プレゼントに花の絵を送ろう。水彩画で描く、色とりどりの花達

家族や友人、恋人へ個性的なプレゼントを贈りたいと思っているみなさん、手描きの花の絵を描いてプレゼントしてみるのはいかがでしょうか?今回はプレゼントにおすすめしたい、水彩画で描く花特集です。ちょっと気の利いたプレゼントで、大事な人の心をキャッチしましょう!

オレンジ色のブーケのようなプリムラジュリアン

まずご紹介する花の絵は、プリムラジュリアンです。

元ブログはこちら→Reikoのお花の絵

普段からお花の絵を中心に描いているブロガーのReikoさん。
彼女が描いたジュリアンの絵は、オレンジ色のカラフルな花が真上から見ると丸いブーケのように見える素敵な作品です。
ちなみにジュリアンの花言葉は「青春の恋」。こんなロマンチックな言葉と共にプレゼントすれば、何だか素敵な出来事が起こりそう…。
みなさんも想いを寄せる方に贈ってみては?

思い出を絵はがきに!仁和寺の桜

次にご紹介するのは、観光名所としても有名な京都の仁和寺の桜です。

元ブログはこちら→有閑マダムの水彩画

仁和寺に咲く「御室桜」は、京都で最も遅く咲く桜。こちらのブログでは、ピンク色を基調に淡いタッチで描いた作品を紹介しています。
何かと忙しくなる春先に、桜の絵はがきが送られて来たら、心も和みそう。家事や仕事で忙しい人へのプレゼントにすれば、きっと喜んでくれますよ。

愛する人へ送ろう。鮮やかなハイドゥンツバキ

最後にご紹介するのは椿。昔から日本人に親しまれ、多くの作品で描かれている花です。

元ブログはこちら→植物画とキノコグッズの部屋

こちらのブロガーさんは、見ごろになった「ハイドゥンツバキ」という種類の椿を水彩や色鉛筆を使って描いています。
ピンクの色合いがかわいらしく、恋人に贈るのに最適ではないでしょうか。
椿は日常生活でも目にすることの多い花ですが、まじまじと観察するとその奥深い魅力にトリコになってしまう人が多いそうです。
季節やプレゼントしたい相手、伝えたい気持ちなどを絵に込めてプレゼントしたら、きっと相手にとっても思い出に残るプレゼントになるでしょう。デジタルなこの時代に、あえてアナログの絵はがきに心を込めるなんて素敵ですね。大切な人にあなたの大事な時間を使って、想いを伝えてみてはいかがでしょうか?