Gymnos ethos ~まっさらな気持ちで~

日記:
心に思ったことを隠さずに吐露したり
発見したこと思いついたことを包み隠さず
書き込むページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

注目のゲーム「Rain」とその歌声の主

2013-10-08 04:34:20 | Weblog
課金ゲームって世知辛いというか、やっぱり「お金」っていうのを意識しちゃいますね。

「基本ゲーム無料です」って言われてもやっぱりゲームをやっていると、



ああ、あのアイテムがあれば・・・。


って思うんですわ。 で、それはお金を払うと容易に手に入っちゃう。

いいよねー。って思うんですけど。。なんか製作者の下心を感じてしまう。

そりゃー お金がわんさかある人は楽しめるんでしょうが、そういうことじゃない。

金銭感覚が麻痺していなければ、一つのゲームに1万、2万平気で「ぶっ込める」ものなのかなぁって思うわけです。



俺は・・・いやだね(byすとらとす)


最近、モンハン出ましたがね。新しいの。え?遅い? 3DSはタイで盗まれちゃって(紛失した??)…追いかけてないんですが…。

なのでドラクエのブラウザゲームをやってます。。ええ。「モンスターパレード」ね。あれも基本無料で出来るからオトク感があるんですが。。
既に2000円くらい課金しちゃいました(負。 いや、もう課金はしないぞ!

ニコニコを見ていて宣伝を目にしてふと、気になったゲームがあります。


「Rain」

9月って梅雨の6月以上に雨降ります。以前、ネプチューンが出ているクイズ番組で

「月間雨量第1位は何月?」

って、選択問題があって、選択肢は、

1.6月
2.7月
3.8月
4、9月

だったかな?

で、回答者は8月を選んでた(と記憶している)。そのときのコメントは「6月だと普通だから」とか、ありきたりだから、とか言ってた。

回答者が女の子でみんなが「そーかー」って反応してたけど、なんだか最終問題って感じの山場の問題だったから、僕だった

8月なわけ、あるかーーーい!!!ってツッコミいれてたね。

やっぱり秋雨前線の凄さはハンパ無い。台風とかもあって、シトシト降る6月よりも降水量が多いんだね。


で、そんな多雨の時期である9月に宣伝していたゲーム「Rain」。。

雨が振り続く夜の街を男の子とと女の子が怪物から逃げ惑うゲームっぽいんですが、僕が心を奪われたのは、その透明感のある映像もさることながら、


音楽です。


ドビュッシーの「月の光」をベースに透き通った少女の歌声が夜の街に澄んで行く感じ。

この「月の光」すっごい好きな曲で、これを中学くらいに聞いてピアノを習って弾こうって思ったくらい好きな曲なんです。



そんな「月の光」にさらにメロディーを追加して別の曲にするとは… 作曲家ってすごいっすね。

さながら月の光が漏れいずる夜に滴る雨。その下で穢れない少女と少年が街の中を楽しげに進んでいくような。。

そんな“絵”を想像してしまいました。まあゲームがそういうゲームっぽいんですが。。

で、その追加のメロディーを歌う少女が


「コニー・タルボット」という少女。

すごく可愛くて透き通った声を歌うんですが、今、コレを書いているちょっと前に、イギリス版「アメリカンズ・ゴット・タレント」である、
「ブリテンズ・ゴット・タレント」って番組の成功者(オーディションに合格した人)の動画をようつべで見ていたんですわ。

タレント発掘の公開オーディション番組なんで、出場者がへっぽこなパフォーマンスをやるもんなら容赦ないコメントが返されるわけですが、

私は、かの有名なスーザン・ボイルの流れで、「ポール・ポッツ」さんの映像を見ていたわけです。曲はテルマエ・ロマエにも出てきた有名な「誰も寝てはならぬ」ですね。
おっと曲名忘れていましたのでメモメモと。

自信を持って/ポール・ポッツ (日本語字幕つき)


を見ていたわけです。訳した人の仕業かと思いますが、
真ん中の審査員が動画の最後に、言った一言が、おいおい、って思いましたよ。


で、、、その後にたまたまリンクページで見た動画がこれ。。。

見よ!この少女の歌唱力を!

まだ幼い声ですが、儚くて透き通った声がとても魅力的でした。何よりもカワイイもんね。笑顔が。。




動画の中で何度も「コニー」「コニー」って呼ばれてました。
つい最近見た動画でも「コニー」って出てきたなぁっと思っていたら…。

ずごい。「Rain」のテーマソングを歌っていたのでした。



これが分かった瞬間、涙が。。。い、いや、これは汗ですよ。たぶん。目から汗が・・・。

ほんと、ポールポッツさんもそうですが、人生ってわかんないですね。

最近辛いなぁって思うことがあって、現実逃避してタイに思いを馳せる日々が多いんですが、
あきらめずに生きていこうと思いました。

コメント