OL主婦の小さな幸せ。

日々の出来事や小さな幸せ、お出かけ、身近なエコ、環境問題、フェアトレード、鳥のこと、アロマなどを綴っています。

晩秋の東北旅行~水沢で出会ったレトロ物件~

2018年12月14日 | 旅行・小旅行

花巻市民の家と馬面電車を見たあと、宮城へ向かう途中で奥州市の水沢に寄ってもらいました。
お目当ては、行けると思ってなかった純喫茶。
訪問記事はコチラですレトロモダンな純喫茶*ソワレ(岩手県奥州市)

オープン時間より早く着いてしまったので、コインパーキングに車を入れて
「お土産でも探そうか~」と歩いてみました。
すると思いもよらず、その近辺にレトロな建物が軒を連ねておるではないか!






この時計屋さん?の看板建築がすごく凝ってる!



塔屋もあるし!






この看板建築の意匠も素晴らしい。


思わずズームで。和洋折衷だ。







建物と建物の間に道が・・


ふと見ると、喫茶店があるようです。

「明日のメニュー」って!!笑





こちらのようです。
ミルクセーキやサンドイッチ各種に惹かれます。
もしまた来ることがあれば入りたいな。





雰囲気の良い理容室。
昭和の理容室って好きだな~









スナックや飲み屋もたくさんありました。
ちょっとした繁華街のようで、夜は賑やかになるのかな。

30分ほど歩いただけで、ほかにも多くの古い建物がありました。
純喫茶以外にこんなにレトロに出会えるとは。
これも旅の楽しさですね。
大きな歴史ある建物だけでなく、こういった普通の生活の中の年月を経た建物も
世代を超えて伝えてほしいと思います。



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 晩秋の東北旅行~花巻市民の... | トップ | 晩秋の東北旅行~化女沼レジ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
SF? (くてくて)
2018-12-15 21:29:08
わぁ、建物のレトロ(すぎ)といい、明日のメニューといい、まるでタイムスリップしたような、時空のはざまにいるような、SF映画を見ているような光景ですね。
くてくてさんへ (win)
2018-12-16 01:50:00
そうなんです!レトロ物件もそうですが、路地という路地に昭和全開の飲み屋が軒を連ねており、
まさに時空のはざまにいるような、
熱海の捜査官(懐かしい)の世界に迷い込んだような、おかしな気分でした。
明日のメニューを公開している喫茶店は初めてです笑
しかも「明日の日替わり」が正解だと思う笑
Unknown (うなぎ)
2018-12-17 07:14:50
看板建築、つまりハリボテでこの力の入れようは、なかなか見ないですね。アーケードの屋根が出来た時点でその効果は半減してしまってますが、建てた当時は目立ってたんだろうなぁ。
地方都市の商店街はどこもまだまだ古い佇まいが残っていて、素晴らしいですね。
うなぎさんへ (win)
2018-12-18 01:36:50
そうですね!しかもハリボテ感を隠そうとしてないところが多かったです。
特に「染久」さんの建物などは、後ろの木造部分が・・(^^;)
アーケードどうしても写ってしまうので四苦八苦しました。
月島もそうですが、勝手な言い分ですが景観を損ねます。。

看板建築よりもとにかく路地裏飲み屋が多い印象です。
こんなにあってもお客さん来るのか!?って思いました。

コメントを投稿

旅行・小旅行」カテゴリの最新記事