仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

ラーメン情報

2010年04月29日 | 食・レシピ

「ぱど」5/1号はラーメン特集「ウチの一杯入魂ラーメン」ということで要チェックです。各店舗ともに入魂の一杯を写真入りで熱く掲載してますので眺めてるだけでも心躍ります楽しい!(←自分だけ?(笑)) もちろん”ぱど”ですから”クーポン券”が多数掲載されてますのでGW期間中は勿論、それ以降もガンガン食べ回れるのが有難いですね。


そして今特集では、な、なんと店長(or 店員)さんの写真も掲載されてます(^o^)/ 笑顔でにっこりの方、斜に構えてポーズをとる方、ねじり鉢巻で腕組みしてる方、背中で語る方、湯切りしてたり寸胴かき混ぜてたり、一升瓶を抱えてたり、あっち向いてたりそっち向いてたりと十人十色の人柄が出ていてコレは楽しい。必見です。


# 個人的にはグランプリは”ピースサインの方”で決定(○利起さんお茶目すぎっす^^;)


ちなみに市内6種類の配布地域によって掲載店が若干異なりますので要注意です。web版「ぱどタウン 仙台杜の都タウン」でも閲覧出来ます。


# なんか”ぱど”の宣伝マンみたいになってますが(^^; ただ最近ホットペッパーにラーメン店が掲載されなくなってしまったので”ぱど”には今後とも頑張っていただかないと、なんです。無料だし。ということでwater_crownは”ぱど”を(勝手に)応援しています。今後とも定期的にラーメン特集頼みますっマジで

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仲江戸(秋田県秋田市)

2010年04月28日 | 秋田県

K3100948 前回「高速道路料金が6月から変わりますね」って書いた途端に新聞に”見直し?”記事が出ててドキドキしてましたが、どうやらより安くなる方向のようなので一安心。


そんなこんなで、もうすぐGW(ゴールデンウィーク)ですが、自分は今年も連休無しで仕事です…(涙) こういう時は楽しかった過去のラーメン遠征時の事でも思い出しながら、目を閉じてイクスカーションしてしまいましょう<逃避とも言う(^^;


さて、秋田市ご当地ラーメンの一つに「江戸系」と呼ばれるものがあります。縮れ麺の醤油味で辛みのある薬味が乗っかり、お好みで酢をかけて頂くという独特のスタイルのもの。代表店として「大江戸」「小江戸」「仲江戸」...他にも店名に”江戸”が付かないお店等々もあるようです。


今回は「仲江戸」にて「小ラーメンチャーシュー」600円を注文。スープは醤油味のみ、元ダレは酸味のあるスタンダードな味わいのもの。ベースにガラと和ダシを極あっさり効かせて油量もかなり少なめ仕様。まさに懐かしい昔ながらの組み立てですね。


縮れを入れた細麺はしなやかな食感のもの。ボリュームがありかなり食べ応えありますよ。チャーシューは5枚乗っかり、歯ごたえのある焼豚タイプで緩やかに醤油ダレで味付けされてます。乗っかる薬味はニラ南蛮的なもので、少しずつスープに溶かし込ませて味の変化を楽しむのですが、けっこう辛いです。


通はここで更に酢を入れるらしいんですね。郷に入れば何とやらで、自分も恐る恐る酢を投入…。…。へーっ的な(^^; ラーメンの枠を飛び出して、例えるとすれば唐辛子を効かせた鴨南蛮ソバに酢を入れたような味わいかも。今流行のB級グルメ的な味わいもあって面白いですね。


伝統があるのに古くて新しい味にまず驚かされます。江戸系、奥が深し。ごちそうさまでした。


(08/08/24)
仲江戸/秋田県秋田市御野場新町2丁目17-17

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三宝亭 仙台泉店(2)

2010年04月21日 | 仙台市泉区

100309180726 高速道路料金が6月から変わりますね。土日平日関係なく一部区間が無料、その他区間も上限制になり、普通車の上限が2000円で、軽自動車・エコ自動車だと上限1000円になるとの事。


今回の改正で値上がりになる方、値下がりになる方がいらっしゃるかと思いますが、軽ターボ乗りで休みに土日関係ない自分は今回勝ち組? やったETC買わなくて良かった(笑) ますますラーメン遠征に拍車がかかるってものです。どうしよう?自分だったら早速、仙台ラーメンの永遠のライバル(と勝手に思っている)「新潟」あたり行きたいですね。


ということで半ば強引ですが(^^; 今回は新潟からの刺客「三宝亭 仙台泉店」の「野菜たっぷり味噌らーめん」735円です。仙台には無いタイプの味噌なんでたまに食べたくなるんですよね~。


スープは赤だしが香る豆味噌主体のブレンドで仙台味噌とは異なるものがベース。炒められた野菜がたっぷり乗っかりボリュームがあります。味噌と野菜の香ばしさが高く、ぐいぐい食べ進められる旨さがありますね。豚骨もしっかり効いていて旨みを下支えしています。チェーン店ながらしっかり組み立てられたスープですよ。






081204154959 ←こちらは以前の未アップ分「野菜たっぷり味噌らーめん」735円


前回も今回も同メニュー。いつもの”同メニューリピート病”が出てきてます(^^;


写真にチラッとしか写っていませんが「三宝亭」では(味噌だけかな?)「木製レンゲ」の他に「小さい穴の開いたスプーン」が付いてきまして、これでスープの底に沈んだ具材を掬って食べることが出来ます。


自分はスープ全部飲んでしまうんで使いませんけれど、年輩の方や女性の方には有難い配慮と思われます。コストも然程かからない事だし、こういうのって是非仙台のラーメン店が学ぶべき点かもですね。(08/12/04食)












カウンター席はかなり奥行きがありゆったりと出来ますし、新聞・雑誌も多数置いてあるし、あとは半チャーハンをもう少し安くしてくれたら個人的には完璧なんですが(笑) あるいはセットメニューで醤油だけではなく、味噌も選べるようにして欲しい。なんとかなりませんか!とここで書いてもしょうがないんですが(^^; まずはごちそうさまでした。


(10/03/09)
三宝亭仙台泉店/仙台市泉区市名坂柳清水101-13

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卍(まんじ)

2010年04月17日 | 仙台市青葉区

100406181425香麺」「ラーメン☆ビリー」ときたらココをはずすわけにはいかないでしょう、ということで、仙台に於ける二郎系の祖「中華そば卍(まんじ)」です。駐車場が無いのでなかなか来れなかったのですが、卍だけに”満を持しての”(…)初来訪です。


札が使えないという券売機の前に立つと「こちらで両替しますよ」と500円玉に両替してもらえます。今回は基本メニュー「醤油・中」800円をニンニクありでオーダー。他に塩、味噌、油そば(汁なし)のメニューがあるようです。


さて早速のスープベースは豚骨ガラ味強めで、スープに溶かしこまれたたっぷりの豚脂が強い旨みとコッテリ感を醸します。醤油ダレは分量やや控えめですが、煮干しと昆布主体の魚介はきっちり効いており、化調がクセになる旨味を補完してきます。


味醂系がやや控えめで、二郎系としては気持ちスッキリした印象が有ります。また煮干の香ばしさが一段立っていて効果的。アレンジにセンスの良さを感じますし、二郎系はやはり魚介系も効いていないと、ですね。


麺は角切りの太麺でごにっとした強いコシのもの。この切り口といいコシといい、なんだか”山形板蕎麦”の麺に激似で驚きます。麺量こそ少なめ(二郎系としては)ですが、強いスープに負けない個性・食感がありますよ。GOODです。


18時の夜の部が開いてすぐに入店したのですが、自分が食べ終わるころにはカウンターのみの狭い店内、客で満員になってました。常連さんが多そうな感じで、店員さんの愛想も決して悪くは無いんですが、客が黙々と食べるスタイルや雰囲気など、やはり二郎系のそれを彷彿とさせてますけれど(^^; まぁそれも味わいの一つですね。ごちそうさまでした。


(10/04/06)
中華そば卍(まんじ)/仙台市青葉区五橋2-5-11

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラーメンビリー

2010年04月12日 | 仙台市宮城野区

100410210307 仙台JT跡地に昨秋完成しましたSC「フォレオ仙台宮の杜」内にあります「ラーメン☆ビリー」です。二郎インスパイア系を出すお店と言うことでTVにも取り上げられたりして赤丸急上昇の人気店ですね。ちなみにお隣は「つるおか家 フォレオせんだい宮の杜店」(つるおか家の2号店)ということで、同じラーメン店同士、熾烈なライバル争いが繰り広げられている模様です。


# ちなみにネーミングとしては日本でよくある名前「二郎」に対して米国的に「ビリー」と言うところでしょうか。なかなか洒落てます(^^


ビリーのメニューは基本「ラーメン」と「つけメン」しか無く、そこにトッピングでバリエーションを付けていきます。今回は「ラーメン・中盛」750円(写真上)+ニンニクでオーダーです。


※中盛(300g)50円、大盛(400g)100円、特盛(600g)200円プラス。
※野菜増し、ニンニク、カラメ(濃いめ)、アブラが無料で追加オーダー可能です。


早速のスープは流石二郎系ということで油量がガッツリ多め。この豚脂の強い旨味がベースとなります。二郎系としては元ダレ、味醂系がやや控えめで、化調はたっぷりめというバランス。ジャンク感満載でインパクトありますが、元ダレ配合が少なめでやや後半ダレそうな印象があるので、ジロリアンな方は”カラメ”を頼むとより近いような気がします。


麺は平打ち太麺でもっちりとした食感があり、強いスープに負けません。豚(チャーシュー)は僅かに甘味を伴うタレであっさりと味付けされたもの。肉味は薄めで良くも悪くも二郎系っぽい豚ですね。こちらが1~1.5枚ほど厚切りで乗っかります。


100410210331 ←連れは「豚入りラーメン・中盛」900円+野菜増しで注文。[豚入り(豚まし)+150円] こちらは豚が3~4枚になりかなりの食べ応えになります。実際結構ギリギリ完食だった模様(^^;




ここから過去の未アップ分。
100120135654 ←「豚入りラーメン」850円+ニンニク。


野菜増しは頼んでないのに何か野菜多い気がする(^^;


豚の量とかは割りとアバウトな感じですが、それは二郎でよくあること。OKです。(10/01/20食)











100107111438 ←「豚入りラーメン」850円+ニンニク


この時が初ビリーでしたが、経営は大手(久兵衛と同系列)と言うことで店の雰囲気が良く親切で、二郎系なのに殺伐としていないのが好印象です。


そういえばコップ、地味に普通の物が写っていますが、現在はアメリカナイズドされ(?)カラフル派手なものに変更になってました。(10/01/07食)
















仙台で静かに盛り上がってきている二郎系ブーム?ですが、何も仙台だけではなくて実は昨年あたりから東北他県でも新店や、メニューとして出すお店が出来てきているようです。二郎系独特の味が東北の地で受け入れられるのか?ちょっと興味ありますね。


(10/04/10)
ラーメン☆ビリー/仙台市宮城野区東仙台4-6-31

コメント
この記事をはてなブックマークに追加