果物の素晴らしさ/栗田智仁

栗田智仁です!
趣味である果物にまつわる話を書きました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スネークフルーツの豆知識

2017年04月30日 | フルーツ
皆さんこんにちは、栗田智仁です。
今日は『スネークフルーツ』の豆知識を紹介していきたいと思います。

スネークフルーツは、サラ・サラク・サラック・サラクヤシ・サラカヤシ・蛇皮果などさまざまな呼び名があるフルーツです。
原産国はタイ・インドネシア・マレーシアなどの東南アジアで、東南アジア地域では比較的ポピュラーなフルーツだといわれています。
スネークフルーツは果皮がまるで蛇の皮のような形をしているため、日本でこう呼ばれるようになりました。

スネークフルーツの果皮は硬く、うっすらと細かいとげが表面にびっしりと生えています。
刺さるほど鋭いとげではありませんが、出来ることなら触りたくないですね。
皮をむく際は実のおしりのほうから剥いていくのですが、見た目に反してパリパリと簡単にむくことが出来ます。
中の果実は白~クリーム色をしていて、見た目はにんにくのように数個の塊からなっています。
味は甘酸っぱいのですが、臭いがなんともいえない独特な臭いです。

南国のフルーツの中では以外とあっさりした味が楽しめるのがスネークフルーツ。
皮を剥いたら生のまま食べることが出来ます。
しかし若い実は酸味と渋みが強いため、食べるなら熟したものの方が良さそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミラクルフルーツの豆知識 | トップ | ランブータンの豆知識 »

コメントを投稿

フルーツ」カテゴリの最新記事