ウィリーの日記

乗馬は修行。犬が大好き!

クレスコモア(1984鞍)DTレッスン

2017-07-14 23:18:50 | 乗馬日記2017
今日はクラブへ到着するのに3時間半もかかりました。
山科の事故渋滞で。でも事故現場わからなかった。
病み上がり?には心配なドライブ?でした。

レッスン5分前くらいに到着して、でもマンツーマンだったので
誰に迷惑をかけるでもなく、そして病み上がりで先生からも
体力セーブするように言われて、常歩しました。

速歩して、今日の反動は何だかヘンかもしれないって
先生に言ったのですが、「もっとアゴとって」言われて
つかまえても、何だかヘン。
「今日は後肢がおかしいからちゅう駈歩しないで。あと
円運動もしないで」と言われて
常歩で肩内をして、
ゆっくりした速歩で歩度のつめのばし。その中で
潜られないように馬を起こした状態で歩度のつめのばしが
出来るように研究。

長蹄跡と中央線の真ん中で停止が出来るように
速歩から停止の練習。

速歩から停止の瞬間に微妙にコンタクトが外れてしまうので
気をつけないと。一番繊細で難しいなぁ。

クレスコモアの斜め向かいにスノードン(スノ君)が
住んでいるのですが、これからはクレスコ一筋で
競技に出ようと決心しかけているのに
「ブヒーッ」スノ君がこっちをガン見して鳴きました。
何だか罪悪感が・・・。ちゃんとスノ君に乗れる技術があれば
スノ君だったのに。ゴメン、スノ君。
障害の時は相棒とか特に意識しないのですが
馬場の試合って思うと、やっぱり相棒がどうしても必要で
一緒に修行し続けて、悔しい事の方が多いのですが
出来なかった事が出来た時の達成感みたいなのが
言葉にあらわせません。すごく嬉しくなります。

やっぱりスノ君の前を通る時、挨拶ぐらいした方がいいいのかな。
またスノ君に乗れるよう修行するから待っててね。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレスコモア(1983鞍)... | トップ | マグナム(1985鞍)馬場... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乗馬日記2017」カテゴリの最新記事