自然な医療用ウィッグを作る患者様専用美容室Chez Moi(シェモア)のblog

大田区蒲田で自然な医療用かつらスリール製作・他社製ウィッグ・抗がん剤治療後の自毛デビューに対応の患者様専用美容室

ウィッグの暑さ対策

2012年07月15日 15時46分03秒 | 医療用ウィッグについて
     7月も半ばになり そろそろ暑くなってきましたね

     ウィッグ生活をされている方には 本当に辛い季節です


  暑さ対策! 少しでも快適に過ごせるように!

  今月初めの六本木でのビューティーレッスンで 私が担当をしたテーマの一つであります

   昨日モニターになって頂いたI様もご来店頂いて 結果などを伺いました
   ちなみにI様はご自身のブログでもこのことも紹介してくださっております
     ぜひご覧ください
      BCTのブログです http://ameblo.jp/tk1sbs/day-20120701.html
  


        私のアトリエにお客様がご来店され、ウィッグを脱いで頂いたときに
           
          

          冷感シートをお出しして、汗を拭いて頂きます

                「あ~ 気持ちいい~!」

       会社に着くと、先ずはトイレに入りウィッグを外し 冷感シートで
           頭を拭くという意見を 去年たくさん伺いました


            

     こちの肌色のテーピングはスポーツをする人たちがサポーターのしたに巻き
    皮膚を保護するためのものです。京都の舞妓さんもかつらの下に付けているそうです
            くるくるっと3週ぐらい頭に巻いて使うそうです
             ウレタン素材で洗って繰り返し使えます

           となりの黒いシートは 使い捨て脇汗パットです
              ウィッグに脇汗パットなんて斬新なアイデア
    大阪のエピテーゼメンバーHa-DOの松本さんより教えていただきました
            この2点は たくさんのお客様がお使いの様です

   

       ガーゼのインナーキャップ

           髪のある頭皮に比べ、髪のない頭皮は汗を3倍感じるそうです
              何かしらで 髪の代わりに汗を吸収したいですね
              
               そして、シンプルに黒いガーゼ

               

            ユザワヤで買ったダブルガーゼをほつれ止めにミシンで縫いまし

              I様に手芸用両面テープで止めたことを伺い裏に

               

                       付けてみました  

     I様にはガーゼ以外のインナーキャップやハーフタイプのインナーキャップなども

         全部ためされて この一番シンプルな ガーゼがお好きとのことです

             知らず知らずのうちにモニターになってしまったI様 

               本当にありがとうございました



      皮脂は通常は紫外線などから頭皮を守っていますが 時間が経つと酸化します
     多すぎる皮脂は常在するカビなどが悪さを起こし湿疹の原因になることがあります

         
     紹介した物はどれも一長一短なこともあり お使いになる方の好みもあると思います   

           少しでも ご参考になれば 嬉しいです

           

          

              





     


     
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風を感じること | トップ | 脱毛前のご自髪カットです »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
芸妓さんの鬘下に (mikicha)
2013-04-14 09:29:29
こちらの記事で紹介されている肌色のテープは、アンダーテープでしょうか。出来れば商品名を教えて頂きたく、それが無理でしたらサイズを教えて頂けませんか。テープ幅など…
Unknown (吉成)
2013-04-14 16:40:02
mikichaさん
そうです。芸妓さんもお使いになっていらっしゃる様です。アシックスのアンダーラップで見付かるはずです。幅は7センチです。
ありがとうございます。 (mikicha)
2013-04-15 00:59:20
去年の夏は脱毛中だったので、ガーゼやTioTioなどのインナーキャップを汗取りに被り、wigを装着していました。
そろそろ暑くなってきます。脱ヅラにはまだ早くて、この夏もwigのお世話になりそう。
短くてに生え揃った髪でインナーキャップがずれるんです。ネットをアメピンで留めるにも、自毛が短か過ぎて無理。
完璧な絶壁頭なので引っ掛かるトコロが無く、wigの下で、後頭部の真ん中辺りに丸まってしまいます。
wigも両面テープを使っても汗で剥がれたり、自毛の上に接着するとすぐに取れるので、悩んでいました。
アンダーテープ、試してみますね。

あ、そうそう。化学閉経したので、いらなくなった高分子吸収体を昨年夏は頭に乗せていました。
mikichaさんへ (吉成)
2013-04-15 06:57:16
 ウィッグ生活はいろいろと大変ですね。もしかしたら、インナーキャップはもう必要がないころなのかもしれませんね。もう少しなでしょうけど、前髪がなかなか伸びませんね。みなさんの困りものです。がんばってください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療用ウィッグについて」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事