けあバカ日誌

けあバカ(介護バカ)です。重度の障害を持っている方々の支援をしています。そんな「にじむすび」の仲間を大募集しています!!

身体が教えてくれている 障害者を支援する意味

2019年08月22日 | 日記
おはようございます。こんにちは。こんばんは。

にじむすびの渡辺です。

自分自身がどうしてこういった行動をしているのか、感情や考えだけではない気がすることがあります。

例えば、わたしが重度障害者の方々を支援していること。

そして、それ以外にも多くの方が高齢者や障害者の支援をしていること。

高齢者や障害者には多くの税金をかけて支援しています。

当然、多くの方が支援することを反対はしないでしょう。

それはなぜなのでしょうか??

わたしのメンターにかけられた一言で「はっ!!」とさせられました。

その一言は「脳細胞と同じだね」

脳梗塞や脳出血などを起こすと、血液が回らなかったり圧迫されて脳細胞の一部が死滅します。

そのため、身体に麻痺がおこる(うごかせなくなる)ことや、言語障害、感覚障害などさまざまな障害が起こります。

死滅した脳細胞は復活することはありません。しかし、リハビリをすると、動かなかった部分が少しずつ動き出します。

それは、死滅した脳細胞の周りの細胞が手助けをするという仕組みなんだそうです。

これって私たちがなぜかとっている、障害者や高齢者を支援している心と似ていると思いませんか?

私たちが作った仕組みではない、大いなる仕組みの中にある心だと感じることができました。

そんな大切な心をいっぱい生かして行きたい方、楽しく看護や介護をしたい方、

にじむすびでは仲間を大募集しています。詳しくは下のリンクよりホームページの採用情報をご確認ください。






岐阜市の訪問介護訪問看護の求人・採用情報

===============================
にじむすびでは、仲間を募集しています。
詳しくは、ホームページhttp://nijimusubi.net/採用情報をご確認ください。
ご連絡、お待ちしております。

===============================
コメント   この記事についてブログを書く
« 重度障害者の力 今こそ必要 | トップ | まだまだ職員募集しております »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事