CHAKA With Webfriends (Blog)

人と人との架け橋になる
歌手になりたい

総決算、大感謝祭ライブありがとうございました。

2016年12月31日 02時06分38秒 | live concert
12月30日(金)
用賀@キンのツボでの
総決算・大感謝祭ライブ
大盛況で、大変に盛り上がりました
ありがとうございます

dr: 加納樹麻
b: コモブチキイチロウ
pf: 中島徹
per : 加瀬田聡
tb&pianica: 青木タイセイ
vo & per : カルロス菅野
vo : CHAKA

というメンバーに
飛び入りで
高尾典江ちゃん、西村健司さん、
ジオ・グイドさん、岡本健太さん
本当にありがとうございました

このライブ
今回で3回目ですが
また来年もできたらいいな。。。

キンのツボ、マスターおよびスタッフの
皆様も、本当にありがとうございました





いつもは、演奏中の写真はお断りしています
(どうぞ、みなさん、写真撮らず音楽を聴いてください)
でも、今回は特別です、お祭りですから
写真を撮ってくださった方々
ありがとうございました

2016年
私は、これで歌いおさめました
いろいろあった一年ですが
なんとか頑張れました


来年が、みなさまにとって
良い年でありますように

想像力の幅

2016年12月12日 03時38分59秒 | Power Of Love



コモちゃんとミルトン・ナシメントのBridgesを歌った
とても有名な曲だ

ブラジリアンはあまり知らない私でも
知ってて歌うのだから
きっと有名に違いない

私はその時聞いた
「ブラジル音楽が好きだったら、知らなかったら怒られる曲?」

コモちゃんは答えた
「そんなことはないよ。ブラジルったって国は広いし
地域によって違うし、色々あるし」

なるほど

私は日本の、いわゆるポピュラー音楽の世界で
一応38年ぐらいプロとして歌っているけど
ビートルズのアルバムは一枚も持っていないし
彼らの曲で歌えるものも少ない

ローリングストーンズは
Aretha Franklinと比較する為
ラジオ番組用にYou Can't Always Get What You Wantが
入っているアルバムを買って一枚持っているが
それはその時以来、一度も聞いていない

Bjork, Amy Winehouse, Eurythmics, Kate Bush
などは、たまに「好きでしょ?」と聞かれるが
残念ながら、Eurythmicsを、それもやっぱり
ラジオ用に買って一枚持っているだけで。。。

だから、そういうことが
ブラジリアンの世界でも起きて当然だ

なんか、知らないということが
想像力の幅を狭めることにならないよう
いろんな人に質問を投げかけてみよう

12月11日(日)珈琲美学@学芸大学

2016年12月10日 17時55分38秒 | スケジュール
12月11日(日)のお昼
コチチャン・ライブ@珈琲美学
予定通り歌わせて頂きます
みなさん、是非おいでください

13時から2回セットです
ライブ終わってからも
夕方からの予定が入れやすい時間帯です
みなさん!来てね!

コモブチキイチロウウ(b)
CHAKA(vo)



http://www.coffeebigaku.server-shared.com

ライブ中止のお知らせ

2016年12月09日 14時42分42秒 | スケジュール
本日、12月9日(金)の
上町63でのライブは
私の体調不良で
延期になりました

ウィルス性胃腸炎で
昨日から休んでいます

理解してくださった上町63
道下和彦さん、納浩一さん
ありがとうございます

そして、楽しみにして
くださっていたみなさま
本当に申し訳ないです

このメンバーでまた
上町63でライブをやらせて
いただけるようにと
祈っています

12月9日は、関西魂

2016年12月07日 23時51分40秒 | スケジュール
12月9日(金)は
今年最後の上町63でのライブです

http://jmsu.web.fc2.com/63/

納浩一(b)
道下和彦(gt)
という珠玉のメンバー

納くんが名付けた「関西魂」の
復活ライブ

ぜひおいでくださいね


納浩一



道下和彦

12月のスケジュールです

2016年12月03日 15時26分03秒 | スケジュール
12月

9日(土)
横浜・関内/ 馬車道@上町63
gt: 道下和彦
b : 納浩一

http://jmsu.web.fc2.com/63/




11日(日)お昼ライブ
〜コチヂャン〜
学芸大学@珈琲美学
b:コモブチキイチロウ

http://www.coffeebigaku.server-shared.com



13日(火)学生ライブ
用賀@キンのツボ
〜CHAKAの洗足学園の生徒さんが
 みなで企画するライブ〜

学生デー:激安ライブです
学生さんはチャーヂ:500円
一般:1500円

私もほんの少しだけ歌います

http://www.jazz.co.jp/LiveSpot/kintubo.html





15日(木)
原宿@クロコダイル
Salsa Swingozaのゲストで歌わせて頂きます
アルバム発売記念ライブです
ぜひ!




22日(木)
横浜・野毛@JUNK
佐野聡グループ
tb:佐野聡
b:入江太郎
pf:加藤実
sax:春名正治

http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/html/Live_skejure1.htm



24日(土)
ロイヤルホース
〜クリスマスライブ〜

pf:中島徹
b: 時安吉弘
gt:畑ひろし
dr:石川潤二

http://www.royal-horse.jp/live/




30日、ここ2年ほど続けてやってきた「総決算、大感謝祭ライブ」
今年も、用賀@キンのツボにて
やらせていただくことになりました。

dr: 加納樹麻
b:コモブチキイチロウ
pf: 中島徹
per: 加瀬田聡
tb: 青木タイセイ
vo&たぶんperもやってくれる:カルロス菅野
vo: CHAKA 
というメンバーです

みなさん、ぜひ、美味しい焼き鳥食べにきてください。

19時半から2回ステージ
MC:3000円
プラス1800円で飲み放題コースあり

http://www.jazz.co.jp/LiveSpot/kintubo.html






リスペクトしたいから

2016年12月02日 21時22分12秒 | Power Of Love
お客様がライブ休憩中や終了後に、
音楽のことなど、色々、話しかけてくださることがあり
私は時々「そうでしょうか?」と、自分の意見を
正直に伝えることがあります

シンガーが「客商売」と呼ばれる職業の範疇に入るなら
私は少しぐらい違和感があることでも「そうですね」「はい」
と、お返事し、その場をやり過ごした方がいいのでしょう

でも、それをすると、私はあとで苦しみます
お客様の言うことをいちいち真剣に受け止めなくても
いいじゃん?なんて
それをやってしまうと、苦しいのです

そんな私を不器用と言う人もいますが
そうじゃないと思います
私は意見の違う人でも仲良くできるし
意見はもともとみな違うものだし

だけど、意見が違うとなんだか波風が立つ
と感じている人がいるのでしょうね
こんな私は不器用なのではなく
ただ、自分の意見を受け入れてもらわなくてもいいから
否定はして欲しくないだけ
そして、同じように、人の意見も
私は共感せずとも、その人の意見を否定など
するつもりはないし
みな自由で
みな自分の意見を持つ権利がある
というだけ

そうだと思わないことでも、うなづいてしまうのは
私には、その人をバカにしていることに限りなく近い

八方美人というのは、実は全部ばれていて
それは器用ではなく、長い目でみたら
不器用な人より良くない結果になっていることも
少なくないですし

思わないことなのに、笑顔作ってうなずくことは
好きな人であるほどにできない
ってとこないですか?

私は、その行為が蓄積すると、いつか「汚れ」
になってしまうとわかっています
だから、ほんとは、あんまり真面目な話は
ふらないで欲しいんですけどね(^^)
じっくりと話し合える時間のない時は






遠いから

2016年12月02日 16時49分59秒 | Power Of Love
オードリー・ヘプバーンのファンではない
が、機会があって「ティファニーで朝食を」の
映画の一部分だけを見た

ちゃんと見たことがなく
この先も、ちゃんとフルで見るかどうかはわからない

ただ、ヘンリー・マンシーニの曲といい
映画のレトロな(当時は最先端の)色合いといい
素敵だなと思う

自分が乳児だった時代の映画で
大人になってから、何度か
テレビなどで部分的に見る機会が
あっただけ

特別に好きというわけではない映画だ
けど、素敵だと思う

で、今、すっかり大人になって
この当時は楽しかったなぁと思ったりした

もちろん、
今の方が楽しいことや、いいと思うこともある

ただ、この頃は、テレビや映画に出ている人と
視聴者との間には、なんだかとても遠いものがあって
それが、この映画を見て、よかったなぁと
感じることの大きな理由だ

今は、大変な有名人と、インターネットで
少し触れ合ったりできる時代になった

それは悪いことではないし、好きな歌手や
落語家や俳優の公演情報が簡単に知れるし
多くの演者側の人間は宣伝にも使っている

ただ、オードリー・ヘプバーンはどう考えても
大スターで、生前からずっと
私には、ただ遠い人だった

でも、それがいいと思うことも多い

なぜ、60〜70年代のハリウッド映画に
素敵なノスタルジーを感じるか?は
私が年を重ねたから、という理由もあるだろうけど
それだけじゃなく
いろいろなことが神秘というか
遠いからだ

私は、この遠さを忘れてしまわないようにしよう

大好きな誰かと知り合えても
近づきすぎないようにしようと思う

それは、自分がその人に重ねていたイメージが
壊れる可能性があるから、ではなく

人間は、知らない方が素敵に保てることも
あるからだ

ヘプバーン氏も、私と同じように
風邪をひいて、グダグダな状態になったり
もしかしたら少しはだらしない癖や
情けないところも
1つ2つあっただろう
それは人として当たり前

だけど、作品として、またエンターテインメント
として見る場合

何もかもが、見えてしまわないところにある
素敵さを、自分は大事にしようと
あたらめて、この有名な映画を見て、感じた



寄付第三弾に向けて

2016年12月02日 01時42分56秒 | チャリティー
第三弾に向けて

クリスマスリース:小:500円

Pandaさん:クリスマスリース:小:1つ

買ってくださいました
ありがとうございます


寄付いたしました:第二弾

2016年12月02日 01時06分48秒 | チャリティー
先日、チャリティーコースターの
売上げ代金を寄付しましたので
ご報告いたします

正式な領収書が届きましたら
また、ご報告いたしま〜す

みなさま、お買い上げ
本当にありがとうございます