たまにはノスタルジックに!?モノクロ写真の醍醐味

最近はスマホ1つできれいな写真をいくらでも撮ることはできますが、たまにはノスタルジックな雰囲気あふれるモノクロ写真の魅力にひたってみてはいかがですか?今回は、gooブロガーさんが撮影したモノクロ写真をご紹介します!

モノクロ写真とは

モノクロ写真を撮影するgooブロガーさんをご紹介する前に、モノクロ写真とはなんぞや?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。そこでまずはモノクロ写真とカメラの関係についてご説明します。 そもそも「モノクロ」とはフランス語で単色を意味するモノクロームの略語。よく見聞きするモノクロとは大半が白と黒で構成されたものであり、カラーとは対になる存在と言えます。 総天然色で撮影可能なカラーフィルムが登場するまでは、カメラといえば白と黒のモノクロ写真が一般的でした。現在でも多くのデジタルカメラの撮影機能の1つとしてモノクロ撮影が可能となっていますが、カメラと写真にこだわりのある方はアナログ式のカメラをあえて愛用し、カラーフィルムではなくモノクロフィルムで撮影してより味わいのある写真を追い求めるようです。

モノクロ写真の味わい深さ

モノクロ写真の魅力、味わい深さとはどこにあるのでしょうか? ここからはgooブログを紹介しつつ、モノクロ写真の醍醐味に迫ります!
元ブログはこちら→かず某日記 photo-photo-photo

こちらはgooブロガーかず某さんが撮影したお写真。 猿沢の池と興福寺五重塔をモノクロで収めた一枚からは、古の時代についつい思いを馳せたくなってしまうような、そんな魅力が漂っています。 それもこれも、たった2色で構成されたモノクロ写真がより想像力を働かせるからでしょう。

まこちゃんさんは浅草の様々な風景をモノクロ写真に収めました。 都内でも指折りのレトロなスポットである浅草とモノクロ写真の親和性は非常に高いようで、カラー撮影と比べて独特の味が出ていますね!
元ブログはこちら→冬空の樹

gooブロガーでありフォトグラファーである明智哲夫さんが撮影した写真は、冬の空をバックにした樹木が主役。何とも雰囲気のある一枚ですが、こちらはデジタルカメラのモノクロ撮影機能を使って撮影したようです。
モノクロ写真というと、普通の写真撮影と比べてちょっとハードルが高くなるように感じられますが、実は多くのスマホカメラでもモノクロ撮影が可能です。普通の写真に飽きた方やちょっとオシャレな写真を撮りたい方は、モノクロ撮影に挑戦してみてはどうでしょう?