CHAKA With Webfriends (Blog)

人と人との架け橋になる
歌手になりたい

佐野聡カルテットwith CHAKA@キンのツボ

2016年10月27日 06時16分07秒 | スケジュール
本日、10月27日(木)



皆様是非お越しください
佐野聡カルテット with Chaka
@用賀キンのツボ

佐野聡 (tb) 春名正治 (sax)
加藤実 (pf) 入江太郎 (b)
CHAKA (vo)

チャージ:3,000円(税込)
開店:18:00
スタート:19:30
ステージ数:3 <+1,800円でお一人様2時間飲み放題!>
http://www.kintsubo.jp/
https://www.facebook.com/events/172915359804254/

関内・馬車道@上町63

2016年10月23日 05時50分30秒 | スケジュール
10月23日(日)
19:00〜

横浜、関内・馬車道の上町63にて
ライブです

pf: ユキ・アリマサ
b: 佐藤ハチ恭彦
vo: CHAKA

久しぶりの共演です

みなさん、ぜひおいでください

http://jmsu.web.fc2.com/63/

コットンのコースター追加

2016年10月17日 21時06分28秒 | チャリティー
なんと、ロシアのサンクトペテルブルクから
注文をくださった方がいます

お一人お一人の注文には
お応えできませんが
そんな遠いところから注文くださったので
特別に
「コットンのものを4枚、色はお任せします」
ということで、編みました

日本に在住されている知り合いの
方を通して、やりとりさせていただきます



コットンの方が、編み上がりも
端がめくれにくくコースター向きです
ので、コットンも作ろうと思います



チャリティー・コースター、プレ販売

2016年10月15日 23時19分34秒 | チャリティー
以前から、fbやtwitterでお知らせしていました
チャリティー・コースター
プレ販売します

で、いきなりちょっとだけブルーになる話を
しなくてはならないのですが
お付き合いください

チャリティー・コンサートなどに出演するたび
必ず、多かれ少なかれ
「本当にギャラはもらってないんですか?」
というつっこみがあり、胸が痛いのです

で、コースター販売に関しても
少し心配していることがあります

それは、本当はたくさん売ってるのに
私が売上をごまかしてないか?
と、万が一言われるかもしれない
という懸念です

そうなったらいけないし、私も嫌なので
販売方法を考えました

読んでいただき、ご了承くださった方のみ
よかったら買ってください


私が編みました手編みのコースターです
大きさはさまざまですが1枚500円にて販売します
(アマチュアなので、下手くそでごめんね)

買ってくださる皆さまのお名前も公開します

たとえば、カフェなどを経営されている方が
買ってくださった場合、カフェ名

個人の場合、その方の希望されるお名前
を、ここで公表します

ハンドルネームでも、本名の苗字か名前のどちらか
でも結構ですのえ、買ってくださった枚数と共に
発表します

(手渡しの方はお一人5枚までにさせてください
郵送の方は、82円で送れる限度をまだ調べていないし
自分ちにはスケールがなく
1枚どれぐらいか
郵便局で測ってもらいますので
おまちください)

まずは、トラブルを避けるために
直接手渡しできる方(友人知人、また
ライブに来てくださる予定のある方)
のみの販売にさせてください

買ってくださった段階で
私が番号付きの領収書代りのものをお渡しします
買ってくださった方のお名前と枚数を
このブログで発表します

500円のうち、300円を寄付します
残りの200円は材料費と
郵送のための封筒や切手を買うための
経費とさせてください
(現在、寄付先は「国境なき医師団」を
考えています)


コースターのデザインや色は
あるものを買ってくださいという感じです
お一人お一人の注文はお受けできませんので
それもご了承ください

寄付したら明細書をこのブログに載せます

寄付をした団体から後で正式な領収書が
郵送された時点で、また載せます

「私も買ったのに、名前が載ってない!」
というクレームがもし来たら
私がこっそり売り上げを着服してることになります

買ってもいないのに、そのクレームを出す人には
領収書見せてくださいとお願いします
番号付きなので、不正は出来ませんね

これで「チャリティー」であることは
証明できるかと思うのですが
いかがでしょう?

というわけで、いくつか編めました
一応全部アイロンをかけましたが
さらにかけてください



四角いタイプ
この濃いめのピンクはウール、10cm四方

同じパターンのものを6つ編みました

濃いピンクは一番左なので他の大きさの参考に
してください

左から
ピンク、黒、赤紫:ウール
ベージュ、青緑:100%リネン
赤:コットン


少し穴あきタイプ

一番左のピンクが約10cm四方

左から
ピンク、生成り、小さめピンク:ウール
右の緑と青のグラデーションの毛糸は
アクリルが70%ぐらいでウールが30%ぐらいの
光沢タイプ



8角の星形
紺:ウール、直径10cmぐらい

同じパターンのものを6枚

左から
上の写真の紺は一番左なので
他の大きさの参考にしてね

紺、赤(2枚あります)はウール
黄緑(2枚あります)はメリノウール
黒、ピンク、生成りもウール
赤だけがコットンのサマーヤーンです



レース編みっぽいのも編みました
左の生成りが約10cm四方で
少しだけ肌触りの荒いウール
(上の星形の生成りとは別素材)


右の赤は、コットンのサマーヤーン


今は、まちまちでごめんなさい
今編めたのは全部で20枚です

プレ販売なので
うまく行ったら、少しずつ
郵送もしようと思います

郵送の場合、普通郵便なので
保証とかはありません
レターパック等を希望される方は
その分の郵送料もお願いします
(振り込んで頂くことになります)

買ってくださる方は、webfriends@mail.goo.ne.jpへ
メールで連絡くださいませ




さよならサンクト、また来たいです

2016年10月10日 01時09分18秒 | Power Of Love
8日の朝ごはんも楽しみましたよ

やっぱり、少しあとで守屋さんも
降りてきて、一緒に食べました

今回ずっと車を運転してくれた
コンスタンチンさん
いつも笑顔
ありがとうございました

空港でチェックインして
帰りはキャリーバッグを預けました
行きはロストバゲージとか絶対嫌だった
(コンサートに必要な衣装や譜面が入ってるから)
のですが、帰りはまぁ、なんとかなるから

で、まずはモスクワまで
待ち時間、カフェで
Iさんが頼んでくれたアイスコーヒーは
暖かい、味のしないコーヒーにアイスクリームが
乗ったものでした。

ものすごく気持ち悪い味でしたが
Iさんがご馳走してくれたので。。。

でもIさんも、しきりにまずいまずいを
リピートしてらっしゃったので救われました
私はほとんど残しましたから

ロシアではアイスコーヒーは期待しないでおきます

飛行時間は
あっという間です
東京〜大阪間って感じ
上に行ったと思ったら、もう高度を下げます


ロシアから成田への
乗り継ぎはまぁまぁ待ち時間があったから
少し食べました

ロシアンサラダにミートボール一個だけ
これは美味しかったです!

で、duty free shopで
YSLの一番新しいモンパリを自分用に購入

5000ルーブルだなんて高いなぁ
だって、二倍でしょ?と思っていたら
半額という意味だった
めちゃ安い!


帰りの飛行機は
上に行っちゃうとほとんど揺れず
快適でしたが
最後、成田へ着く前の15分ほど
むちゃくちゃに揺れて
気持ち悪くなりました
まぁ、怖いってこともありますが
それより気分が。。。

高度を下げ、速度を下げながら
雨雲をつっきるのだから
まぁ揺れるでしょうけど
ものすごい揺れだったので
みな、キャ〜キャ〜言っていました

でも、まぁ、着陸がとてもお上手な機長さん
帰りは熱いお茶もこぼされることなく
よかったです

成田についたら9日の11時頃
でした



帰宅後、モンパリをつけてみました
パラがベースの
ちょい甘いかな?と思いきや
すぐ甘さより、バラの透明感に変わる香りで
でも、軽すぎず、奥行きがあって
クラシカルでもあるし
モダンでもある
さすがですね
空港の香水売り場で試しても
他の香りと混じってわからないことも
多いんだけど
結構よかった!


機内食についてた
フォーチュンクッキーを割ってみた

古い権威に従わず
あなたが正しいと思うことを
しなさい

と書かれてあった



今回のロシア訪問で
ある一つのことを思って
そうしようとしていたので
本当に嬉しい

私は占いには全くと言っていいほど
興味はないのですが
でも、嬉しかった

明日からまた日常に戻る
素敵に時間を使おう

そしてまた歌でサンクトペテルブルクに
戻りたいです


みなさん、本当にありがとうございました



サンクト4日目

2016年10月10日 00時26分49秒 | Power Of Love
わりと晴れ女です
だから、お天気にも、まぁまぁ
恵まれています

朝食

昨日と違うのはソーセージを
食べたことですかね

ニシンのマリネが本当に美味しいです

お昼待ち合わせ
素晴らしい通訳とガイドの
オリガさんが来てくれて
エルミタージュ美術館に行きました

エルミタージュはあまりに所蔵美術品の
点数が多すぎて、睡眠時間なしで
ぶっつづけ見て一週間ぐらいかかるそうな

えげつないな。。。

で、そこからは美術館の英語ができる
女性ガイドさんとバトンタッチ
印象派の作品を展示中でした

有名な絵もいくつもありましたし
そうではなくとも
「わぁ、好きだなぁ」と思うものがありました

ガイドさんの説明があったら
1時間半でかなり効率良く
見ることが出来ました

個人的には
そんなにいっぱい見なくてもいいから
ゆっくりと一ヶ月ぐらいかけて
毎日通って見たいです
贅沢ですなぁ

終わって、またオリガさんが合流
少し絵葉書とか買って
外に出ると素晴らしいお天気で
これを絵葉書にしたいような写メが
とれました



アーチってなんかいいな


ところどころ、モンゴルの影響が
あるなぁと思うものもあるのね
やっぱ陸続きだし
歴史的に色々あったしね

エルミタージュ美術館をあとにして
トロリーパス?で街中へ

有名なデパートでチョコレートを買いました
このデパートはソ連時代
なかなか物がなかった頃も
なんでもと言ってもいいぐらい
なんでも売っていたのだそうです
バンド演奏が入っていました

お土産とか買うの
めっちゃ下手なんです
少し買いましたけどね

オリガさんは頼まれたチョコの詰め合わせを
買っていました





トロリーバスは安いですが
運転がむちゃくちゃで
むかつきましたよ
年配者とか乗ってたら
めちゃ危ないやん
でも、きっと地元の人は慣れてるんでしょうね
そして、男性はやっぱり
女性に優しいです
モヒカンのアジア人にも

夜は総領事館でディナーの予定
だけど、お腹が少しすいたので
ホテル隣のカフェで軽く食べました
守屋さんは美味しそうなサラダ
私とオリガさんは
パンプキン・ピューレ・スープに
ポルチーニが入ってるという説明のものを

で、スープって感じじゃなく、本当に
ピューレです
美味しかった


で、一旦ホテルの部屋に戻って
また、お風呂入って支度

福島総領事がいろんなお話をしてくださいました
お料理は、最近、サンクトペテルブルクの総領事館に
来られたという、とても若い男の人が作って
らっしゃって、たまたま、オリガさんに
ロシア語を習っているという偶然!
ダイニングルームまで出てきてくださいました

美味しいお料理でした

あ、そうだ!
パブロフさんが「はぽにやす」というバンドが
と話し出したので、びっくり!
カオリーニョ藤原さん、中島徹ちゃん、
大路さん、達彦くん、ゲタ夫さん、大儀見さん
という最高のバンドじゃ、あ〜りませんか?
ずいぶん前ですが
我々と同じ場所で演奏したそうで
パブロフさんは通訳をしたのだそうです
なんか、嬉しくなりました

その後、別室のピアノを守屋さんが弾いて
福島総領事がトロイカを歌ってくださいましたが
もともとの詩の意味は、結構辛い意味なのだと
教えてくださって

情熱的な歌を拝聴し
「あぁ、日本の男性も、こういう男性が
もっと増えたらいいのにな」と思いました

歌、舞、楽器演奏、手品、などなど
何か出来ると、とてもいいと思います

私は、トロイカをジャズリズムでスキャット
そして、ロシアの人がみなロシアの曲だと
思ってらっしゃるという恋のバカンスを
歌いました

楽しく美味しく、あっという間にすぎた
時間でした

ありがとうございました

Iさん、守屋さん、CHAKAで
今度は、守屋さんが以前行った
カジュアルなバーへ行きました
私はルイボスティーでしたが

なんだか、たっぷり食べて眠くなったので
一人、先に失礼しました

外に出ると風が冷たいので
眠気は少しなくなりましたが
かっこいい車が停まってた


で、イサアク大聖堂の前には馬が

さすが街に馴染んでいます


ホテル角のカフェは
お土産やさんでも、同じロゴを見たので
きっと有名なのでしょう
この写真はピンボケとハレーションで
丸い看板の中のロゴは見えませんが

夜の大聖堂


さぁ、明日(8日)はもう帰国です

サンクト3日目

2016年10月09日 23時29分45秒 | Power Of Love
そんなにたくさん行ったわけじゃないけど
外国のホテルに泊まっていると、私は朝食が楽しみです
今回泊まったホテルは
なんやら大聖堂、改め、イサアク大聖堂の
真ん前の、アングレテールホテル
朝食もとても美味しい

でも、バイキング形式だと
盛り付けが恐怖
とにかく、まんべんなくとか
全体を把握して、とか出来ない
一点集中型のチータータイプだから
むちゃくちゃになってしまうので
必死で、そうならないように
頑張りました

これでも、めちゃ頑張って
むちゃくちゃにならないように
してるつもり

食べていたら、守屋さんも来て
一緒に食べました

今日は夕方16時にロビー集合で
その後、コンサート会場に行くので
それまでの間、ただホテルで編み物
していても仕方ないから散歩へ

てくてく歩いていると
綺麗な建物が見えて来た
公園もあって、クラシックなスタイルの
噴水が

Admiraltyっていうから
国防省とか、元海軍とか、かな?
ロシアは金色が好きですね


公園では
運動選手みたいな人たちも
練習していました

近くで撮影



秋の色に変わった木々が
背の高いアーチのようで
綺麗でした

そして、イサアク大聖堂を
もっと近くで見ました

この大聖堂は、観光用が主で
実際に信者がお祈りに来たりする
教会ではないそうです


ホテルの隣には
人気らしいカフェがあり
そこで量り売りのチョコを購入
あまり英語は通じませんが
しゃべろうとしてくれる人もいます

あ、ちなみにロシアにはアイスコーヒーとか
アイスラテのようなものがありません
スタバも見当たりませんでした

一人で色々見てみたかったけど
風が強く寒いので
歌う前に風邪をひいてはいけないと
思い、わりとすぐホテルに戻り
お風呂に入り
you tubeで、時間までずっと桐生祥秀くんの
素晴らしい走りを見ていました
彼の走る姿を見ていると
私も歌と英語
練習頑張ろうと思います
大変、魅力的なスプリンターですね

で、会場へ着きましたらそこには
イベントポスターが何枚か貼られて

私は恥ずかしいので守屋さんだけ

今回のリーダーは
ガラショーキンという露の素晴らしいジャズメン
ビブラホン、フリューゲル、バイオリンを
今回は演奏してくれました
サックスもピアノもできるそうです
すごい!
しかも、マイクの調整もしてくれました
あはは

とても社交的な方で
まぁ、私は緊張というものをしませんが
フランクな雰囲気で楽しかったです

ジャズ・フィルハーモニック・ホール
というジャズしか演奏しないホール

元は貴族のお宅?で
現在は国が管理?しているような場所だ
そうです

オリジナルのチョコレートを
頂きました


二階まで席がある天井の高いホールで
貴族は昔、ここでバンドに演奏させておいて
踊ったり音楽鑑賞したりしたのでしょうね

リハーサルで歌い始めると
あぁ、私は歌が好きだなぁと思いました
それまでテコテコ歩いていたペンギンが
水に入るとスイスイ行くような感覚があり

私はこれまで、どれだけ事前に心配したり
不安になったりしても
音のあるところでは絶対に大丈夫でした
大丈夫どころか
そこが故郷のように感じるのです

もっともっと、上手にならなあかん
とも、感じましたし
そうなると決めました








コンサートは2部に分かれていて
お客様は満員
テーブルで飲み物を楽しみながら
聞いて頂きました

とてもとても楽しんでいただけた用で
たくさん拍手を頂きました

領事館のみなさんや、スポンサーのJTのみなさん
国際交流基金のみなさんも
大成功だと言ってくださいました

少しでもロシアと日本の友好の
為に、協力することが出来ていたなら
本当に嬉しいです
ありがとうございました

終了後、お客様がたくさんたくさん
私のところに来てくださって
写メを撮っている間に
コンサート後のパーティー会場に
行くのに着替えることが出来ず

でも、たくさんのロシアのみなさんと
少しでも触れ合えて、とても嬉しかったです

パーティーも終わってホテルへ
アングレテールの隣の
アストリアのバーは遅くまでやってるから
ということで
守屋さんと、今回何から何まで
お世話になってるIさんと
ロシアスタッフで通訳もしてくださってる
パブロフさんで行きました

夜中なので私はカモミール茶


軽くつまもうか?ってサラダとカプレーゼ
頼んだら、こういう感じ

美味しかったです




サンクト2日目

2016年10月06日 01時57分17秒 | Power Of Love
サンクトペテルブルグ2日目です
今日はリハーサルの予定がなくなったので
名所に連れて行ってもらえることになりました

まず、ホテルで美味しい朝食
アメリカやイギリスの朝食は
ソーセージやサラミみたいな肉類はありますし
スモークサーモンなどはありますが
酢漬けのお魚があったので
あぁ、やっぱりロシアだなぁと思いました
食べ物はどれも美味しかったです

朝食後、ホテルの目の前が大変有名な
イサアク大聖堂なので
一応撮っておこうか?と気軽に写メ
fbにアップしようと見たら
偶然、曇り空にもかかわらず虹が!
嬉しくなりました

最初、名前覚えてなくて
なんやら大聖堂とか言ってたけど
失礼だなと思って
でも、名前覚えてないところが多いです
バカにしているわけじゃないので
ごめんなさい
でも、これは覚えました


朝食後、部屋で少しゆっくりしていて
12時、ロビー待ち合わせ
素晴らしいガイドのオレガさんが
来てくれて出発
風が強くて寒いです

移動の車を運転してくれるのは
コンスタンチンさん
コシチャンと呼べと。。。
言葉通じないけど、とても優しい人です

まず、遠くに見える金の要塞に
ペトロパブロフスク要塞

この川は冬には氷るとのこと
すごいな

この塔の高さ以上の建物を建てては
いけないそうです
すごいな

中には刑務所跡もあって

窓が深いところで怖かった
光も入らないようにしてあって
脱走されないようにという工夫だそうです

それから、スパースナクラビ聖堂

これぞロシア!って感じ
日本人がロシアの教会というと
まさに、こんな感じを想像するのでは
ないでしょうか?

パルナス!パルナス!と歌いたくなる
あれは、モスクワの味、ですけどね

可愛くて、凄くて
モザイクが素敵でした

スターリン時代は
一切の宗教が禁止され
多くの教会が取り壊されたとのこと
ん〜〜〜〜
あかんなぁ
そんなことしたら、と思うよ

だから、これは残って良かった

だんだんお天気もよくなってきた
私は、まぁまぁ晴れ女です

地下鉄は大江戸線並みに深く
最高で、なんと100mぐらい深いらしい
エスカレーターは東横線の横浜駅ぐらい早く

誰か走っていた人がいたらしく
走らないでとアナウンスで叱られてた


駅にはいくつもモザイクの作品があって
可愛く綺麗です

それから、遅い昼食をピロシキ屋さんで
いただきました


日本でピロシキというと揚げパンですが
焼いてあります
私はウサギ肉のを頂きました

少しお土産を買って
そのお店でコーヒーをサービスで
頂いたので

私は、コーヒーはやめて
お店のおすすめだったフルーツ&ベリーティー
にしました

ソルティードッグみたいに
グラスの周りには、塩ではなく砂糖が
でも、そんなに甘くなかった
蜂蜜も一緒に出してくれましたが
私は蜂蜜は入れずに飲みましたよ
美味しかった

素晴らしいガイドののオレガさんも
同じピロシキ、同じお茶

オレガさん、素晴らしいガイドありがとう
残り2日ほど、よろしくお願いします

そして、またまた、なんやら大聖堂
明日、名前聞いて覚えます

逆光だけど、雲が綺麗ってことを写したくて

一旦ホテルへ戻って、私はお風呂に入りました
足には水ぶくれが出来ていますが
痛くは無くなりました
よかった

右に出来た子は
可愛いので、祥秀くん、という名前にしよう
しばらく、よろしくね!

夜は、領事館の方々や
スポンサーのJTの方々と
グルジア料理を頂きました
美味しかったです
スタッフのパブロフさんが
お酒飲めない私のためにお茶を
注文してくれました

お店にはシンガーがいて
いろんな歌をコンピューターのカラオケに
合わせて歌ってくれました
自分も十代〜二十代前半
そういうお仕事もしていたので
懐かしくなりました
レストランなどで歌うお仕事
大好きだったなぁ
またやりたいです

美味しいお料理を頂きながら
楽しくお話しなどさせて頂き
お開きとなりました

明日はコンサート
頑張ります

そしてホテルへ
イサアク大聖堂は
夜も綺麗



モスクワ〜サンクトペテルブルク

2016年10月04日 23時09分54秒 | Power Of Love
ロシア日記

10月4日(火)成田からもうすぐモスクワに着くよという飛行機の中で書いています。

サンクトペテルブルグでジャズのコンサートがあるので、ピアノの守屋純子さんに呼んで頂きました。ありがとうございます。

朝早く起きて、押上経由で成田空港へ。インターネットの駅探で見たけど、乗り換えて徒歩時間の計算間違えてるんじゃない?というような感じで、もしかしたら押上から成田への電車に乗れないかもしれなかった。後で調べたら、押上までの地下鉄が少し遅れていました。

けど、その成田行きも2分ほど遅れた結果、ギリで乗れて、ラッキー!そして終点成田空港へ。この終点というのが成田空港第一ターミナルである。そこには北ウィングと南ウィングがある。

でも、調べるネットのアプリによって、駅の名前が違う。どうか統一しておくれ。

思えば、海外旅行というものも身近になったものだなぁ。アエロフロートでモスクワまで、そこから乗り継いでサンクトペテルブルグという行程だ。

私は以前、ロスアンゼルスからニューメキシコという時に、自分のバッグが出て来なくてすったもんだの末、何とか見つけて、次のニューメキシコへ行く飛行機にギリギリの時間になっちゃって、空港内でマミ・ヤシャーノーリとアナウンスで連呼された経験がある。ので、ロシア5日間だけど、できる限り荷物をコンパクトにして機内に持ち込んだ。同行のピアニストの守屋純子さんが驚いてた。(これが、ちょっと後で、とても役立つ出来事が!)

彼女はイブニングドレスなどを着ることもあるし、荷物も普通の大きさになっちゃうのでしょうが、私はドレスなんて似合わないし、一応なんとなくあるけど、着たくないので、ひざ下ぐらいのカクテルドレスと、ロシアの人が喜ぶという赤(ボルドーぽい)のおニューのワンピースを持って来た。でも、靴はパンプスとブーティーを持って来たから、そのキャリーバッグに二足入ってるの?と驚かれた。ふふふ。

で、久々に本を読もうと東野圭吾さんの新しめのミステリーを空港で購入。(読み始めましたが、おもしろいです)

最初、ちょっと揺れて子供が騒いでいましたが、しばらくすると安定してきて、私はウツウツ眠ったり、本を読んだり。

まぁ、旅というのは色々ありますね。地下鉄が遅れて、成田空港へも遅れるはずだったのが、なんとか無事着けたのが、まず最初の小さな山で。次の山はちょっとだけ大変でした。

約10時間のフライトで、7時間目ぐらいの頃に、CAさんが私に熱いお茶をこぼしてしまったのです。「着替えの服は持ってらっしゃいますか?」と聞かれ「あぁ!機内にバッグを持ち込んでいて良かった!」と思いました・

氷をもらったけど、水ぶくれになっちゃいました。
痛くて眠れないほどじゃないけど、お風呂はちょっと無理っぽい。シャワーでなんとかしよう。

まぁ、思い出思い出。
彼女と、チーフパーサーの女性、何度も何度も謝りにきてくれました。

3つ目の山は、モスクワで乗り継ぎの時、やばいタクシーのおっさんについて行きそうになっちゃう日本スタッフさん。でも、私と守屋さんとで、止めました。正解!我々が乗るターミナルDはこっちだよとか言っていたけど、全然違うところでした。

無事乗り継げて、サンクトまでは1時間以内。周囲、香港の人たちがすごくたくさんで、私も香港人だと思われました。

飛行機が雲の上に行くと、カクテルのテキーラサンライズみたいに美しい空に、はっきりとチェシャ猫のような三日月が輝いて、本当にロマンチックでした。

サンクトに着いたら、ロシアのスタッフさんが2人、迎えにきてくれていました。日本語ペラペラ。ありがとう!

お部屋、すごく可愛くて天井が高い。


でも、みてる番組は。。。


総合格闘技の試合とインタビューだけを一日中流している局がある!パラダイスだ!

変電アダプター明日、買わねば。

CHAKA's Lounge〜英語でドン!

2016年10月02日 00時51分04秒 | live concert
10月1日(土)
お天気はずっとここんとこウジウジしていて
早く気持ちの良い秋晴れになればいいなぁと
思う今日この頃

CHAKA's Loungeでした
池袋Absolute Blue

今回は、国際英語発音協会のセミナーで
お会いして、知り合った松崎由起子さん
(愛称:ユコニーさん)をゲストに
お迎えして、どうやって英語や発音を
勉強してきたか?などの話をしました


左:舘野公一くん
中:私
右:松崎由起子さん


みんなでSingを歌ったり
私が
Please Don't Talk About Me When I'm Gone

I Don't Want To Live On The Moon
を歌いました

ギターは舘野公一くんにお願いしました

同じ英語発音指導士の中村さんも
きてくれていたので
ステージにお呼びしたらよかったかなと
反省

いろんなお話が聞けて私自身が
一番楽しかったかもしれません

週末、みなさんお休みの時に
お越しくださいまして
ありがとうございました