野生生物を調査研究する会活動記録

特定非営利活動法人 野生生物を調査研究する会の会員による活動記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウワミズザクラ

2019-01-29 | フィールドガイド--植物編--
ウワミズザクラ(バラ科)
ほかのサクラは長い柄の先に一つつけますが、このサクラはたくさんの小さな花が穂状につき、ブラシのような形になります。(武庫川大探検より)
 
サクラの花が終わり、山が新緑に包まれる頃、穂のような白い花が咲きます。
木の全体に白い花が咲くため、遠くからでも目立ちます。
そのころ、たくさんの虫が蜜を求めて、この花に集まっているのがわかります。
直径5ミリ程の黄色い実は、黒く熟すと甘くなり、果実酒に使われます。
 
新潟県の漬物である杏仁子(アンニンゴ)はつぼみのときに房のまま塩漬けにしたものです。
アンニンゴとは、アンズの種子からつくる生薬のことで、香りが似ていることからアンニンゴと呼ばれるようになったといいます。
香りのもとは、「クマリン」。
ウワミズザクラの樹皮を傷つけると、そのクマリンの香りがします。
 
つぼみの根元から摘み取って陰干ししたものは、咳止めに使われます。
この記事についてブログを書く
« 花の道(宝塚市) | トップ | カゴノキ »
最新の画像もっと見る

フィールドガイド--植物編--」カテゴリの最新記事