イヨ、サラバ

大好きなカステラをおなかいっぱい食べられる日まで
〜胃なし生活の記録〜

冬から春へ

2016年02月03日 | 術後6年~

本日発送の3件。
入園・入学準備の時期になり最近注文増で毎日ちくちく製作中。



今日は節分ということで恵方巻きを買おうか迷ったものの結局買わず。
いわいうたやさんの今月のメルマガコラムのお題が 「えほうまき」 だったので
恵方巻きについて調べたところ、
どうも商業戦略によるところが大きく、古くからの風習でもなさそうなので
高いお金払ってわざわざ買うほどでもないかな、とまた貧乏性 ・・・ いや節約節約。

その代り年越しそばの残りがあったので 「節分そば」 を食べた。
年越しそば同様 「細く長く生きる」 とか 「厄を断ち切る」 と言った意味があるらしい。
‘ちょん’の大好物のけんちん汁にした。

おそばだけじゃさみしいので、簡単に手巻きのり巻き。
酢飯を作るのが面倒だったので単にのりに温かいごはんと具を巻くだけ。
大葉の上に娘たちの好きなかにかまやチーズ、
それからスーパーの味付き肉(青椒肉絲)を焼いて巻き巻き。
のり巻きだとなぜか、みんないつもよりたくさんごはんを食べるから不思議。

あとはでん六豆とポリッピースパイシーをつまんで、夕食後に豆まき。
大豆か落花生かが毎年話題になるが、我が家は外にまくのは大豆。
娘たちが小さい頃、家の中で巻くときは落花生だったけれど
落花生を外にまくのは目立ち過ぎかなと。
ちなみに新潟県は落花生をまく方が多いらしい。
それは家の中でのことなのかな?

朝明るくなるのが段々早くなり、夕方暗くなるのも段々遅くなり、
まだまだ寒いけれど、季節は春に向かって少しずつ移り変わっている。
明日は立春。
豆まきで邪気を追い払ったことだし、新たな気持ちで一歩前進。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 乾燥注意報 | トップ | ■高2女子のお弁当 ~2月5日 »
最近の画像もっと見る

術後6年~」カテゴリの最新記事