わたしの里 美術館

とりあえず西洋絵画から始めて、現代日本作家まで

アーウィン・ヒューバート

2019-09-24 | 作家の記録

 

Erwin Hubert (Maler) – Wikipedia

 

 

作家のメモ

アーウィン・ヒューバート (* 1883 ウィーン 、† 1963 パルマ )はオーストリアの画家でした。

 ライフ 

ユベールはスペインの 地中海 のマヨルカ島に移り、オーストリア・トスカーナ大公ルートヴィヒ・サルヴァトールの秘書役を引き継ぎました。 第一次世界大戦中 、彼はウィーンに戻り、 Oesterreichische Nationalbankで働きました。  1920年に彼はマヨルカに戻り、 1936年から1939年のスペイン内戦まで、彼は人生の終わりまで住んで働きました。

ヒューバートは水彩画を描いた。 動機として、彼はマヨルカの風景を使用しました。  1930年代に、彼の作品はポスター、ポストカード、パンフレット、その他ヨーロッパのマヨルカ島の観光広告で配布され、島のイメージを形作りました。 https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=de&u=https://de.wikipedia.org/wiki/Erwin_Hubert_(Maler)&prev=search

 

 Hubert übersiedelte auf die spanische Mittelmeerinsel Mallorca und übernahm dort die Funktion des Sekretärs des Erzherzogs Ludwig Salvator von Österreich-Toskana. Während des Ersten Weltkriegs kehrte er zurück nach Wien und arbeitete für die Oesterreichische Nationalbank. 1920 zog er zurück nach Mallorca, wo er bis zu seinem Lebensende, bis auf die Zeit des Spanischen Bürgerkriegs 1936 bis 1939, lebte und arbeitete.

Hubert malte Aquarelle. Als Motiv diente ihm die Landschaft Mallorcas, die er idealisiert darstellte. In den 1930er Jahren wurden seine Werke auf Plakaten, Postkarten, Broschüren und sonstiger Tourismuswerbung für Mallorca in Europa verbreitet und prägten so das Image der Insel. https://de.wikipedia.org/wiki/Erwin_Hubert_(Maler) ユベールはスペインの地中海のマヨルカ島に移り、オーストリア・トスカーナのルートヴィヒ・サルヴァトール大佐の秘書役を引き継ぎました。 第一次世界大戦中、彼はウィーンに戻り、Oesterreichische Nationalbankで働きました。 1920年に彼はマヨルカに戻り、1936年から1939年のスペイン内戦まで、彼は人生の終わりまで住んで働きました。

ヒューバートは水彩画を描いた。 動機として、彼はマヨルカの風景を使用しました。 1930年代に、彼の作品はポスター、ポストカード、パンフレット、その他ヨーロッパのマヨルカ島の観光広告で配布され、島のイメージを形作りました

コメント

花暦

2018-09-19 | 花暦・索引
information 

2016 10 20 泉門池【わたしの里の美術館・日記】 泉門池 花暦

 

2018 08 18 コケモモ【わたしの里・日記】 コケモモ

 

2016 06 13 千手ヶ浜、九輪草。【わたしの里の美術館・日記】 千手ヶ浜、九輪草。 花暦

 

初夏の華【わたしの里の美術館・日記】 初夏の華 20160 5 02 薔薇【わたしの里の美術館・日記】 薔薇 花暦

 

2016 02 25 雪餅と梅【わたしの里の美術館・日記】 

 

 

2015 12 01 籠岩【わたしの里の美術館・日記】 籠岩 花暦

 

2015 11 19 緑水公園【わたしの里の美術館・日記】 2015 11 16 里の秋【わたしの里の美術館・日記】 里の秋 花暦

 

2015 11 13 晩秋の奥日光 晩秋の奥日光 花暦

 

古峰園【わたしの里の美術館・日記】2015 11 06 古峰園

 

 

最近の映像は、撮影取材が多忙なので、まだ整理できていません。

紅葉が終わったならば、暫時整理してアップしてゆきます。 m(_ _)m

 

 

 

 

2015 10 07 日本の韓国化【わが郷・経済】今年もたくさん成ってくれた、わがさとのゴーヤです。もうすぐ霜が降りて、収穫も終わりになります 2015 10 02 爆弾低気圧の辺縁【花暦】

 2015 07 09 アーティチョーク【日記】 アーティチョーク 花暦   

 

 

2015 05 11 カモミール【花暦】 撮った写真を整理していたら、一週間前の昼飯が出てきました。【花暦】2015 05 15 2015 06 16 新タマネギの皿【花暦】

 

 

 

2014 10 23 里の秋【花暦】 

 

 

橋下徹を水に 突き落として叩け

 

花暦 2012年までのもの

 

 

 

もし、お気に入りの画像がありましたならば、ご自由にお使い下さい。 m(_ _)m 

 

花 しらべ【植物】 花 しらべ 【植物】

 

 

 

 

わたしの里美術館の索引 花暦精神の貧困
わたしの里 美術館    わが郷 HOME 

 

 

 

コメント

寄せては返す波。

2018-09-17 | Heliogravure

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】岩淸水
わたしの里 美術館    

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コケモモ

2018-08-18 | 日記

 

2018 08 18 コケモモ【わたしの里・日記】 コケモモ

 

 

 

 

 

 

 

2018 08 18 鴑晴天【わが郷・日記】 晴天 わが郷

 

 

白根山【岩淸水・言葉の説明】 白根山 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

コメント

ヤマトシジミ

2018-07-29 | 日記

 

2018 07 29 ヤマトシジミ【わたしの里・日記】 ヤマトシジミ

 

 

 

 

 

ヤマトシジミ  (大和小灰蝶、大和蜆蝶 )

学名 Pseudozizeeria maha、シノニム Zizeeria maha
チョウ目・シジミチョウ科のチョウ一種。日本には本州以南に分布する。
前翅長は9-16mmと小さい。


年5-6回、春から秋まで発生する。越冬態は蛹。オスの翅表の色は黒地で、中心に明るい水色を吹いたような色合いだが、メスは黒色のみ。翅裏は薄いグレー地で、黒い斑紋を乗せる。関東以西でもっとも普通に見られるチョウのひとつ。

幼虫がカタバミを食草としているので、主に平地の道端や耕作地周辺に生息し、人家周辺でよく見られる。日当たりのよい場所にカタバミさえあればほとんどどこでも発生するが、成虫は移動力に劣るため、食草の少ない山地などではあまり見られない。
( Wikipedia )

 

 

 

 

コメント

沼原湿原

2018-07-16 | 日記

 

2018 07 16 沼原湿原【わたしの里・日記】 沼原湿原

この湿原を訪ねたのは、二度目のこととなる。

前回は、約40年も前。 というか、昔のことだ。

 

一人で来たのか、あるいは何人かできたのか。記憶が定かではない。たぶん山都屋ホテルの、仲間ときたのだと。そのような微かな、イメージがないでもない。

2017 10 22 大富豪の執事。【わが郷】

 

 

上の花は、アカバナシモツケソウである。

2018 07 16 日の撮影であり、接写レンズを使用した。なので、大幅なクローズアップではある。

Wikipedia などによると、5弁の花とあったが、この沼原湿原のは、4弁である。

同じバラ科のイチゴなどは、4弁もあれば、8弁ほどの大型の花が咲くことも、普通にある。でも此の沼原湿原のは、ほぼ 4弁である。

ちなみに、

 

 2018 07 13 日光植物園にて撮影。

  拡大

これも、4弁である。

 

本日は、イワショウブを観察したかった。

それで、目出度く、目的の花も撮影した。ところが、この花は微細な部分を観察するには、まだわたしの里では、情報量が少ない。なので、ボチボチと。この稿も、書き重ねてゆけたらと思う。

 

 

 

 

ホザキシモツケ【岩淸水・植物】 ホザキシモツケ 

こちらは、同じシモツケ属の落葉低木。

 

2018 07 17 ウンザリ【わが郷】 ウンザリ

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

コメント

霧降高原

2018-06-13 | 日記

 

2018 06 13【わたしの里・日記】霧降高原 霧降高原

梅雨時期の、早い台風がすぎた。

やはり台風一過で、好天を期待した。ニッコウキスゲの 開花時期を 予想するため。霧降高原に行ってみた。

ほんの少し、開花株が散見。

 

上の映像のように、赤薙山の南側には、その名の如く霧がわいている。

北半分は全くの青空。なのだが、赤薙山から女峰山への、登山コースは眺望がない。かなりの高山なのだが、どこまでも樹林がつづく。

  2203P

赤薙山の標高は、2010メートルと云うことになっている。ところが、その先女峰山の頂上にゆく登山コースの、ずうっと手前に、いくつかの、2200メートル超のピークがある。公式山頂の高さより、200メートルも高い。

したの絵で、白く見えるのが六方沢橋。その右斜め上にある、丸くポッコリした部分が、赤薙山神社のある公式山頂で、2010メートル。それから、さらに右。方角では西にいくつかの、ピークが連なっている。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日光国立公園【岩淸水・言葉の説明】 日光国立公園

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

尾瀬 水芭蕉の頃

2018-06-08 | Galleries

 

2018 06 08 尾瀬 水芭蕉の頃【Galleries】 尾瀬 水芭蕉の頃

 

 

 

 

 

 

 

 六兵衛堀【岩淸水・言葉の説明】 六兵衛堀 尾瀬

 

下ノ大堀川【岩淸水・言葉の説明】 下ノ大堀川 尾瀬

チシマザクラ【岩淸水・植物】 チシマザクラ 花 しらべ

 

シラネアオイ【岩淸水・植物】 シラネアオイ 花 暦

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

コメント

高原山の日の出

2018-05-15 | 日記

 

高原山の日の出【わたしの里・日記】 高原山の日の出 高原山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

コメント

久能山 東照宮

2018-03-05 | 日記

 INDEX

ahock 久能山 東照宮 日光東照宮

あいにくの雨ですが、花の撮影には、雨もけっこうなもの。

可憐な花弁をつたう、雨のしずくは触れなば落ちん、風情をかきたてる。

1159段の石階段を上り詰めれば、久能山はしめやかな桜の春、真っ盛りです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

コメント