森の中のティータイム

離婚を経験し子供達も成長した…まだまだ大変な私だけど
日々の暮らしの小さな発見をノートに。

父の生まれた場所へ

2016-11-12 | 家族友人
夏に関東へ引越した娘一家が、引っ越し後すぐに訪れたのが「父の生まれた場所」。
つまり、可愛がってくれたおじいちゃんの生まれ故郷だ。

幼い頃に父親と死別した父は、武家の娘だった母親が二人の兄を連れて再婚させられることになり
一人、後継ぎが出来なかった遠縁にあたる家に養子に出された。
その後関東大震災により、家はもちろん、戸籍も焼失したことで、父は全く生家を訪ねることもな
かったけれど、父の死後の諸々の手続きの際、私たち姉妹は再製した戸籍の写しを手にすることが
できた。

名前も全てわかっているのだから、生前に何とか兄弟たちにも会えたかもしれないと、その時、生
きているうちにもっとちゃんと調べてあげれば良かったと、母も含め、皆で悔やんだ。でも、父は
実の娘と同等に愛し育ててくれた養母たちに、恐らく遠慮したのだろう。
私の記憶にあるのは養母である血の繋がらない「おばあちゃん」。いつも陽だまりで新聞を音読し
ていた上品で穏やかな人だった。

「東京市」とあるその「写し」から住所を控えて娘が持っていたことは全く知らなくて、夫と子供
と一緒に訪ねたことを知り、自らのルーツを知りたいという思いが娘の心にずっとあったんだなぁ
と少し驚いた。
今更だけど(笑)、その時の画像を少し。

 

 

 

関係ないけど、カフェが大好きな娘たち。休日ごとに色んな場所に行っているよう。

 

 

ふうちゃん、電話で話しただけだけど、随分しっかりしてきました☆

おっと、遅刻しそうだからこの辺でー。行ってまいります♪


『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A&D超音波温熱吸入器 買... | トップ | コタツ布団カバー修復と「留... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族友人」カテゴリの最新記事