Blog of 俺 by 俺 for 俺

自分の自分による自分のためのブログ。
だったけど、もはや自分の備忘録としての映画やドラマの感想しかないです。

映画館で焼肉が食べられる『フード・ラック!食運』

2020年11月27日 11時22分33秒 | 映画


【基本情報】
製作年:2020年
製作国:日本
 配給:松竹

【個人的順位】
鑑賞した2020年日本公開映画ランキング:37/179
 ストーリー:★★★★☆
キャラクター:★★★☆☆
    映像:★★★★★★★★★★
    音楽:★★★☆☆

【あらすじ】
下町に店を構える人気焼肉店「根岸苑」を切り盛りする安江(りょう)。
ひとり息子の良人は、母の手料理を食べることが毎日の楽しみだったが、
ある事件がきっかけで根岸苑は閉店し、成長した良人も家を飛び出してしまう。

18年後、うだつがあがらないフリーライターとして働く良人(EXILE NAOTO)は、
ある日、編集者の竹中静香(土屋太鳳)と共に"本物の焼肉店"だけを集めた
新しいグルメ情報サイトの立ち上げを任されることに。

しかし、そんな良人のもとに、家を飛び出して以来、
疎遠になっていた母が倒れたとの報せが入る。

病床の安江に会う覚悟が出来ないまま、
取材で訪れた名店の先々で懐かしい「根岸苑」の味と出逢い、
"食"を堪能し、"人"との繋がりの中で母の想いを知り、
良人の中で変化が起きていく。

"食運"に導かれた良人が最後に起こした奇跡とは。

【感想】
まさか映画館で焼肉が食べられるとは思わなかった。
そう、これはもはや映画ではない。
焼肉なんだ。

大スクリーンに映し出される
上質なタン、ハラミ、ミスジ、サーロイン、ホルモンの数々。
さすが寺門ジモンが監督だけあって、
焼肉をおいしく美しく見せる手腕が神がかっていた。
鮮やかな赤身と白く輝くサシのバランスが整ったお肉たちが、
ロースターの上で焼かれてジューシーさを増していく過程を観ていると、
ここが映画館であることを忘れるね(笑)

それをキャストがお口に放り込むじゃない。
こっちにも食感が伝わってくるんだよ。
あの厚切りのタンはきっとこういう柔らかさだろうとか、
あの薄切りサーロインはこうやって舌の上でとろけるのだろうとか。
もうね、僕も食べてたわ。いっしょに。

しかも、EXILE NAOTOがまたうまそうに食べるから
余計に食欲がそそられるんだけどさ、
土屋太鳳の焼肉食べてるときの顔が悶絶するぐらいかわいくて、
今まで観た中で一番のかわいさだった。

もう画だけで見れば、焼肉が主役で、
焼肉によって人間が生かされていることに疑いの余地はないのだけど、
別にこれ食べ歩き映画じゃないからねw
ストーリーとしては、とある家族の絆を描いた感動系で、普通に泣けるから。。。
まあ、変なところで字幕が入るのは謎だったけどw

世の中、映画が超絶好きな人はたくさんいるだろう。
焼肉が超絶好きな人もたくさんいるだろう。
でも、その2つを同じぐらい超絶好きな人となると意外と減るんじゃなかろうか。
まさに、映画と焼肉の両方が超絶好きな僕のために作られたような、
こんなドンピシャ映画はそうそうない気がする。
逆に、こういうのもアリなんだなっていう気づきにもなった。

なお、焼肉が好きな人ならロケ地がすぐにわかる。
スタミナ苑、焼肉ジャンボ(白金店)、D-29、静龍苑などなど。

とにかく腹が減りまくる最高の焼肉エンターテインメントだった。

フード・ラック!食運 - 公式サイト|2020年11月20日(金)-松竹

食通の最高峰、寺門ジモンが初監督!「本当の焼肉映画を描きたい!」。実生活でも肉好きを公言するEXILE NAOTOと土屋太鳳が初共演!食べる...

フード・ラック!食運 - 公式サイト|2020年11月20日(金)-松竹

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ジブリが織り成すジャンプ漫... | トップ | ただの"世にも奇妙な物語"に... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事