おもむくままに・・・!

ゆったりと、流れのままに、拾いもしない、捨てもしない・・・。 おもむくままに・・・そして私がいる。

その時がくるまで

2017-09-04 19:07:48 | Weblog


まるで

柱時計が 時を刻むような

正確な 鼓動に 耳を傾けながら

明日を語るとき




裏切ることのない 約束が

心の宝箱に 収まり

タイムカプセルさながらに

次の時代の 到来を待つようだ




人の心の 移ろいやすさは

だれもが 知っているから

その部分には触れないでおこう




決して 

移ろうことは

罪ではないのだから

目を背けないで 見つめていよう





山川や 海や島を

花や 木や 愛する動物たちを

語るときの目は かがやき

大きな 自然の営みの恩恵を

まさに 感じる瞬間であることを

覚えておこう





同じように 

巡り合ったことへの

感謝を 

語り合うときのために

ベニヒモノキ
花言葉 気まま
コメント

満月のまえに

2017-09-04 06:41:48 | Weblog


あなたの言葉は

露ほどの 湿りも帯びていないのに

わたしの心に届く時は

堰が切れれば 大河となるほどの

想いがあふれている






いつもあなたは 

端的に

その主観を説き





それだけでは

とても哀しいことなのです





物語は 

哀しい心からうまれて

満月になるまでに

心に 満ちる





けれど

けっして 月に向かって

吠えたりはしない





大人になると

誰もが 素直さに憧憬を持つようになり

忘れてきた魂の嘆きを

無関心にすり替え

憧憬すらも

気づかれまいと

取繕う






月が満ちていくように

緩やかでいい

素直な心に返っていきたい






月に向かって

吠えてみたい


アメリカデイゴ
花言葉 童心
コメント (3)