おもむくままに・・・!

ゆったりと、流れのままに、拾いもしない、捨てもしない・・・。 おもむくままに・・・そして私がいる。

懐かしむ

2017-09-11 14:31:14 | Weblog


今日は 義務的なことのひとつもない日

わたしが 私になって

空を飛ぶ日 休日


早くから目覚め

昨日届いた 手紙を読み

コーヒカップを手にしながら

気づいたこと


そういえば 手紙なんて ながいこと書いてない



文字を手書きでつづることが

なくなって

思いを伝える 手段が

タイピングすることに代わってから

その 思いすら 機械的になってしまってないか



「字は体をあらわす」という言葉が

死語になりつつあるいま

文字を目で追いながら 書いた人を偲ぶ行為すらなくなって


年に一度しか出さない

年賀状すら 手書きがほとんどなくなり

印刷の文字の最後に

一言 会いたいね とあると

それが 数千倍の思いに感じてしまう

そんなことを 思い出して

コーヒの 冷めていくのを忘れた時間であった




ーちなみに 届いた手紙は
タイピングされた クラス会の案内状なのだ
幹事の人の 手書きの添え書きが 見たかったなー


彼岸花
花言葉 再会
コメント (4)

これからも・・

2017-09-11 06:35:08 | Weblog


背中を押されるようにして

飛び出した舞台の上で

私は ひとり芝居をくりかえす




観客は あなただけ

プロンプターもない

相手役は 初めから設定なし

私の 一挙一動は

あなたの網膜に 永遠の姿をとどめ




その記憶の中の私であるために

またしても 

つらい道を選ぶかもしれない




輪廻転生の意味を

遺伝子として胸に蓄え

幾度よみがえれば

わたしは 私に戻れるのだろう



むつかしいことは何も聞かず

語りたくないことは

口の端にもうかべないで

ありのままの私であることを




素のままで 

いることを

心地よしと思える時間を

この手に


インパチェンス
花言葉 目移りしないで
コメント (4)