花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

夢回唐朝 其之四(後編)

2020年01月20日 | 譚耀文



《 家有喜事2020 》 祭り期間中なので(笑)レビューの間が空いちゃってゴメンなさいね~

もし内容を忘れちゃってたら、前のレビューをもう一回観直してついて来てね~



《 夢回唐朝 》 第4集(後編)


皇上は 「民の英雄の御帰還だ!」 と上機嫌で1人の将軍を迎え入れてたけど...




あれ?この将軍どこかで見たな~?...と思ったら 《 王の後宮 》 の春華のお父ちゃんや~ん

子供汪直さまが雨宿りさせてもらって、温かいうどんまでご馳走になったのに

懸賞金欲しさに居場所をチクったせいで処刑されちゃった、あのお父ちゃんや~ん

あの時、子供汪直さまは孤児で生きてくのに精いっぱいだったから仕方なかったのよ~許してね~

って、タムさまは直接共演してないのに、なんだか因縁めいたモノを感じちゃうワ~(笑)

そして、皿洗いしかさせてもらえなかった殷浩が、春喜の口利きで御膳房に入れる事になったけど

その尚食局の金尚食が 《 雪山飛狐 》 の胡一刀夫人で、またビックリ~



今度はガッツリ共演してるうえに、胡夫人殺したのって田さまだったワ ...これはやっぱり因縁??

御膳房での殷浩の初仕事は、皇上が春華のお父ちゃん(違)将軍の凱旋を祝って開く宴会の料理で

皇上の他に皇后、簫淑妃、南昌王、媚娘等々が出席する宴とあって、尚食局のみんなもピリピリ

その宴に鴨肉料理が出ると聞いた袁天罡は、何か良からぬ企みを思いついた風で

秘かに簫淑妃に 「くれぐれも鴨肉料理は食べないように」 って...皇上に毒を盛る気か?コイツめ



宴が始まり、殷浩の趣向を凝らした料理を見てご機嫌の皇上




その陰で、殷浩の弟子が運ぶ料理の台車を、袁天罡の弟子が毒入りとすり替え...

そして、料理を食べた皇后と媚娘は具合が悪くなってしまい慌てる皇上...



それを冷めた目で見ていた簫淑妃は 「皇上、もしかして料理に毒が入っていたのでは?」 と白々しく言い



料理を作った殷浩と弟子の葫芦は捕らえられてしまう...

簫淑妃は皇上に 「この2人は大胆にも宴の食事に毒を盛り、皇后と媚才人を殺そうとした!

すぐに斬首にすべきです!」 と言い、愛する媚娘を傷つけられた皇上も怒って斬首を命じたけど



南昌王がそれを止めて 「この件は何か怪しい...もしもこの2人が犯人ならとっくに逃げてるでしょう

それに、皇宴の食事に毒を盛る人間は皇室に深い恨みを抱いてるはず...

小小料理人の2人には毒を盛る理由がない!これは誰かの陰謀だ!私に調べさせてくれ」 と言い

皇上も王弟を信じて調べさせることに...皇上英明~



てか、このタムさまって汪直さまっぽいよね~(笑)


PS...今夜は 《 家有喜事2020 》 の香港プレミアです

タムさま自身が告知してくれたので、出席は間違いないと思います う~ん楽しみ~


コメント   この記事についてブログを書く
« 家有喜事2020 製作花絮2 | トップ | 真的明智五郎(笑) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

譚耀文」カテゴリの最新記事