たかしの赤s部屋
.
 



前回、報告すると言っていたBull's CUPですが、正直不安になる内容でした。

大会オーストリアのザルツブルグが主催でバイエルン・ミュンヘンと我らが

浦和レッズの3チームが45分間ずつ戦う変則マッチ。勝ち点の差で優勝を決める。

初戦はザルツブルグ対レッズ。

いやぁ、最初の15分間、レッズの選手はまーーーったく体が動いていなかった。

15分間で3失点。いくらオフシーズン中とはいえ酷い内容だった。ディフェンス

ラインは崩壊し、一対一でも完全に振り切られ・・・。

それでも徐々に体が慣れてきたのか、レッズらしいパスワークから伸二がゴール。

少しだけ今期の期待を伺わせるプレーかあったのは救いだった。結局1-3で敗戦。

次のバイエルン戦はもう世界との差を見せ付けられただけ。

シュバインシュタイガーやらファンボメルやらピサロやら、ワールドカップで

活躍した化け物級がこれでもかと攻めてくるわけですから、いやほんといい経験

としかいいようがない。3-0の完敗。

でも、この時期にこのクラスの選手たちとできたのは本当に大きい。

このイメージをもってJリーグを戦えば絶対に勝てるはず。まずは今週土曜の

「ゼロックス・スーパーカップ」今年早くも2戦目となるガンバ大阪が相手。

甲府からバレーを獲得してその攻撃力はまさに脅威。でも負けられない。

がんばれ!レッズ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ご報告 やっぱプロに... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。