白い彗星の艦長室のひとり言

ガンプラをはじめとして、各種トイ、話題のアニメについて盛り上がりましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

V作戦始動 MGガンキャノン編

2008-08-20 13:16:42 | ガンダム・模型情報
皆様、どうもご無沙汰しております…
暑い日が続く中、いかがお過ごしでしょうか。

自分はと言うと、先日岐阜県の有名な川沿いにあるコテージで数日過ごしてリフレッシュしてきました。
たまに大自然の中で過ごすのは、普段インドアな趣味を持つ人間には必要なことだと実感してきました(笑)


と、前置きはさて置き、中々更新がされない当サイトにも根気強く通っていただける方が多数おられ、常々感謝の気持ちでいっぱいです。
10月5日に決定したXデー(何の事かはお分かりですよね?)までには、徐々に更新ペースを上げられるように準備していきたいと思っています。


さて、表題のMGガンキャノンですが、何故今このタイミングで?と思われる方もいるとは思いますが、多くの方が感じているように、発売されたばかりのMGガンダムVer.2.0に合わせた連動企画?です。
やはり、アニメ基調でまとめられたMGガンダムVer.2.0の隣には、是非ともこいつを並べてみたいと倉庫の奥から引っ張り出して完成させてみました。

何年眠らせていたのか定かではありませんが、こうしてこいつが完成の日を見る事ができたのも、MGガンダムVer.2.0の恩恵というべきなのでしょうね(笑)


そのMGガンダムVer.2.0はと言うと、発売日当日に我が家に届いた2機の内、1機をニッパーのみでパチパチっと組み上げました(TOP画像にひっそりと映ってますね)。
スタイルの好き嫌いはあるかと思いますが、もうそれだけで素晴らしいガンダムの完成品が誰でも手に入れられるというマストアイテムだと思います。
MGガンダムVer.2.0についての感想は、彗星版(大げさか?)のMGガンダムVer.2.0が完成してからにして、今回のガンキャノンの話題に移りたいと思います。



結構古い部類のMGに入ると思いますが、フォルム的には今の目で見てもまずまずなのではないでしょうか。

カトキさんのアレンジが加わっているのですが、GFFのガンキャノンに比べると大きくアニメのフォルムから外れる事もなく、MGガンダムVer.2.0の隣に置いても違和感は少ないと思います。




サイドから見てもガンキャノンの分厚い装甲の雰囲気がよく出ていると思います。
制作方法はいつも通り特に変わった事はしていません。
古いキットのせいか、ヒケの大きいパーツが多いので念入りにヒケ処理をして、エッジのだるい部分をシャープにしたくらいだと思います。
逆に言えば、それだけで十分にカッコいいガンキャノンが手に入ると言う事ですね。



背面は多少手が入っていて、ランドセル下部のバーニアは金属製の市販品で大型化し、側面のダルい○モールドも削り落として市販品のアボジに交換しました。
手が入ってると言っても、たったそれだけですけどね(笑)



のっぺらした胸パーツが光を反射してしまいイマイチな写真ですが、頭部のバルカンも金属製パーツに変更しました。
溝を黄色に塗るのはお約束ですね(笑)




手ぶらが似合う数少ないモビルスーツであるガンキャノン。
胸側面の装甲の合わせ目が目立つのをあえて放置しているのは……




「C-109発進スタンバイ」

複数用意しておいた胸パーツ及び左足スネパーツを交換する事によって、ナンバー付きの機体も再現できます。
右足首は………忘れちゃった(笑)



「カイ少尉、戦果を期待しています」
「おう!任されて!」

こっちはカイの108です。
3つ分の表面処理と塗装は、何度も心が折れそうになりました(笑)




塗装は安易にメタリックカラーに逃げる事無く『めぐりあい宇宙』冒頭のシーンを見ながらセレクトしました。

メインの赤は茶系の下地の上からガンダムカラーの新色、ガンダムVer.2.0用にアソートされているレッド13。
もう少し明るい赤の方がイメージかも知れませんが、個人的に真っ赤のMSに抵抗があるのと、彗星的V作戦の一環としてガンダム2.0を塗る際の習作も兼ねています。

関節部の緑掛かったグレーは、黒系の下地の上からガンダムカラーのエクストラダークグレー。
武器類は同じく黒系の下地にガンダムカラーのグレー11です。

頭部の白は茶系の下地の上からクレオスのクールホワイトで大まかに発色させてからガンダムカラーのホワイト18(これもガンダム2.0用)
額の赤はボディと区別する為にクレオスのハマーンレッド。

胸のインテークはガイアの黄燈色、ライフルのセンサーはクレオスのキアライエロー。

トップコートは、ガンキャノン特有の曲面にハイライトが入るように、ガイアの光沢クリアとつや消しクリアを混合した物を吹きましたが、ちょっと光沢がキツ過ぎたような気もします……




MGガンダムVer.2.0とのツーショット。
違和感ないっすね~♪
1/100スケールでV作戦が再現できる日も近い?!



TOP写真の全身画。
キットがあまり動かないせいもあるのですが、ガンキャノンのポーズってあまり思いつかないんですよね……(汗)

討てよ~討てよ~討てよ~♪
で有名なうつ伏せ撃ちポーズは、専用の手首を塗り忘れていたのでパス……
MGガンダンクがめでたく発売された際にでも再現します。


と言うことで、MGガンキャノンでした。
あまり動かない事を除けばガンキャノンの魅力を体現した好キットだと思います。
あまり動かないと言うのも、ガンキャノンのキャラを考えればあまり弱点でもないですしね。

今回の作製に於いて、誰にも分からないと思いますがガンダム2.0へ向けての色々な実験もできましたので、なるべく早いうちに本命のガンダム2.0を公開できるように頑張ります。

せめて、ジャスティスに間に合うように……
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 1/100 ティエレン地上用 よ... | トップ | 炎の剣光臨 リボルテックヤ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは並べたくなりますね (HKR)
2008-08-21 01:08:50
ご無沙汰しております。携帯からですが、俺も毎日チェックしてる一人です。ちなみにこちらはと言いますと、MGインパルスは無事完成し、今はV2の仕上げにかかってるとこです。9月にVガンシリーズが再販されるので、悲願のV2ABがやっと作れそうです。
しかしこのガンキャノン深くて渋い赤。俺のMGサザビーもこんな感じですが、赤は発色させるのに苦労するんですが、彗星さんもつかわれてるクレオスのGXカラーいいですよねー。隠蔽力の高さがとても重宝してます。
Vガンシリーズの再販もとても嬉しいのですが、それ以上のニュースがまさかまさかのコトブキヤからのオラタンライデン発売決定。もう嬉しいやら悲しいやら…俺のプラ板ライデンをどうしてくれようか…
画像はMGインパルス。HJ作例のコピーですw
http://imepita.jp/20080821/013440
http://imepita.jp/20080821/013960
お疲れ様っす (サスロ)
2008-08-21 11:37:44
え?キャノン1体だけ?(笑)館長ならてっきり108、109、203の3体同時製作かと思ってました(笑)あとはMGラジコンガンタンクですね‥某ちゃんねるでは12月なんて噂してるけど…ガンキャノン1.5の噂もありますが足を太く短く(特に膝下)和式うこスタイルをなるべく小さく屈める位の可動領域が欲しいですね。10月はやっぱりMG∞正義出るのかな?箱がまたデカいんだろうなぁ‥
あ、あと (サスロ)
2008-08-21 11:41:31
gooの方でモバイル用に画像圧縮して表示できるようにしたみたいですね。他のgooブログを携帯でみても本文中の画像が表示されてますから
Unknown (Zくろば)
2008-08-21 21:15:36
お久しぶりです。
指が全部は動かない手首からして、確かに昔のキットという感じがしますがかなりかっこいいですね。
胸部側面の合わせ目が目立つとのことですが、合わせ目というよりはパネルラインに見えるので消さなくて正解だろうと思います。光沢寄りなのも、「試作機」という感じがしてなかなかいけます。
ガンキャノンにもVer.2.0仕様のコア・ファイターが入ったり、第二関節まで動く指が付いた手があったり、ガンダムVer.2.0レベルの可動範囲だったりする新バージョンが欲しいところです。ガンキャノンに高クラスな可動を取り入れてもパンチやキックくらいしかアクション増えませんが、よく動くとうれしいですしね。

あと余談ですが、ガンダムVer.2.0の箱に載っている例を見た時、バルカンの溝を見て「バルカンの溝、黄色塗り忘れてるぞ!何やってんの!」と思いました(笑)
ありがとうございます (彗星)
2008-08-22 11:14:05
>HKRさん
こちらこそご無沙汰しております。
毎日チェックしていただいてるという事で嬉しいやら申し訳ないやら(汗)

ご指摘のようにクレオスのGXカラーは発色がとても良くて重宝していますが、ともすれば下地の暗色を塗りつぶしてしまう勢いなので、今回のガンキャノンのメインカラーには使用しませんでした。
アクセントとして額のレッドやスコープなどワンポイントで使用しています。

その代わりというか、下地に塗る暗色を黒系統ではなく茶系統にすることで隠ぺい力に劣るガンダムカラーでも狙い通りの色味を出せました。

自分はスクラッチをやらない(できない)のですが、スクラッチをするとキットが発売されるという呪いは健在のようですね(笑)
たとえ未完成に終わっても、技術やセンスの蓄積はいずれどこかで役に立つように思います。
すみません偉そうに……

インパルスもシャープでかっこよく仕上がっていますね♪


>サスロさん
また無茶なことを(笑)
胸パーツだけでも3体分をヤスっていると心が折れそうだったので、自分には高い高いハードルです。

ガンキャノンのリニューアルは嬉しい噂ですね。今回作ってみて感じたのは『めぐりあい宇宙』での屈指の名シーンである“う○こ座り発進”のポーズやライフル両手持ちをさせるにはハンパない可動領域が必要になるということでしょうか…

あとgooの方で何か対策したかどうかは分かりませんが、前回のアドバイスを受けて画像データを約半分位の重さに加工しておきました。見やすくなっていれば幸いです。


>Zくろばさん
こちらこそご無沙汰しております。
フォルムこそガンダムVer.2.0と並べてもさほどの違和感を感じませんが、細部を見るとご指摘の通りかなり古いキットである事は否めません。

手首なんかはガンダムVer.2.0の手首を加工して流用しても良いかも知れませんが、可動に関してはやはりVer.2.0(Ver.1.5?)に期待するしかありませんね。

バルカンに関しては、銃身そのものを黄色や金色に塗る方が今では主流なのかも知れませんね。
自分的にはガンダムの方でも是非拘って溝というか窪みを黄色に塗ってみたいと思っています♪
ご無沙汰 (ジャア)
2008-08-24 11:14:05
なかなか重厚間があっていいですね。

ガンダムはもったいなくて手出してません。当分は放置です

バンダイよタンクを恵みたまえ~(笑)
ありがとうございます。 (彗星)
2008-08-26 12:56:11
“重厚感”ですかね(笑)
ガンキャノンには一番の褒め言葉だと思います。ありがとうございます。

ガンダムは、パチ組みで満足してしまい、なかなか本気Verの手が進んでいません(汗)
成型色がとても良い色なので、どうやって自分のカラーをだすかが悩みどころです。

コメントを投稿

ガンダム・模型情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

RX-77-2 GUNCANNON [RX-77D GUNCANNON MASS PRODUCTION TYPE] ガンキャノン[ガンキャノン量産型]#0028 (GUNDAM FIX FIGURATION リスト)
名称 RX-77-2 ガンキャノン/RX-77D ガンキャノン量産型 原作名 機動戦士ガンダム/機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 シリーズ G.F.F. サイズ 1/144 一年戦争を駆け抜けた名機ガンキャノン。 GFFでは、ガンキャノンからガンキャノン量産型に換装できるコンバ...