花を美しく撮ることができるマクロレンズってなに?

望遠レンズ、単焦点レンズ、広角レンズなど、カメラレンズは撮影したいシチュエーションによって実に様々なものがあります。なかでも、花や虫を美しく撮影できるのがマクロレンズ。ここでは、gooブロガーさんの撮影した写真とともにマクロレンズがなぜ美しく撮影できるのか、その理由についてご紹介していきます。

マクロレンズとは

マクロレンズ最大の魅力は、対象物を高精度に撮影できることです。肉薄して撮影することで、普段から目にしていても自分の目では気付かなかった意外な魅力を発見することも。花や昆虫など、小さくて繊細なものを撮影するのにピッタリのレンズです。

マクロレンズで美しく撮る!すてきな花の写真のブログ記事3選

それでは、gooブロガーさんたちによるマクロレンズの写真をご紹介します!
saiya24さんは桜や菜の花の名所として知られる幸手市権現堂で桜を撮影。 一面に広がる菜の花と桜の風景写真も見事ですが、桜に接近してマクロレンズで撮影したことにより花びら一枚一枚がくっきりとして、春の主役であることを主張しています。
元ブログはこちら→デジイチLife(仮)
かず某さんはフルサイズ機Canon EOS5D MarkⅡとマクロレンズTAMRON SP AF 90mm F2.8の組み合わせで花を撮影。 絞り開放で撮影しているのでピント範囲が狭く強烈にボケが効いています。 これぞマクロ写真!といった感じの仕上がりです♪
元ブログはこちら→かず某日記 photo-photo-photo
パパールさんはオリンパスE-M5とマイクロレンズM.ZD 60mm F2.8でカタバミを撮影。 葉っぱの上に乗った水滴の表情をしっかりと捉え美しい写真となりました。 ここまで近づいて高精度の写真撮影が可能となるのがマクロレンズのメリットの1つであり魅力でもあるわけです!
元ブログはこちら→Take It Easy ~パパールの雑記帳 別館~
マクロレンズはなにも特殊なものを撮影するわけではなく、むしろ日常に存在するあらゆるものを撮影するのに向いているレンズです。遠くに出かけなくとも、身近な花や小物の違った顔を切り取ってくれるマクロレンズは、まるで魔法のレンズとも言えますね♪