花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

土地公土地婆 其之五十二

2017年06月10日 | 譚耀文

《 土地公土地婆 》 第52集を鑑賞 (こっちばっかりどんどん進むワ~どうしよう...(笑))


クソ姉貴春荷と腹黒婿万利の元に出現した山神は

「明日までに飛仙履を手に入れなかったらお前らには自殺してもらう」 と脅して消えてしまう...

一方、足を挫いてあずま屋で助けを求めていたお父ちゃん達の元に現れた福徳ちゃんと秀文は

何も知らずに貴生への愚痴をこぼすお父ちゃんを見て複雑な顔...



でも、とりあえずケガの手当てが先だ、と村長さんに変身した福徳ちゃんは

偶然通りかかった風を装ってお父ちゃんのケガの手当てを始め、いざ術で治療しようとした時



秋蓮たちが通りかかり、とりあえず貴生がお父ちゃんを背負って家に連れて行くことに...

家に着いた貴生は、お父ちゃんに飛仙履をプレゼントしようとしたけど

貴生を良く思ってないお父ちゃんは 「そんなもの履けるか」 と断固拒否...



てか福徳ちゃん...お父ちゃんの足そんなに臭いのか~?(笑)

貴生は、お父ちゃんの保釈金を取りに村に戻った時の話をして、一生懸命飛仙履の効果を説明したけど

貴生が自分を救おうとしてたと聞いても、まだ信じられないお父ちゃんは

「神力なんて...そんな嘘をついて...万利たちに嫉妬してるんだろ?」って

そこで福徳村長さんが証人になり 「とにかく一度試してみたらどうか?」 と説得



福徳ちゃん...いくらお父ちゃんの足が臭くても、それはあからさま過ぎて失礼だろが(笑)

「今はとにかく足を治すのが先だ」 という貴生の勧めで渋々飛仙履を履いてみたら...



神力の効果で足の痛みは消えて、ウキウキと江南スタイルを踊り出すお父ちゃん(笑)

(またこの歌が出てきたけど...この歌ってそんなに一世風靡したっけ?)



「見た目は悪いけどスゴイ草鞋でしょ?人を見た目で判断しちゃダメよ~」って言う秀文の言葉を聞いて

お父ちゃん...ちょっとだけ考えを改めたのかな?

そして 「万利の家から山神が出て来るところを見た」 と言う張単は、山神のしつこさについうっかり

「老土(福徳ちゃんの愛称)ここはひとつ秀文と別れた方が平穏に暮らせると思うんだ」 って言って

秀文に睨まれていたけど...張単っていつもひと言多いんだよね(笑)



夕食時、貴生が秋蓮を幸せにするために科挙の勉強をしてる事を知って

貴生の娘への深い愛情に安心するお父ちゃん

そこへ福徳ちゃんと秀文が来て、山神が入れないように結界を張っていたけど



この時の福徳ちゃんの肩をカクカクする変なダンスがクッソ可愛いんですけど~ あ~悶えた~  



福徳ちゃんが発明したこの法術は、悪人が近づくと緑から赤に変わって知らせてくれるというモノらしく



それを聞いた秀文に 「老公~カッコよくて聡明で、なんてステキなの~」 っておだてられて



嬉しそうな福徳ちゃんがクソカワイイ~



秀文は、いつまで経っても飛仙履の力を使わないお父ちゃんに荒療治をして、本来の使い方を思い出させ

思い立ったお父ちゃんは万利の家の屋根にひとっ跳びして、屋根の上から中を覗くと



万利と春荷が贅沢な着物を着て、贅沢な食事をしながら

「爹と娘が出て行ってくれてよかった、これでやっと美味しいものが食べられるわ」

「まったくだ!権利書のために貧乏のフリをするのも疲れるよ」 と散々悪口を言っていて



2人の本性を見てしまったお父ちゃんは、やっと自分の愚かさに気付いたみたい...


あ~...こっちはホントに安心して観られるワ~ でも、いいかげん 《 A計画 》 も観て行かないと

このままじゃいつまで経っても王子が救出されないしね(笑)

でも、王子がひどい目に遭ってるのを観るのが辛くて辛くて...

観た後はいつも引きずって、夜もモヤモヤして眠れなかったりするし...

王子の可愛さに惹かれて観始めたけど...まさかこんなに苦しむドラマだとは思わなかった...
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風雲創意音楽劇 幕后 | トップ | 原因不明的身体欠爽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

譚耀文」カテゴリの最新記事