Blogout

音楽全般について 素人臭い能書きを垂れてます
プログレに特化した別館とツイートの転載もはじました

ニューイヤー・コンサート 2010/プレートル&VPO

2010年01月01日 22時20分14秒 | クラシック(一般)
 本年のニューイヤー・コンサートは、一昨年に続きフランスのジョルジュ・プレートルが指揮を担当、マゼール、メータ、ムーティといった常連組を除けば、これに2回以上登場するのは、クライバーとアーノンクールくらいだから、プレートルという指揮者は日本での認知度に低さに比べ、ウィーンではたぶん絶大な人気があるのだろう。
 今回は第1部のトップに「こうもり」という、ウィーンを象徴するような曲を持ってきたところに、この外国人指揮者の登場2回目という余裕を感じさせる。演奏も非常に快調で、プレートルは現在85歳とのことだが、なにしろその指揮振りが若々しい、こういうのを「老いてなお矍鑠」というのであろう。79歳でこのステージに登場したカラヤンのことを思い出してみても、それ自体直接音楽に関係ないことだしても、やはり凄いことである。なにしろ指揮台のイスを持ち込まず立ちっぱなしなのだ(ついでに暗譜だ)。

 音楽も一昨年と同様、フランスの指揮者らしい垢抜けた流麗さがあり、「こうもり」という曲に満ち満ちているはじけるようなリズムも過不足なく伝えてくれていた。リズムの切れや推進力といった点でも、全く高齢を感じさせないのはさすがだ。第1部ではワルツ「酒、女、歌」は序奏部からきっちりと演奏、ワルツのリズムはさすがに角が丸めですいすい流れるていく感じなのは、フランスの指揮者故だろうが、一昨年同様、これはこれで悪くない。ついでにいえば「常動曲」の軽快なスマートさもこの曲にぴったりである。
 第2部は「ウィンザーの陽気な女房たち」からスタート。シュトラウスの曲ではないが、これもこのコンサートでは定番のひとつで、ウィーン風な旋律の美しさをスマートに歌い上げているのが印象的だ。「ウィーンのボンボン」(客席にロジャー・ムーアが居る!)、「シャンパン・ポルカ」、「朝の新聞」はけっこう渋い選曲だが、いずれも定番のひとつであろう。これまた非常に洗練され、滑らかな美しさが印象的な演奏であった。オッフェンバックの喜歌劇「ライン川の水の精」、ロンビの「シャンパン・ギャロップ」といった楽曲はこれはプレートルのお国柄を反映しての選曲。アンコールはこれも定番中の定番ポルカ「狩り」に始まり、お約束の2曲で締めくくられた。いずれもスマートで、洗練された愉悦感に満ちた演奏であった。

 という訳で、昨年の生真面目なバレンボイムとは対照的な軽妙洒脱なニューイヤーだったが、一昨年と比べてもよりプレートルがこのコンサートに馴染んでいる分、ウィーンらしさのようなものも期せずして、一昨年より感じられたし、全編に渡り安心して楽しめたといったところか。
 ついでにいうと、今回の中継ではいつもと違って、各部の冒頭にNHKの女性アナウンサーがさらりと紹介した後、ストレートにウィーンから中継をそのまま流していたが、これは歓迎である。例年、シュトラウスのことをろくに知りもしなそうなアナウンサーと場違いなゲストが出てきて、歯の浮くような賛辞を繰り返す座談会には辟易していたので、一部と二部の間は地元局が制作したとBGV風な映像でリハの風景だの、美人のバレリーナを眺めていた方が遙かに雰囲気あったし、楽しめたという感じだ。

コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« メル・ブルックス/新サイコ | トップ | シェーンベルク「グレの歌」... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログでも生中継 (佐東 陽達)
2010-01-01 22:28:51
もうブログの記事に!!早!!私もタイムリーにオジサンっぽく更新していました。
re:ブログでも生中継 (BlogOut)
2010-01-01 23:12:39
観終わって速攻かきましたが、
佐東さんは実況ですか、
そういう手がありましたね。
トラックバックさせていただました。
Unknown (Unknown)
2010-01-04 10:12:51
> 例年、シュトラウスのことをろくに知りもしなそうなアナウンサーと
> 場違いなゲストが出てきて、歯の浮くような賛辞を繰り返す座談会には
> 辟易していたので、一部と二部の間は地元局が制作したとBGV風な
> 映像でリハの風景だの、美人のバレリーナを眺めていた方が遙かに
> 雰囲気あったし、楽しめたという感じだ。

激しく同意。
お正月の華やかムードを演出したいのはわかるけど、、
今までの見ていて気恥ずかしくなる座談会は空振りもいいところ。
絶対余計なお世話でしたよね。良い傾向です。
まぁ、他の番組だと懲りずにまだやってますが。www
re:Unknown (BlogOut)
2010-01-04 23:19:22
ご賛同ありがとうございます。NHKは国営放送という立場上、まぁ、仕方ないのかもしれませんけど、時にあまりにも空虚な建前で番組を作りすぎるところがありますよね。音楽プログラムではないですが、終末の夜になると始まる、妙にお堅い「若者礼賛番組」も辟易しますよね。あれなど本当に空振りだと思います。

コメントを投稿

クラシック(一般)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ニューイヤー・コンサート 2009/バレンボイム&VPO (Blogout)
 昨夜は不運にも仕事がはいっていたので(なんでこんな時に泊まりがけで仕事はいるかなぁ-笑)、録画しておいたものを今観ているところだ。本年の指揮者は初登場のダニエル・バレンボイムだ。昨年の大穴みたいな感もあったプレートルに比べると、バレンボイムは「そういえ...
ニューイヤー・コンサート 2008/プレートル&VPO (Blogout)
 生放送の方は観ることができなかったので、さきほどBSで再放送されたものを第2部から観てみた。先日も書いたとおり、本年のニューイヤー・コンサートの指揮は、フランス人のジョルジュ・プレートル、もちろん初登場でニューイヤー・コンサート最高齢の指揮者ということ...