花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

廣府太極傳奇 其之二十二(中編)

2019年11月13日 | 譚耀文


《 廣府太極傳奇 》 第22集(中編)


条件付きだけど、頑爺が玉英との結婚を認めてくれたのでウキウキな王子がさっそく楊家に行ったら

玉嵐たちに 「何かいい事あったの?」 って言われちゃうくらい喜びが顔に出ちゃってるんだな(笑)

そこに玉英が来たので 「玉英!ついに父が結婚を許してくれたよ!」 とうれしそうに報告




みんなに恭喜恭喜~ って言われて、王子も玉英もうれしそう

でも、王子に恋してる玉嵐だけはひとり浮かない顔...

そして2人はデートに出掛けてイチャイチャしてると

急に真剣な顔になった王子が 「嫁給我吧」 とプロポーズ  



キャ~ またタムさまの 「嫁給我吧」 聞いちゃった~

それを聞いた玉英は 「OKしてもいいけど条件があるわ...タバコはダメよ!...お酒もね!

それから妓楼もダメよ!あとは...家に帰ったら、食事の支度と、掃除と洗濯も手伝ってね」 って...

なんて贅沢なオナゴだ

こんなにカッコよくて、優しくて、逞しくて、頼りになるステキな人が一緒にいてくれるだけで最高なのに

王子にそんな事までさせるつもりかよ

(あ...つい取り乱してしまったワ...

そして王子は照れたように笑った後で、玉英にチュ~  



(微妙に唇が触れてないように見える(笑))



そしてハグ~ (このドラマでハグ何度目だ? あ ) (←(笑))



その夜、王子と頑爺は婚礼の品を持って楊家へ...(仕事早っ



おめでたい席なのに、ついつい嫌味な口をきいてしまう頑爺にハラハラしながら

なんとか挨拶を終えたけど...王子...肝心な話(玉英の女拳館を閉める事)してないよね...





コメント   この記事についてブログを書く
« 修剪花園的樹木 | トップ | WALL DECORATIO... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

譚耀文」カテゴリの最新記事