ワットケーク奉賛会宝物殿

東洋の王道を開闢しませう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

物差しを変えたのは世間の側

2010年07月13日 13時22分23秒 | Weblog
角界と暴力団 強固な“共存関係” 力士接待、組の力誇示(産経新聞) - goo ニュース

関取の賭博が報じられた時、「?」となったのは俺だけじゃあるまい。
多少世の中のからくりを承知している素直な天邪鬼なら、「何を今更」と思ったはずだ。

力士と侠客、ついでに火消し。
むかしから普通に付き合いがある。
良いとか悪いとかの問題じゃない。
習慣とは、そういうものなのだ。

大上段に倫理を説く平成人は、まず自らの襟を正して、おのれの空っぽぶりを反省すべし。

なお、俺は相撲も賭博も興味がない。
世間の愚かしい議論に茶々を入れているだけである。
ジャンル:
ビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
« つまり、何だっていいわけね…… | トップ | こうして地域振興は根腐れし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事