うどんトラベラーのお墨付き!九州地方のご当地うどん

北は北海道から南は沖縄まで、全国のうどんを食べ歩くブログ「放浪うどん人  ※全国各地のうどんを紹介※」。日本全国で食べられているうどんですが、麺の違いはもちろん、つゆの味付けに出汁の取り方、具材や食べ方に至るまで、地域によってそのバリエーションはさまざま。今回はその中から、九州のご当地うどんの名店をピックアップしました。「うどん県」を擁する四国に比べると謎の多い九州のうどん界に、ブログ主さんが迫ります。

長崎県「うどん茶屋 遊麺三昧」

長崎県「うどん茶屋 遊麺三昧」

長崎県・中通島の観光スポット「五島うどんの里」内に店を構える「うどん茶屋 遊麺三昧」では、個性的な五島うどんを楽しむことができます。その名も「イカボール天うどん」。新鮮なイカを使用したイカボール天は、旨味がギュッと凝縮されていて非常に美味なんだとか。アゴの出汁をしっかりと口まで運んでくれる弾力のある細麺は、「日本三大うどん」と称される五島うどんならではのもの。観光に赴いた際には必ず味わいたい一杯ですね。

元ブログはこちら→放浪うどん人  ※全国各地のうどんを紹介※「五島うどんの里 うどん茶屋 遊麺三昧 -」

大分県「味愉嬉食堂」

大分県「味愉嬉食堂」

大分県・佐伯市の特産品である万能調味料“ごまだし(魚の身にごまや醤油、みりんなどを加えたペースト)”を使ったごまだしうどんは、県外ではなかなか目にする機会の少ない正真正銘のご当地うどん。素うどんにごまだしを入れるのがポピュラーだそうですが、こちらの「味愉嬉食堂」ではつけ麺スタイルをオススメしています。ごまの香ばしさと魚介の風味がミックスされた至高のタレに、ゆず胡椒や豆乳を加えて味変を楽しむのも◎。

元ブログはこちら→放浪うどん人  ※全国各地のうどんを紹介※「味愉嬉(みゆき)食堂 - 味の変化を楽しむごまだしうどん -」

宮崎県「釜揚げうどん戸隠 本店」

宮崎県「釜揚げうどん戸隠 本店」

香川県の讃岐うどんをルーツとして、全国的に食べられている釜揚げうどん。実は宮崎県でも、れっきとしたご当地うどんとして人気を集めているのはご存知でしょうか?「釜揚げうどん戸隠 本店」は、宮崎流の釜揚げうどんの専門店。小麦粉の甘味と塩の味のバランスが絶妙な細麺を、たっぷりの天かすとネギ、卵が入ったつけ汁にくぐらせていただけば、ブログ主さんのように「なんとも言えない幸福感」に包まれること間違いなしです。

元ブログはこちら→放浪うどん人  ※全国各地のうどんを紹介※「釜揚げうどん戸隠本店 - 柚子の香り立つ釜揚げうどん -」
ユニークかつ完成度の高い逸品が揃った九州のご当地うどん。通を唸らせる名店であっても全国的にはあまり知られていないことも多く、その現状は言うなれば“うどん界のフロンティア”。またたく間に日本中を席巻した讃岐うどんのように、九州の地から新たなブームが生まれるかも……。「放浪うどん人  ※全国各地のうどんを紹介※」を参考に、財宝が眠る宝島を探検してみるのはいかがでしょうか。

元ブログはこちら→放浪うどん人  ※全国各地のうどんを紹介※