花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

盛宴 其之八(前編)

2018年06月22日 | 譚耀文

《 盛宴 》 第8集(前編)


教会で銃を突きつけ合って一触即発状態の暁峰、胡凡、地下党のオナゴ...



でも、オナゴが詩の一節を詠むと、暁峰はそれに呼応するように続きを詠み...

これがどうやら地下党の合言葉だったようで 「オマエが雪狼だったのか!」 と驚く胡凡



暁峰は、同志だと分かって握手する胡凡に 「正体がバレてる、すぐ源城を出るんだ」 と言ったけど



胡凡は 「死ぬ覚悟は出来ている...任務を果たすまでここを離れない」 と...

そして、家に戻った暁峰が考え事をしている所に、強引に踏み込んで来た友明は

「公務なんで協力してくださいよ~」 と偉そうに言って家中を家探し...

怒る暁峰に、水戸黄門の印籠みたいに捜査令状を出して、慇懃無礼に



「尊敬する欧陽先生、ご自分の手で金庫を開けてくれませんかね~」 とニヤニヤしてたけど...



この人...秦宇市長さまの為によく働いてくれてるけど、すぐ威を借りて調子に乗るんだよね~

結局金庫には何も入っていなくて、暁峰にぶん殴られる友明(笑) (ほら~言わんこっちゃない

殴られた友明は、中統本部に戻って市長さまに 「金庫にメモは無かった」 と報告...



ソファーにふんぞり返る市長さま(笑)とっても偉そうでステキよ~ (結局なんでもステキ(笑))

暁峰には殴られ...ガサ入れしたのに収穫が無くて、市長さまに 「ごくつぶしの能無し」 って怒られて



散々だったね友明...加油 (笑)

一方白苓は、訪ねて来た了了に 「呉柏寒は中統のスパイらしい」 と言ったら

了了は 「ありえない...あの愛国心溢れる演説をしたいい人が?」 って言ってたけど...

白苓に 「誰が中統のスパイで、誰が共党のスパイか?いい人に見えても冷静に見極めないと」

と、言われてうなずく了了...今市長さまの事を考えたでしょ~



その頃、オッサンに報告を受けた市長さまは 「おまえに任せていても埒が明かない」 と言い

「そっちの山(白苓)が堅固なら、もう一つの山(了了)を崩すまでだ...」 って...

キャ~ いよいよ市長さま自ら男の武器使っちゃうのね~



市長さまがどんな手腕でオナゴを垂らし込むのか すご~くワクワクするぅ~

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 把美人比喩成花 | トップ | 老毛病 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
え〜っ💕やだぁ〜😍💕 (向日葵)
2018-06-22 17:32:07
ドキドキしちゃうじゃないの〜
こっちはあの眼差し一つで参っちゃうっていうのに。激しい(笑) のはやめてよね!
向日葵さん (みんきぃ)
2018-06-22 21:00:17
ホント...今まで観て来たタムさまって、一途な純愛というか...プラトニックラブが多かったから
こういうオナゴを利用する為に男の武器を使うのって初めてで...
も~どうしたらいいのか(笑)
刺激が強すぎたらどうしよう(゚Д゚;)...萌え死んでしまうかも...

コメントを投稿

譚耀文」カテゴリの最新記事