仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

ラーメン枡はん(福島県郡山市)

2018年02月28日 | 福島県

前回の続き)関東圏でチョコラーメンを頂いた後は一気に帰仙しようと思いましたが宇都宮で力尽きてしまい道の駅で今旅2泊目の車中泊を。

今宵のお供にと宇都宮酒造の「四季桜」という地酒をコンビニで購入。一番安いグレードの物でしたが飲み口がライトで瑞々しくて美味しい。疲れ切った身体にぐいぐい染みこんで行き、倒れ込むように爆睡モードへ。

翌朝目覚めてからアルコールが完全に抜けている事を確認して再び国道4号線を北上。お昼頃に郡山市に立ち寄ってラーメンを頂きます。

 

福島県のご当地ラーメンと言えば「喜多方ラーメン」「白河ラーメン」そして「西会津の味噌ラーメン」が思い浮かびますが、あともう一つ「郡山ブラック」もチェックしておきたい。

今回は「郡山ブラック」が人気の「ラーメン枡はん」へ行ってみます。

年季の入った店構えが雰囲気良いですね。女性店主さんのお店でしたが店内豚肉を煮込んだような良い匂いが立ちこもっていてスープ取りがしっかりしている事が伺えて期待が高まります。

メニュー見るとまぁ安くて驚きます。昭和にタイムスリップしたような気分。

 

濃口ラーメン」550円

こちらが郡山ブラックのメニュー。ほとんどの客がこちらを注文していました。

さて早速のスープは豚骨・鶏ガラベースにさらりと鶏油と豚脂が浮かんでしっかりと取られた動物系が主体。香味野菜もしっかりと入り自然素材の甘味も有って充実感が有ります。

合わせられる醤油ダレは名前の通り濃口醤油主体で香りが豊潤。醤油ダレの配合は見た目よりも全然強くなくて塩気も控えめ。マイルドでバランスの良さが際立っています。

これが郡山ブラックですな。なるほどこれは美味しい。スープを飲むレンゲが止まらなくなります。

麺は中細で加水率は中程度。スタンダードな味わいながらスープとのマッチングは上々。チャーシューはバラ肉部位で固すぎず引き締まった食感のもの。

スープまでしっかりと完食。見た目よりもしょっぱくないので余裕のスープ完飲です。旨し。

 

こちらは「塩ラーメン」450円

今時ワンコインでお釣りが来るとか破格の値段設定が凄い。濃口とほぼ同じトッピング構成なのでお得度はこちらの方が上か。

早速のスープですがベースは共通で元ダレが塩に変更されたのみ。塩ダレはスタンダードなタイプでより昔ながらの風味が味わえる一杯。ただし醤油よりも塩気がやや強くなります。

チャーハン」600円

しっとりめに炒められた炒飯は強すぎず優しい味わいのもの。半チャーハンの2倍の料金なのでもう少しボリュームが欲しいところですが味は合格点。美味しい。

AKB48チーム8を先日卒業した舞木香純(モウギカスミ)さん@福島県代表の記事が地元紙に掲載されているのを発見。昨夏のTBC夏祭りでのライブ(クリックで過去記事へ)が思い出されます。地元でも色々活動されてたんですね。彼女の卒業は残念で正直勿体ない気持ちしかありませんが、これからの彼女の人生に幸多きことを祈りたい。

 

さて「ラーメン枡はん」の郡山ブラックですが富山ブラックのようなインパクトの強さは無くて、逆にナチュラルで優しさがあり食べやすさが光るスープでした。フルトッピングの構成ながら値段も安いしこんな食堂が近所に有ったら通いたくなりますね。塩の方が安いけどやっぱ「濃口ラーメン」がオススメ。

(18/02/12)
ラーメン枡はん/福島県郡山市本町1-14-3

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手打ちラーメン 英 (はなぶ... | トップ | 自家製麺 大器(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

福島県」カテゴリの最新記事