ウイズ矯正歯科 矯正歯科情報・医療情報と グルメ、気になる話題

札幌市の矯正専門医のきままなブログ。矯正治療のあれこれや、医療情報などをリアルタイムで更新します!

小児の腸の病気「腸重積」 早期発見へ診療指針

2011年08月09日 18時27分42秒 | 矯正歯科と医療情報
 子供の「お腹痛い」という訴えには、「何かへんなものを食べたか?」「ウンチをすれば治るのでは?」といった大人と同じような対応では命に関わることがあります。
 小さなお子さんをお持ちのお母さん方へ、少しでも命に関わる小児の腸の病気の早期発見できるような記事がありましたので、ご紹介させていただきます。朝日新聞を参照しました。


http://www.asahi.com/health/news/TKY201108050679.html


   ************************************************

 上図:小児腸重積症の特徴拡大小児腸重積症の特徴

 乳幼児に多く、腸がふさがり重症化すると死亡することもある腸の病気の診療指針を、日本小児救急医学会がまとめた。国内では毎年3千~4千人の患者が出ている可能性があるが、早く見つければ手術が不要なケースが多い。指針では、家庭でも気づくような病気の兆候などをまとめた。

 この病気は、腸の口側の部分がお尻側の部分の中に入り込むことで起こる小児腸重積症。多くは原因不明だが、乳幼児での代表的なおなかの急性疾患の一つ。

 病理解剖統計の分析によると、過去20年間で少なくとも50人が死亡している。早く発見すれば、空気を使って腸の内側から、はまり込んだ部分を押し戻すなどして治せる。しかし、発見が遅れて病気が進むと、腸が壊死(えし)し、腹膜炎やショックで、死亡することもある。

 病気は広く知られていたが、病院により治療法にばらつきがあり、小児救急医学会の委員会が2004年から指針作りを検討。診断基準や重症度の評価方法、症状に応じた指針を作った。

   ***********************************************

 お母さん方が、少しでも知識があるとないでは大違いです。
 おかしいな!と思ったら、気軽に相談できる「かかりつけ医」も作っておくのも忘れずに!!

 ウイズ矯正歯科は新札幌と中標津に診療室を持つ矯正歯科専門医です。
 初診時矯正相談は無料です。 
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 水洗トイレで発電:ビルをダ... | トップ | 腸内洗浄には健康への便益は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

矯正歯科と医療情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事