花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

夢回唐朝 其之十一(前編)

2020年09月18日 | 譚耀文

《 夢回唐朝 》 第11集(前編)

庭で媚娘に会った簫淑妃はイヤミたっぷりに

「あら、こんな所で何してるの?旅支度をしなくていいの?」 って言ったら

媚娘も負けずに 「姐姐こそ、皇上に叱られて冷宮にいるのかと思ったわ

皇上は私が大唐に留まるように既に命を下したのよ!もし吐邦の王子が姐姐を所望したら

皇上は自ら吐邦に送って行くでしょうね、あなたはもう用済みだもの」 と言い返し

ムカついた簫淑妃は 「今大唐の国境は兵力不足で、吐邦に攻め込まれたら負けるのは必至!

皇上があなたを選んだせいで、祖先から続くこの大唐の山々も吐邦のものになるのよ!」

と、大声で皇上の悪口とも取れるような事を喚いたので、媚娘は簫淑妃を引っぱたいて



「今その口が言った事、一言一句皇上に伝えておくわ!アンタは通奸反国罪よ!」 と...

凄む媚娘のあまりの迫力にビビる簫淑妃(笑)



その頃、媚娘を吐邦の王子に嫁がせる事に断固反対の皇上は、弟くんと李大人と密談中

弟くんは 「今、吐邦の言いなりになって媚娘を差し出したりしたら

他の国も同調して、攻め込まれたくなければ妃を差し出せと言いかねません!」 と言うと



李大人が 「私に策があります」 と言って話した策とは...

媚娘を吐邦の王子に嫁がせると見せかけて時間稼ぎをして、今国境で対峙中の厥邦に

媚娘と王子の結婚で大唐と吐邦の結びつきが更に強くなったと思わせ、大唐が有利に和平交渉を進め

そのあと蘇将軍と西域の鄭将軍が合流して、大勢力で吐邦に進攻する!というもの...

十数日時間を稼ぐ事が出来たら上手く行くと弟くんも太鼓判を押したので、皇上も李大人に任せることに...

その事をまだ知らない媚娘は、吐邦の王子が今日来ると聞いて憂鬱そう



そして到着した吐邦の王子...オッサンやん... しかもアホそう...



下品に羊肉にかぶり付くオッサン王子を見る皇上の顔ったら(笑)



オッサン王子はアホだから何かを喰わせておけばいいけど(笑)

問題は一緒に来たこの国師のオッサン...実はこのオッサンは袁大人の師兄で

コイツに媚娘と王子の婚礼の策を吹き込んだのは腹黒袁大人なんだよね...



このオッサンと李大人は、共に腹の探り合いでピリピリ



そして、媚娘の事で失礼な口を利いた国師のオッサンに 「今なんて言った? 」 と怒り出す皇上

怒った顔も凛々しくてカッコイイわ~ 惚れ惚れ



場が険悪なムードになり、このままでは計画に支障が出そうだったので

話に割って入って上手く事を収めた弟くんグッジョ~ブ


タムさまは今自主隔離生活中(たぶん)で全く音沙汰が無いので(泣)

《 夢回唐朝 》 で細々とタムさま成分を摂取してるけど、軍事のお話は難しくて訳すのが大変です

なので早くカタを付けて、いつものオナゴ同士の内輪揉めに戻ってくださ~い




コメント   この記事についてブログを書く
« 夢回唐朝 番外編 | トップ | 喪気  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

譚耀文」カテゴリの最新記事