パフィンの生態

映画と美術好きなパフィンの感想を記録。香港映画が一番好き!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デスノート the Last name

2006年11月04日 01時48分34秒 | 日本映画
新しいデスノートが登場し、新たなルールも明かされるため、
CPO捜査官Lとデスノートの所有者月(ライト)との頭脳対決の緊張感は
前作より増しており、小学生から大人まで楽しめる

エリート大学生、夜神月(ライト)=藤原竜也
月の父、刑事局長、夜神総一郎=鹿賀丈志
CPO捜査官、Lまたは竜崎=松山ケンイチ

この3人の配役が絶妙だったと感じた♪
特に父と息子の会話に納得し、Lが見せる人間らしい感情に
少し涙が・・。L(エル)は賢いだけじゃなく、勇敢でした☆

原作は未読なので、後編に紹介される記憶に関するルールが理解しきれず、
あのアイドルはデスノートの所有権を手放したの?
最後の名前を書いた動機は何だったの?との疑問が残りますが
新たなデスノートの所有者たちの設定が上手く、Lと月(ライト)の
頭脳対決の行方にハラハラしながら一気にラストまで観られた

追記:死神に個性があり、適切な造形、声優が選ばれている
リューク=中村獅童 レム=池畑慎之介

華がないんだよ、と上司に言われたテレビ局記者、高田清美=片瀬那奈
不幸な過去を持つアイドル、海砂=戸田恵梨香
この二人の性格に捜査が左右されると同時に、お色気や笑い要素になっており、
幅広い観客が楽しめる作品に仕上がっている
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 上海の伯爵夫人 | トップ | ナチョリブレ »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもしろかったー!! (sabunori)
2006-11-05 00:24:25
パフィンさん、早速観ちゃいましたね、お互い!
今回のLちょっと人間らしさが出てましたよね。
この事件にかける彼の思いの凄さにはうなりました。
ラストをどうやっておさめるのかずっと気になっていたのですが
なるほどねーそうきたか!っていう感じです。
レムの声が池畑さんとはエンドロールで名前見るまで全然気づきませんでしたー。
お出かけには「ひょっとこ」ですよね!(笑)
パフィンちゃん☆オハヨウ (mig)
2006-11-05 10:15:02
一気に見せる感じで楽しめました♪


パフィンちゃまにも原作コミックを是非読んでもらいたいなー

お返事☆ (パフィン)
2006-11-06 00:20:32
>sabunoriさま、

こんばんは♪
後編も楽しめましたね~☆

私も前編で冷静だったLの生い立ちや人間味が
少し感じられた点が嬉しかったです!
レムの声は上品で、お似合いでした
”ひょっとこ”シーンは劇場中が爆笑

>migさま、

こんばんは♪
これ原作12巻あるんですね~。
マンガカフェに入会しても当分読めないでしょうね。
でも、これだけの量を2編にまとめた映画、
十分に面白かったのが凄いです

migさんは月に共感していたんですか~
前編では恋人を後編では(内緒)
計算高い性格が身を滅ぼしたって印象でした。
人間の英知(法)vs幼い正義?藤原くんの芝居が
父との対決シーンで活きてましたね~
ぼくはL派でした。 (えい)
2006-11-06 10:23:26
こんにちは。

今回はLがどうなるかハラハラでしたが、
かなりの活躍。----という意味では満足ですが、
ただ、映画として少し平板。
金子修介の演出も少したるく、
世界が恐慌に陥っている感じが出ていなかったと思います。
津川雅彦じゃ、あの役は背負いきれないなあ。

そうそう。レムの声、最初トヨエツかと思っていました(笑)。
娯楽映画☆ (パフィン)
2006-11-06 23:02:53
>えいさま、

ブログで、Lについての説明ありがとうございます♪
世界が恐慌に陥っているという背景があるんですか!
映画では全く伝わってきませんでしたね~。
原作を知らないものにとっては娯楽映画として
楽しめたんですが、原作の世界観やLの魅力までは
伝わっていないということでしょうか。

レムの声と容貌にも惹かれてしまいました(笑)
面白かった! (カオリ)
2006-11-07 16:21:30
原作未読ですが、堪能できました。
初日だったんで、環境的には厳しかったですが(笑)、のめりこんでましたわ。

これから漫画読んでみたいと思いまーす。
2時間越え (chikat)
2006-11-08 11:19:57
おはようございます!
終わってから知ったのですが2時間越えの大作だったのですね。
すっかり入り込んでいてちっとも長さを感じませんでした。
コミック原作って面白すぎるって年甲斐も無く思いました。

竜也君の汚い字が前作で話題になっていたけど、今回はあまり書いていませんでしたね。
メイキングで自分の字って言っていましたからねー。
不具合 (chikat)
2006-11-08 15:55:23
度々失礼します。
全く知らなかったのですが昨夜エキブロのサーバーサイドで不具合があって、TB全く入らず、その間にTB入れていただいた方々の分も反映されてないそうです。
ご迷惑おかけしました。
お返事☆ (パフィン)
2006-11-08 23:46:30
>カオリさま、

すっかり映画に魅了されている様ですね!
私も前編を観終わったときから、後編を楽しみに
していたので、初日に鑑賞しました~
期待に応えてくれる娯楽映画でしたね。

>chikatさま、

え~、2時間以上あったなんて感じませんでした。
小学生も大人もシーンと画面に釘付けになって
観ていましたもの。
コミックが原作の映画の方が、小説が原作の映画より
面白いのって、日本のコミックのレベルが高いという
証拠かもしれませんね

TBの件、了解です。再び、お邪魔しまーす♪
甘味好きつながり (にゃんこ)
2006-11-11 19:10:35
こんばんは~
Lのあの豪快(?)な甘味喰いぶりに
負けた!っと思った猫なのですが(笑)
無表情な中にも微妙な感情を出している松山くんって
凄いなぁ~っと感動しました。
まぁ甘味好きだしね~って(役柄だけどね)ことで
猫はなんとなーくL派です。

日本映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事