STRAY SHEEP~不登校から1年が経ち

中2長男は、中1の3学期から中学校には行っていません。でも今は明るく楽しく過ごしています。

looking for

2018-02-15 23:46:29 | 日記


2学期に入り、中学の担任の先生が訪問に来てくださいました。

夏休み中に、フリースクールに足を運んでくれてフリースクールの先生と話をしたそうです。

「先生方、しっかりとした哲学をお持ちになっている。自分も若い頃、あんな先生と会えていたら…」

というような、内容の事をおっしゃっていたように思います。

受け入れてくれた。認めてくれた。

フリースクールを選んだ長男を。母親を。

先生のこの言葉があって学校や勉強に固執していた私の考えも少しずつ変わっていきます。

 
スピッツのルキンフォー。

 「めずらしい道でもいいよ」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイムカプセル | トップ | 小学校の先生 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
担任の先生 良いですね。 (りん)
2018-02-16 20:15:34
担任の先生が、フリースクールまで足を運んでくださるなんて。
そして、理解して、伝えてくれる。
考え方が柔軟な感じで良いですね。
うちも、次は、不登校に理解のある先生が担任になってほしいって、常々、思っています。

フリースクール 良いじゃないですか。
本人が、笑顔ならば。
応援してます🎵
りんさんへ (てらお)
2018-02-17 00:05:08
コメントありがとうございます(^^)

とてもいい先生に恵まれたと思います。愛情たっぷり。学校では一時間授業潰して説教しちゃう先生なんですよ~。今年で定年なのが寂しいです。

3年生では三男くんも理解ある先生のクラスだといいですね!
もうすぐクラス替えですねぇ。

笑顔でいられるなら…そうですよね!
ありがとう、元気をもらいました(*^^*)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事