映画に 乾杯! / 知の彷徨者(さまよいびと)

名作映画に描かれている人物、物語、事件、時代背景などについて思いをめぐらせ、社会史的な視点で考察します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遺産と兄弟の絆と

2009-08-03 20:46:16 | 現代アメリカ社会

第62回 レインマン(1988年)
見どころ: 「自閉症」だとして施設で半生を送ってきたレイモンド(チャーリーの兄)を演じた、ダスティン・ホフマンの演技力が、映画ファンに強烈なインパクトを与えた。他人(社会)とのコミュニケイション障害を持つ人びとのなかには、記憶や数理・演算について驚異的な能力を発揮する天才がいるらしい。

記事を移設しました⇒映画に乾杯!「レインマン」

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 映像の現象学 3 | トップ | 田舎暮らしの記録 編外2 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現代アメリカ社会」カテゴリの最新記事