鎖とならないように、戦争にならないようにしていけたらと思います。
2人が拘束された10月ごろから今日にいたるまでの情報があまりにも、国民に知らされていないのが気になります。あまりに唐突な出来事ですし、
取り引きの期限が短すぎるのではないでしょうか。
政府の対応のすべてを公表すべきだとおもいます。
コメント

最低賃金時給15ドル

2015-02-01 23:05:55 | 日記

赤旗記事
『2015年2月1日(日)
最低賃金時給15ドル
63%が賛成
米世論調査 【ワシントン=洞口昇幸】米世論調査会社ハート・リサーチ・アソシエイツがこのほど調査した結果によると、2020年までに米政府規定の最低賃金時給7・25ドル(約857円)を時給15ドル(約1775円)に引き上げることに賛成する回答者は、63%となりました。

 同調査会社は1月5~7日、成人1002人を対象にインターネットを通じて調査。結果を14日に発表しました。

 調査では20年までに引き上げる最低賃金の額をいくつか示し、賛否を問いました。最低賃金時給12・5ドル(約1479円)まで引き上げることへの賛成は75%、同11ドル(約1301円)までの引き上げへの賛成は71%でした。

 12年の大統領選時に野党・共和党が与党・民主党より多くの票を得た州だけをみても、同12・5ドルまでの引き上げの賛成は70%となっています。

 最低賃金を毎年、生計費の水準に合わせて調整・引き上げることへの賛成は82%でした。

 連邦議会の上下両院を共和党が多数を占める中、オバマ政権は最低賃金時給を10・10ドル(約1195円)に引き上げる法制定を議会に求めています。』

私は、最低賃金が倍もあがるのは、賛成するのは100%だと思うのですが
63%しかないんですね。
色々考えたりしてしまうのでしょうか。
最低賃金時給1000円を目指して日本共産党は国に訴えています。
現実に生きていくには時給1300円は必要ですね。
コメント