ぶらつくらずべりい

短歌と詩のサイト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

短歌。ときどき思い出しては色々と想像する。

2018-01-11 18:59:07 | 雑感
一生に一度ひらくという窓のむこう あなたは靴をそろえる
「ひとさらい」笹井宏之

一生に一度ひらく窓。

一度ひらき、そして閉まると永遠にひらかない窓。

不可逆。

窓のむこうの世界で靴をそろえて待つ人。

その世界を僕が想像する時、いつも光に溢れていて、ほとんどぼんやりとしかあなたが見えない。

あなたは女性だ。

ベージュのカーディガンと白のブラウス、麻のロングスカートが余計にあなたをぼんやりとした光のオーラでぼやけさせてしまう。

それを見ている僕は六歳にも満たいない少年だ。

しばらく見ているとその女性は腕を広げる。

近づこうとするけれど、何故か動けない。

とても、強い力でこちら側の世界に引っ張られる。という訳ではなく何とも説明のつかない不思議な麻酔を注射されたように動けない。

しばらくそうしていると、外側を覆うもののない僕の純粋な中身だけが窓を通る。

あなたの腕が僕の中身の背中に触れる前、つまり抱かれる少し前で終わる。

抱かれてしまえば、窓は閉まるだろう。

だから、靴は履かない。

履けないのだ。

靴はそのままの状態である。

必ずいつか僕はそちらの世界に行き、その腕に抱かれるだろう。

待ってくれている女性を想像すると、この世界にいる僕は一息つける。

ほんの一息だけれども、深い一息を。

それは救いだ。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌。

2018-01-10 13:21:58 | 雑感
短歌。

少し長くて少し短い。

日常的な思考パターンでは読めない。

そして、日常生活において目に触れることはまずない。

なかった。

ほぼ皆無。

絶無?

意識的に手に取らなければ触れられない。

そして、触れる人を選択する。

まるで予め定められた恋人のように。

別れてしまえば、再会を躊躇する。

再び触れればそれと分かるのか。

また躊躇する。

読むことはあなたに触れることだから。

一人に慣れた私には扉のない壁のようだ。

ノックする場所もなく、脚立もなく、ただ天辺を呆然と馬鹿みたいに見上げて立ち尽くすだけ。

とりあえず、歌集を持ち歩こう。

そして、少しだけ盗み見よう。

あなたの内側の断片を。

罪の意識を抱きつつ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短歌。

2018-01-09 21:25:40 | 
短歌に触れたいと思う。

切実に思う。

まずはストレッチをしなければ。

歌集を読もう。

それも沢山。

沢山をひらがなにすると意味が変わる。

たくさんだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩、はははは、はははと言うわけではない

2017-06-22 08:31:23 | 
冷蔵庫の氷の落ちる音

新聞配達の自転車のブレーキの音

梅雨の雨が寝室の窓を打つ音

君のささやくように僕を詰る音

目をきつく閉じると黒く塗り潰された世界

嘘が嘘の重さで僕に存在していた頃

愛という嘘がたくさんの詐欺を働き

集められた愛が一ヶ所に集められて

あっという間にコンクリートに固められる

そうして次々にビルが建って

この世界は存在している

シンガーソングライターでそのビルに火をつけて

シンガーソングライターはライターです

ライターではないので

火はつけられないのです

僕の孤独には


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩、数の風

2017-05-07 08:53:57 | 
見たい夢は見ない

見たくない夢だけを選んで見る

車の窓に黄砂、鳥の糞、ワイパーの筋

眩しい光り

目を閉じると見える閃光

その後の闇

一人で進む

思考の闇市

買って帰る猿

バカな猿

貪欲でうるさい猿

猿を蹴る

思考を留める

また一人だ










コメント
この記事をはてなブックマークに追加