クジラの砂時計 ~あした、たとえば雨でいいから

目の前に伸びすぎてきた前髪のむこうに広がるあれは晴れ間

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

015:とりあえず(藤田美香)

2011年02月15日 | 短歌(ほそぼそ)
傘のない波打ち際でとりあえず眠ればいいといったあの春

コメント   この記事についてブログを書く
« 014:残(藤田美香) | トップ | 016:絹(藤田美香) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌(ほそぼそ)」カテゴリの最新記事