花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

女媧傳説之靈珠 其之十二

2019年02月07日 | 譚耀文


※はじめに...この度この 『 gooブログ 』 が全面リニューアルされる事になり

まずは昨日、第1弾としていくつかのリニューアルがリリースされて

スマホ版の記事の下の方に 「いいね」 「応援」 「続き希望」 「役立った」 ボタン ↓ が出来ました



もしよろしかったらポチッと押してくださると、こちらもブログを書く励みになりますので

どうぞよろしくお願いしま~す


《 女媧傳説之靈珠 》 第12集


丁瑶は、一連の事件の真相を知るために九星輪で20年前に行くことになり

魔音は 「20年前に行けたとしても、向こうからあなたの姿は見えないし、声も聞こえない」 と言い

丁瑶のお守りと魔音の琴の音で、丁瑶は20年前にタイムスリ~ップ

ちょうど、問天が仙楽に花の冠を被せてあげたところに出た丁瑶は

「問天のヤツ...私にはそんな事してくれないのに...」 って嫉妬してるの?



そして次に鬼帝の所に飛ばされた丁瑶は、鬼帝が仙楽に化けて問天の所に行き

「荣狄陛下に呼ばれたから約束の日を2日先延ばししましょう」 と言う所を目撃

丁瑶は問天に一生懸命ニセモノだと伝えようとするけど、こっちの声は聞こえない...



そして鬼帝は、今度は問天に化けて仙楽の待つ湖のほとりに行き、仙楽を襲い鎮妖瓶を奪って逃走



その全てのいきさつを見た丁瑶は再び南越国に戻って来たけど...

コレ、自動的に分かりやすいルートを辿って全部見せてくれてスゲ~便利だな

九星輪があったらコナン君は要らないね(笑)

丁瑶からすべてを聞いた問天は、全部鬼帝の仕業だったと知ってショ~ック



一方衛遼は、鬼帝の前で跪いて復讐を手伝って欲しいと話すと

鬼帝は邪気を放って衛遼の魂を奪い、とうとう衛遼は魔道に堕ちてしまう...

鬼帝から幽冥宮鎮殿大将軍に命じられた衛遼は 「忠誠を誓います」 と言いつつも悲しそう...



衛遼...すっかり妖魔スタイルになったけど、こっちの方がワイルドでカッコいいかも

(てか、単に髪を下ろした方が好きなだけなんだけど(笑))

鬼帝は衛遼に 「妖狼を呼び出して一緒に南越城に行き、問天殺しを手伝ってこい」 と命令

そして、衛遼が森の中で妖狼とやらを呼び出したら、イキナリこんなのが出てきて大爆笑しました(笑)



(久しぶりに腹筋崩壊するくらい笑わせてもらったワ...妖狼とやらありがとう~

でも...私ならこの役絶対断るけどな!(笑))

その頃、九星輪を動かして現代に帰る事にした丁瑶は

「父が心配してるから一度帰って安心させて、また戻って来て霊珠を探すわ」 って...

オイオイ ...そんな簡単に行ったり来たり出来ちゃうのかよ...

そして、現代にタイムスリップした丁瑶が九星輪から出てきて、再会を喜んだお父ちゃんは

丁瑶が持ち帰った南越国の骨董に興味津々



南越国での話を信じて、もう一度戻ると言う丁瑶を心配して...いいお父ちゃんだな...



一方、仙楽の後をずっとついて行く荣狄陛下...ずいぶん薄汚れちゃって...カワイイ~



仙楽に 「いつまでついてくるのよ」 って言われても 「一生どこまでもついていくよ」 って...

ますます最強ストーカーと化す陛下 (笑)

「もう3日も何も食べてない...このままじゃ死ぬわよ」 と言われてもけな気に笑って 「大丈夫」 って...



あ~も~ こんな薄汚れた可愛い仔犬みたいなのが、ず~っと後をついてきたら

絶対拾って(笑)連れ帰って、お風呂に入れて可愛がるに決まってるじゃんね~ (落ち着け)

そこへ陛下の近衛隊が来て、江寒が跪いて 「陛下!お迎えに上がりました

魔音大祭司が反乱を鎮圧して南越国は正常に戻りました!どうか国を治めてください」 と言っても



「すでに王位は放棄した!誰か好きな人が王をやればいい...私にはどうでもいい事だ

もう私の事は放っておいて城に帰れ!」 と言い残して再び仙楽のストーカーに戻る陛下...



江寒(の中の人)...《 王の後宮 》 でも 《 天天有喜 》 でもタムさまの配下だったけど

荣狄陛下が一番怖くないけど、一番頑固で大変そうだな...(笑)

『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 終于開門了♪ | トップ | 手工做的2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

譚耀文」カテゴリの最新記事