けあバカ日誌

けあバカ(介護バカ)です。重度の障害を持っている方々の支援をしています。そんな「にじむすび」の仲間を大募集しています!!

認知症?発達障害?高次脳機能障害?

2012年06月11日 | 日記
こんにちは。


今日は大学で目からうろこの話がでました。


いやあ、自分の無知な状況が露呈されました・・・。


さて、

認知症

発達障害

高次脳機能障害




の違いについて、私は大きな勘違いをしていました。



以前の私はこのように理解していました。


認知症・・・高齢者の病気

発達障害・・・先天性、後天性の児童期までに発症する障害

高次脳機能障害・・・以前もブログで書きましたが、脳へのダメージ(交通事故、病気など)により高次の脳が行う機能(判断する、判別するなど)に障害がある状況


このように考えていました。


それがですね、実は全て症状は一緒だったということです。


つまり、単純に原因はいろいろありますが、発症時期の問題だけだったということを聞いて


え!!!


って思ってしまいました。


英語で表記しますと


demetia(デメンチア  痴呆)


という状態です。


英語では一つの表現であるのに、日本はいくつもの表現に別れます。


発達障害はおおよそ成長が安定する18歳から20歳前に起こるdemetiaであり、それは病気や先天性の障害にとどまらず、今まで一般的な発達段階を経ている状況でありながら、16歳や17歳で交通事故に遭い、demetiaが現れると発達障害という区分になります。


さらに、成人となってから、老年期までに原因がなんであってもdemetiaが現れると、高次機能障害という区分になります。


更に、老年期でdemetiaが現れると認知症となります。


私自身も認識不足、認識違いがあったので、正直



??????

!!!!!!



っていう感じで聞きましたが、確かに言われれば理解もしやすい部分もあります。


しかしながら、日本人は繊細な人種だと感じました。


痴呆という言葉が差別を呼ぶということで、痴呆症が認知症となりました。

さらに、発症時期により同じ症状でありながら名称が変化します。


更に、同じ症状でありながら、利用する制度サービス支援などが変化してきます。



人を傷つけないように配慮するいい部分もありながら、非合理的で回りくどい感じもあります。


そこらへんがいかにも日本人らしいですね。


さて、今日も日本人らしく、最後に残った一つとなったおかずは、誰が取るか見守りたいと思います(^^)




最期まで読んでいただきありがとうございます。
クリックにご協力ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

福祉・介護 ブログランキングへ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 失禁って?? 知っていて損... | トップ | 森林、畑、若者、子供、老人... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えーと (赤りんご酢)
2012-12-07 07:36:19
それぞれの障害のMRI見たらいいと思います。
全く違うんで
ありがとう (けあ)
2012-12-13 08:10:28
えーと(赤りんご酢)さん。コメントありがとうございます。そうですよね。私もそのように理解していました。でも欧米のくくりが大きく括られていると知って、びっくりしたという内容の話なんですよ。日本人のほうがケアに対して繊細ということなんでしょうかね???
教えてください (プリン)
2015-05-24 07:14:31
それぞれの違いは判るんですが、ケアの方法の違いが分からなくて困っています。リハビリとかは違うと思うのですが、ケアも?大学でそのような話は出ませんでしたか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事